アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「福祉」のブログ記事

みんなの「福祉」ブログ

タイトル 日 時
福祉の実感
 「なんだかんだと言っても、福祉はありがたいね。」  実際に障害児者、高齢者、難病者を介護している人達は言う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/29 21:51
あれから1年
 あの相模原の事件から1年が過ぎ、様々なメディアで「その後」が語られた。事件そのものについてはさほど目新しい見解は見当たらない。ただ、これまで表に出にくかった「最重度障害者の現実」が少し取り上げられていたのはちょっと画期的。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/23 12:35
脱施設と現実の親心
 「脱施設」という言葉が使われ始めたのはいつ頃だったか。今もそうだが、重度障害者の親達はずっと複雑な気持ちでこの言葉を聞いてきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/08/11 13:11
サービス担当者会議
 Kの支援区分判定がある年には、特にサービス利用の変更がなくてもサービス担当者会議を開いてもらうことにしている。今年がそうだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/21 13:13
助けてほしい、そんな時
 私自身は障害者ではないし、Kは自分の意志を伝えるのが困難なので、日々の生活の中の具体的な困り感をわかりやすく教えてくれない。    Kとの生活は、すべてにおいて「配慮」を必要とする。昔も今も。  手探りではあったけれど、手を伸ばせば助けてくれる人はたくさんいた。  助けたい、でもどうすればいいのかわからないから教えてほしい、と言ってくれた人もいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/29 13:52
支援区分審査 3回目・・・結果
 区分審査を受けた直後、Kと同世代でやはり区分5の判定を受けているA君のお母さんと話をした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/06/13 12:34
障害支援(程度)区分審査 3回目
 支援学校高等部を卒業する18歳の時、Kは初めて審査を受けた。結果は区分6、最重度。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/07 12:35
障害のある子の家族が知っておきたい「親なきあと」
障害のある子の家族が知っておきたい「親なきあと」  ・・・という本を読んだ。実に真っ当な、素直にためになる直球本だ。対策するのがちょっと遅いんじゃないの、という気もするが、腰を上げるにはいろいろと気持ちの整理がいる。    障害児の療育やら福祉制度やらの指南本は山ほど読んだ。その中でも、こういう「親としてやっておくべきこと」みたいな内容の本を開くのは実は気が重い。    自分がしていること、してきたことが間違っていると指摘されていたらどうしよう。  子どもが幼いうちは修正がきくからまだいい。既に成人して自分も中高年になってしまうと、や... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2017/04/16 14:43
脱施設、の伝わり方
NEXT 未来のために「この町で生きる〜障害者福祉をめぐる模索〜」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/30 13:38
いつかくる日は
 Kの支援学校の先輩にあたる男性が、昨年入所した。その方のご両親には昔から親の会活動などで大変お世話になっていたが、何の前触れもなかったので少し驚きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/03 13:23
なにより優先したいのは
 さらに、前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/10 12:26
福祉の心と親心
 もうずっと昔の事に思えてしまう、Kが就学を控えた頃。  身辺はほぼ全介助、言葉もないKは療育園で少しずつ成長したとはいうものの、親としては最初から当時の養護学校への入学を希望していた。一応地元の特学(現・特別支援学級)も見学したが、問題にならないくらい対象児童のレベルが違う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/29 13:10
見極め時
 Kの入所希望先はなんとなく目星がついた。  ならば、なぜグズグズしているのか。もう成人しているのだし、待機期間は長いとわかっているなら「いずれは」なんてノンキなこと言ってる場合じゃないはず。さっさと手続きして順番待ちの最後尾につくべきではないのか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/18 20:32
ゆるい展望
 月に1〜2回の頻度で日中一時支援をお願いしているA入所施設で契約確認・更新手続きをした。優しいサビ管(サービス管理責任者)さんが丁寧に確認内容を説明してくれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/12 13:46
ハートネットTV「緊急特集 障害者施設殺傷事件」
 見ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/09 20:30
その後
 例の事件の後。  Kと散歩していると、気のせいだとは思うが周囲の視線が微妙に変化してきたような・・・・・気がしないでもない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2016/07/29 21:11
何があったのか
 最初にニュースを聞いた時は、海外の事件かと思った。  朝いちばんに流れた、障害者入所施設殺傷事件。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2016/07/26 13:30
福祉セレブ
 もう何度も書いたことだけど、Kのような最重度知的障害者の「親亡き後」は、今の時点では入所施設だ。重度向けグループホームはこの地域ではすぐにはできそうにない、とのことだし。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2016/07/04 12:22
相談支援員さんと
 Kを担当してくれている相談支援員と話をする機会があった。もう10年くらいはお世話になっていて、Kの支援を組み立てる上でずっとアドバイスをしていただいている。    「K君がいちばん大変な状態の時を乗り越えることができた要因は、何ですか? これから思春期とかになる子やその親御さんの参考になれば、と思うので差し支えなければ聞かせてください。」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/11 14:52
わかるんです、だけど・・・
 前回の、親の立場で事業所を運営している方から聞いたお話のうち、忘れられないものをひとつ。かなり昔のことだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2016/05/10 12:46
親として、事業者として
 親として障害児を育て、親の会等で活動し、その子が成人する頃には福祉事業所を運営する側になっている人もいる。この業界(笑)に長くいると、そういう方々とお話しする機会も多い。  親が作った事業所というのは昔からあるが、そういう立場に自分と同世代が立つようになったのは最近だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/05 12:11
保護者の声、といいましても
 Kと同世代だが別の施設を利用している方のお母さんが、保護者会行事に参加した時のこと。割と親しくしている職員さんと施設内の設備の話題になった。    老朽化している部分の補修など、なんとかならないものか。  「親御さんの方から声をあげていただいた方が通り易いんですよ。」と言われたという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/03/29 12:49
声をあげるなら
 承前。 というか、追記。  今回もやもやしていたことをちょっと整理して考えてみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/18 13:07
卒業後、まだまだ。
 Kと同じ支援学校を昨年卒業した人のお母さんから相談を受けた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/09 13:11
狭間の世代
 「とにかく、成人したらもう入所先やグループホーム探しの準備を始めた方がいい。」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/30 19:10
戸惑いの意志決定支援
全国手をつなぐ育成会連合会の機関紙「手をつなぐ」12月号に掲載された、野澤和弘氏(毎日新聞論説委員)の記事「重度の知的障害者を甘く見るな」を読んだ。野澤氏は、自身も知的障害を持つお子さんを育てながら障害福祉関係書籍を書いたり講演をされている方ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/08 12:46
「障害児を減らす」の意味
障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員発言 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2015/11/22 20:18
「障害者虐待を食い止めるために」を見る
 10/20に放送された、Eテレ「ハートネットTV」です。  障害者虐待防止法から3年ということで、少し前に動画まで公開された施設での虐待事件とその後を取り上げていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/26 12:40
「未来予想図」アンケート
 Kが支援学校に在学している頃、こんなアンケート用紙が配られた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/05 13:16
健康至上主義
 支援校を卒業して生活介護通所を始めた人あるある。    太る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/18 13:00
「戦後70年 ある知的障害者たちの戦中戦後期」を見る
 NHKのハートネットTVの枠で放送された番組です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/09/02 12:48
そういう世代とこういう世代
 地元の親の会がらみで、さまざまな世代の保護者と話をする機会があった。70代(子は40代)から30代(子は幼児)まで、本当に幅広い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/08/01 20:49
「“障害”を見つめなおそう」を見る
 NHK Eテレ「オイコノミア」の6/29放送回「“障害”を見つめなおそう」を見た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/10 12:50
このあと、の施設
 地域の近辺に新しい通所施設が立て続けに開設された。だいたいが就労Bと生活介護、という運営だ。毎年「どこに行けるのか」ということで頭を抱えていた保護者も、この春は我が子が進路を早めに決定できたことに喜んでいたらしい。いいことです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2015/06/09 13:54
「息子の就活 取材します!報道記者の父と自閉症児」を見る
 深夜のNNNドキュメント。重度の自閉症児である息子さんの進路を、子育てをほとんど妻任せにしていたテレビ局勤務の父が自ら取材・・・ということで、録画して見た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/24 21:16
療育手帳の写真
 Kは3歳の時に療育手帳を取得した。  最初は中度、次の更新で重度になってからはずっとそのまま。昨年成人した時で更新は最後になり、もう生涯重度であることが確定しています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/08/27 11:42
別れた道の向こう側
 Kの発達に疑問を感じ始めた当初、保健師さんの紹介で地域の「発達に不安を感じる子のための遊びの教室」みたいなものに通った。週に一度、二か月くらいの期間だったろうか。  一歳半検診で、まあ「ひっかかった」というかそういう子がほとんどだった。知育おもちゃや手遊びの指導、個別相談やグループごとの座談会。話は聞いてもらえたし相談もできたが、結局ほとんどの場合「様子を見ましょう」で終わる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/17 13:46
個別支援会議
 少し前Kの個別の支援計画を作成する時に、初めて「個別支援会議」を開いていただいた。  相談支援員さんを中心に、通所施設や移動支援など普段Kが利用しお世話になっている事業所の担当者が一堂に会してKの支援の方向を定める・・・というわけだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/12 15:16
立場それぞれ
 知り合いの障害児親A氏が、久しく会わなかった友人と偶然再会した時のこと。近況を聞くと、障害福祉関連の仕事をしていたというので「実は自分の子は障害を持っている」とごく普通に伝えたところ、かなりそっけない様子でこう言われたという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/28 19:55
「お預かり」の時間
 Kが日中一時支援でお世話になっている施設に受給者証更新後の手続きと次回利用の予約に行った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/18 12:59
施設の個人面談
 通所施設で個別の支援計画作成のための面談があった。前回の面談の時に定めた支援の目標がどれくらい達成できているかを確認し、それをもとに今後の支援計画を作る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/03 11:14
子の老後
 通所施設の保護者会に配られた広報誌で、高齢になった知的障害者の生活について書かれた記事を見た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/06/18 11:51
程度区分再認定
 Kが高三の時、初めて障害程度区分がついた。  それから3年、有効期間満了となりそれを機にサービス等利用計画書を作成してください、との通知をもらった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/06/13 12:21
サービス選び
  障害者の親御さんで、ショートステイや日中一時支援の契約先を探している人は多い。移動支援よりもまとまった時間、できれば数日預ける場があれば親の急病などにとりあえず対応できるから。  相談支援員さんに紹介してもらったり、ネットや口コミで調べてそれぞれの事情に合いそうな事業所をみつけ、見学やお試し利用をする。しかしそう簡単には進まないことの方が多いようだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/29 14:58
成年後見の光と影・・・ヘルプマン
成年後見の光と影・・・ヘルプマン  成人したことだし。  本当は、もうとっくに考えなくちゃいけないのだろう。成年後見制度。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/19 12:40
自立と入所と親心
 「で、最重度知的障害の人が施設入所するってのはぶっちゃけどういう生活になるんですか?」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/05/14 09:51
施設保護者会の先輩方と
 結局役員を引き受けました。よかったのは、偶然だけど昔から交流のある先輩お母さんも一緒だったこと。  そのお母さんのご紹介で、さらに年代が上の利用者の親御さん達のお茶会に誘われた。うわあ、緊張する。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/04 13:49
相談しましょ
 障害程度区分の更新とサービス等利用計画の作成に備えて支援事業所の相談員さんとあれこれ話をする。相談員さんは高齢者の介護保険におけるケアマネージャーさんのようなもので、障害者個々の生活に応じて利用する福祉サービスをアドバイスしてくれる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/04/29 09:45
夢か幻、グループホーム
 Kが利用している施設の保護者会で、希望者を募って母体の法人が運営するグループホームの見学会が企画された。ケアホームとの一体化で重度の人も利用できるのか、という期待を胸に参加してみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/19 14:47
暗闇から手をのばせ
暗闇から手をのばせ  ・・・というタイトルの映画を見た。障害者専門のデリヘル嬢のお話、と聞くと ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/14 10:52
強度行動障害・・・みんなで関わる
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/04 12:33
やりきれないね
 障害者施設での虐待事件について、その周辺を取材した新聞記事から。以下、部分的な引用です。リンクが切れないうちは、できればリンク先全文を読んでください。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/30 12:49
通所施設保護者会
 いずれはまわってくるんだろうな、と思ってはいたが、予想以上に早かった。施設の保護者会役員。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2014/03/15 12:13
通所生活のリズム
 Kは最重度の知的障害者なので、通所先は生活介護施設。それでも、簡単な作業を請け負ってできる人にはやってもらう、というプログラムもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/29 12:13
スパート前の息切れ寸前
 Kと同年代の知的障害者はたいてい通所施設とは別に、自立支援法に基づく受給者証を受けて移動支援や日中一時支援、短期入所などのサービスを利用している。すべてのサービスを同じ法人や事業所で統一する人もいれば、我が家のようにサービスごとに別の法人を利用することもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/12/25 20:42
手続き 補足 
 成人に伴う年金等の手続き話、余談。 (「各種手続きを終えて 」参照) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/23 12:53
各種手続きを終えて
 二十歳になっての諸手続き。相談支援室で各種手続きの手順を教えてもらい、いざ役所へ。あっちの窓口こっちの窓口、それぞれの提出書類を確認・用意、記入部分もたーくさん。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/08/09 12:04
支援の境界
 この春から生活介護通所施設の利用を始めた人のお母さんが、「やはり学校よりかなりゆるいのね。作業をさぼったり徘徊したりしても、席に戻すのではなく職員さんがついて歩いているのだもの。」とため息をついていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/26 11:49
新しい法律 その2
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/07/03 12:43
新しい法律 その1
 「障害者差別解消法」が3年後に施行されるとか。簡単に内容を見てみた。昨年から施行されたのは「障害者虐待防止法」だが、「虐待」ではなく「差別」に関わるのが今度の法律らしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/28 12:35
はじめての工賃
 確かに日本の景気は上に向きつつあるらしい、と実感したこと。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2013/06/23 14:53
はたちの手続き
 さて。  二十歳を目前にしたKの諸手続きをスタートさせました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/08 13:03
歩み寄り
 まだKが幼児の頃、すべてが理不尽に思えていた。自分達だけが苦労している、不公平だと感じていてた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/25 14:01
強度行動障害、って
「手をつなぐ」5月号が届いた。 その中の「強度行動障害の評価基準等に関する調査について」という記事に目をとめる. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/12 14:55
親離れまで・・入所等
 Kとほぼ同年代の知的障害者で既に入所施設の希望を出して順番待ちをしている人もいる。少しでもはやい時期に親離れさせた方が本人のため、と考えたり、家業の都合で家にいても遊びや外出の機会をあまり作ってやれないから、とか保護者の事情はそれぞれだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/03 11:41
二十歳
 今年二十歳になるK君、スーツの仕立てとかお祝いとかは後回しになっても忘れちゃいけない諸手続きがたくさんあります。  療育手帳の更新、それに伴う障害基礎年金受給申請、保険証やサービス受給者の届け、その他いろいろ。誕生日はまだ先だけど早めに動いて準備しよう、ワタシってなんて用意周到、賢い母・・・・とか思っていたら。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/29 12:05
知的障害と認知症・・年をとったら
全日本手をつなぐ育成会の機関紙「手をつなぐ」2013年4月号の記事「『認知症になった知的障害者』の支援について考える」を読んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/20 14:01
続けて、「発達障害の子どもとともに」 
 前に書いた、NHKハートネットTVの「発達障害の子どもとともに」見て感じたこと、続き。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/16 12:06
TV番組「発達障害の子どもとともに」
 NHKハートネットTVの「発達障害の子どもとともに」を見る。  本人だけでなく親を、そして指導者を支えるという観点からの取り組みを扱っていたのだが、保育園の保育士さんのお話が印象に残った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/08 13:12
後輩
 Kが支援校高等部を卒業して1年。そのひとつ下の学年も無事に卒業し、そのうちの何人かはKと同じ法人が運営する別の通所施設に通うことになった。今度は法人全体の行事に一緒に参加できる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/03 12:17
顔と歩んで
 Kの成人に伴う諸手続きの折に、いい機会なので療育手帳を新しくしてもらう予定だ。交付当時の3歳の顔写真とか、最初は中度だったのに次の更新時には重度、さらにその次には最重度になった判定の記録とか、すべてリセット。・・・・古い方も保管はしておくけど。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/13 12:12
はやめに支援
 時間が空いたので、Kが昔通っていた特別支援学校の小・中学部の発表会に行ってみた。会場も昔と同じでまだKを知っている先生もわずかながらいらっしゃるので、ちょっと懐かしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/01 11:53
相談と利用
 先日、Kが通う施設の保護者会でこれからの福祉サービス利用法について説明があった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/17 15:42
幸せって、なんだっけ
 前回の施設法人の成人式&新年会に出席した時にあらためて驚いたこと。  この地域では、こんなにたくさんの知的障害者が生活している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2013/02/05 12:01
成人カウントダウン
 Kが通う施設を運営する法人が、利用者の成人祝いを兼ねた新年会を開催した。私もKを連れて参加しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/02/01 11:42
まだまだお勉強
 Kの障害がわかり、初めて利用した福祉サービスは通所の療育園だった。3歳から就学までお世話になり、その過程で療育手帳を取得しそれに伴って受けられるサービスを知った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/24 10:23
障害と社会・・・「ハートネットTV」を見て
 NHK「ハートネットTV」で連続して放送された「障害者の“働く”」「罪を犯した障害者・高齢者と向き合う」を見た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/08 12:34
いつまで一緒に
 学校ではなく施設利用になると、同じサービスを受けている人たちの年齢層は厚い。だいたい支援校の高等部を卒業してから通い始めるので、今はKとその同級生達が最年少。推定するに、20〜30代前半くらいまでが多くを占めているようだ。私と同世代、もしくは年上の人もいることはいるがごくわずか。  それがどういうことを意味するか、もちろんわかっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/30 12:19
送迎バスに乗る人
 毎日Kを送迎しながら気づいた。同じような時刻に、「送迎バス」をやたらと見かける。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/12 13:30
こんなやりとり
 突然、民生委員さんの訪問を受けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/23 12:04
そろそろ安定・・・か?
 Kが支援校高等部を卒業し生活介護施設に通い始めてそろそろ半年近くなる。環境の変化に弱いタイプなのであれこれ小さな問題は抱えたが、さすがに慣れてくれたようだ。そういえば、高等部に入学した時も自傷行為とパニックがなくなるまで半年以上かかったっけ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/11 11:50
業界地図
 「この社会は狭いから、トラブルはできるだけ避けたいわねえ。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/08/27 13:11
入所を待つ頃は
 Kより少し年上の支援校卒業生が、入所の申し込み&待機にはいったという。お母さんは以前から早めに手続きを進めたい、と言っていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2012/08/15 09:39
施設の保護者会・・これからの制度
 Kが卒業後に利用を始めた通所施設の保護者会に参加し、先に利用していた先輩お母さん達にも再会した。いついつまでも、親子共に先輩・後輩だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/08 12:44
夏休みでした
 気が付けば、そうだった。今年はそんな感じ。  なんかオリンピックとか始まってるし、なにより暑いし。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/04 09:05
何度でも、会いましょう
 支援学校を卒業すると、地元の人や同じ施設に通う人以外の保護者と会う機会はほとんどなくなる。高等部に入学した時、幼児期の通園施設仲間で就学時に別れた親子と再会した時は感激したものだが、再びのお別れになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2012/06/18 12:11
最終目標
 障害が重い子の親同士でよく話していた。「私達の子の療育の最終目標ってなんだろうね。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2012/05/27 14:05
少しずつ仲間入り
 Kが生活介護の通所施設に通い始めて半月ほどたった。最初は落ち着かない様子で廊下やトイレなどを探検(?)するかのように徘徊していたが、少しずつ自分の居場所を決めているらしいとのこと。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/08 12:23
もう少し、前進したい
 前回から考えて。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/01 13:12
彼の「社会」
 で、Kは希望の生活介護事業所に通い始めた。親の不安を知ってか知らずか、いや絶対知らないで、なんとかそれなりに一日を過ごして機嫌よく帰宅している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/27 11:34
ここから新年度
 急転直下。なんと、ゴールデンウィークを迎える前に、待機していた生活介護事業所を利用できることになった。  もちろん嬉しいんだけど、心の準備ができてない。私も、多分K本人も。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2012/04/20 12:23
はじめまして、新人さん
 新年度になり、福祉事業所のヘルパーさんの顔ぶれにも少し変化があった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/16 13:00
「ある母と子の“孤立死”」を見て
 NHKの福祉新番組「ハートネットTV」で、障害児とその母が「孤立死」したことを話題にすると聞いて視聴した。気になっていた事件なので、どんな視点で語られるのかが気になったから。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2012/04/05 12:46
あっちこっち春休み
 とにかく、3月いっぱいはKはお休みなのだ。なんとか乗り切らねばいけない。そういう意味でも気を引き締めて臨んだ3月でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/29 12:17
進路、そのまた先
 支援学校の高等部卒業、進路もなんとかなった、さてその次。やれやれ、とひと息ついたとたんにそれですか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2012/03/25 15:02
子の為、親の為
 親の会の事業所に進路決定の報告をした時、こんな感じのことを言われた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/14 11:55
卒業戦線 その3・・決着
 やっとこさ、Kの卒後が決定しました。  親の会が立ち上げた事業所に通いつつ、実習で好印象だった生活介護事業所利用の待機をします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 22

2012/02/27 12:11
取調室の扉
 ニュースより。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/09 12:30
卒業戦線 その2
 高三の三学期になると、地域の福祉関係の事業所や行政の担当者を学校に招いて保護者と話をする、という行事があるそうだ。進路が決まっている子もぼちぼち、という時期になぜあらためてそんなことを・・・と思っていたのだが、理由はあるのだという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2012/01/21 14:56
「特別な」支援
 保護者会や授業参観など、支援校の行事に参加するたびに思う。  深いなあ。特に高等部。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/12/04 20:52
卒業戦線 その1 
 さて、序章の次は卒業準備本番です。また、以下の施設利用手続き・利用状況等は地域により全く異なるということを前置きします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/06 15:19
きょうだい−障害のある人の兄弟姉妹
 NHK「ハートをつなごう」きょうだい−障害のある人の兄弟姉妹を見る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/10/04 12:06
わかってください
  Kが中学生まで通っていた超小規模特別支援学校に在学中の子のお母さんと久し振りにランチに行った。卒業して3年近くなると、生徒はもちろん先生方の顔ぶれもだいぶ変わる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/20 12:29
区分判定結果
 で、結局どうなったのか、というと。  そう、あの「106項目の質問による障害程度区分認定」の結果です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/09/08 13:04
最初の一歩のために
 昨年も参加して、今年はどうしようかと思っていた地元の障害児福祉の交流会。Kも来年は「障害児」を卒業するので参加機会は今年が最後だし、たまたま夫が夏休みをとれてKを見ていてくれるというので参加してみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/28 15:28
いずこもおなじ
 先日、就学前の療育施設に一緒に通園していた親子に偶然再会した。そのお子さんは重複障害で、肢体不自由児の支援学校に通っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/08/16 20:08
入所施設と18歳
 支援校の行事で、施設入所してそこから通学している子のお母さんに久々に会った。お子さんはKと同い年で、就学前から交流がある。入所に至った事情も聞いたが、できる限りのことをした上での決断であり現在は家族も本人も穏やかな生活を送っているという。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2011/07/28 12:41
ありのまま・・・判定待ち
 前回からさらに続き。    実際に様子を見せるため、聞き取りにはよほど暴れるというわけでもない限り本人も同席させる。これがまた、どう転ぶかわからない重要ファクターであるのだが、重度の子の場合は「とにかく現実を見てもらう」ことが可能になる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/07/16 15:36
106項目
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/07/12 15:30
障害程度区分の認定
 Kは18歳になった。    18歳といえば、あんなことやこんなことができるようになったりできなくなったりする節目の年齢。  障害児はこの年齢で「障害児」を卒業し、「障害者」となります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/08 12:47
お役にはたてませんが
 前回の続き。  Kの就業体験実習の後で開かれたPTA懇親会で、その感想とか卒業後のことなどを、昨年まで進路指導担当だった先生と話していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/01 11:46
就業体験を終えて
 結論。特記事項なし。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/27 12:26
再確認
 卒業後の生活に関して、支援学校の先生がずっと保護者に言い続けていること。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2011/06/20 12:23
就業体験
 今、Kは毎日「就業体験実習」に行っている。  就業というと作業所などで決められた仕事をしている・・・・という印象を受けるが、Kが通っているのは新体制でいう「生活介護事業所」。仕事ではなく、散歩や簡単な作品制作等、障害の重い人達が日中を心穏やかに過ごすための場所だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/16 13:59
ドキュメント相談支援室
 その後のあれこれもあり(何の説明にもならないけど、要するに理由があって)、再度障害者相談支援室を訪れた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/12 19:48
悲願成就
 前回の続き。  はやい話が、今回のタイトルのとおりです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2011/04/12 15:44
年度末のあれこれ
 以下は、震災がなければその頃UPするはずだった記事です。    今年度最後の個別面談がありました。 特別支援教育の基本、「個別の支援計画」・・・だったかな、とにかくそれに沿った指導が成果を上げたか否かを保護者と担任が確認するわけです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/04/08 20:53
挑戦、福祉移送サービス
 意を決して、やっと利用しました。先日契約した「福祉移送サービス」。 送迎のみ、本人以外の同乗不可、自立支援法のサービスではないのでやや高額、運転手さんは知的障害の専門知識はなし。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/08 11:50
支援と備え
 Kと同じ支援学校の保護者(近接市在住)が、自立支援法の支援を受けたいと思い、サービスの受給者証を申請したところ受け付けてもらえなかったという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/01/28 11:59
社会とか権利とか
 年末年始番組に埋もれて録画したことを忘れていた「NHK福祉ネットワーク 障がい者制度改革」をやっと見る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/17 11:52
新しい契約
 これまでKに対する日常の支援は、ほぼ障害者自立支援法に基づいた、特に知的障害児者を対象としたものばかりだった。しかし、考えるところあって初めて障害者のみを対象としていない福祉移送サービスの事業所と契約し、会員になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/10 20:13
終わってないよ、相談支援
 夏休み前、我が家の事情と現在の支援状況についてちっと相談とお願い、ということで訪れここでも記録した「障害者相談支援室」。「後日、支援会議を開いて検討します。日程の目途がついたらご連絡します。」ということで、夏休み突入。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/26 19:45
高齢障害者親子
 障害者の自宅介護、9割が親頼み 支える側の高齢化深刻 (asahi.com 12/5付)  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/09 21:07
「つなぎ」ってことで
 障害者自立支援法:参院で改正案可決・成立  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/06 00:20
職場実習 2回目
 さて、支援学校高等部生としての職場実習も、2回目となりました。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/26 11:30
知的障害者とホームレス
 NHKの福祉ネットワーク「路上でしか生きられなかった −知的障害とホームレス−」を見る。こういう番組を見るのはすごく気が重いのだが、直視して知らなければいけないことだと思った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/18 14:42
職場実習 1回目
 支援校高等部2年生になると、職場実習が始まる。二週間、ということになってはいるが、昨今の不況や支援に関わる人手不足のせいもありなかなか希望通りにはならない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/09 12:44
問題の根っこ
 どこの地域でもあるのだろうか。  「地域の障害児の保護者と特別支援学校の教職員、行政担当者、支援事業所関係者が集まって情報交換したり交流したりしてネットワークを作りましょう」的な催し。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/22 20:24
障害児と戦争
 以下のリンク先記事をぜひ読んでいただきたいです。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/08/13 20:17
相談支援ファイナル
 相談支援体験&聞き書きシリーズ最終回。いつからシリーズに。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2010/08/02 14:08
「なぜの嵐」、相談支援
 懐かしアイドルソングのタイトルではなく、前回の続き。私を含めて子供に対する支援の状況を行政の「相談支援」機関、もしくは役所の窓口と話し合った保護者が「・・・・?」と感じたことをあげてみます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/29 21:04
お試し相談支援
 いろいろ思うところあって、うちの地域の「障害者自立支援法に基づく相談支援事業を委託されているところ」を訪ね、「相談支援員」さんと話をした。要するに、現在の我が家の状態についてちょっと相談を持ちかけたということです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/26 20:15
障害児と里親制度
 先週とりあげた障害児を育てる里親さんの件、ちょっと詳しく書かれたニュース記事がありました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/20 20:59
親ではないけど
 育てている人たちがいる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/06/11 13:18
その時がくるA・・・もう戻れない
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/09 19:39
その時がくる@・・・進路決定
 特別支援学校高等部。2年生になると、いよいよ「進路」を具体化しなければならない。新学期早々の個人面談は、その確認とそれに基づく実習先の選定です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/06 21:46
迷走中
 特別支援学校高等部に入学して初めての個人面談で提出するアンケートをもらったお母さんからの質問。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/15 21:22
「新しい障がい者制度に向けて」〜NHK福祉ネットワーク〜
 ・・・を見る。政権交代による障害者政策の行方はやはり気になるところです。  障害者に対する福祉サービスと、就労に対する支援の現状と問題点について。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/12 12:28
支援学校卒業生の春
 支援学校高等部の3年生も、2月の時点で全員ではないが8割方卒業後の進路が決まっていたという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/24 10:45
子育てリスクヘッジ
 子供の頃は、自分も結婚したら当然子供を産むものと思っていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/29 12:18
自立支援法と親心とお年玉
 今年も我が家の子供達はたくさんの方からお年玉をいただきました。野心満々な弟君(自分もそうだったから)はともかく、現金より飴玉を選ぶKにまでお心遣いくださった親戚の方々及びその他の皆様、本当にありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/08 12:14
特別支援学校ならでは、の事情
 特別支援学校の学校閉鎖の件をUPしてから思い出した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/17 21:56
支援学校、試練は卒後です
 地域差があることだから、一般論ではありません。ただ、うちの地域はこういう状況です、ということで。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2009/11/26 12:17
罪の行き場
 世間を大きく賑わせている話題には基本的に触れない、触れたとしても旬を過ぎてからにする、と決めているのだが、これはなんというかしつこくのこるモヤモヤがぬぐえないので投下。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2009/10/30 11:24
福祉って、なんですか
 よかったなー、「任侠ヘルパー」の最終回。草薙くんとこども店長、ちょっとした表情の変化の演技がすごい。  トンデモ設定ではあるけれど、おとぎ話や昔話から学ぶことだってある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2009/09/20 19:32
知的障害者らに「専門弁護士」・・・ニュースより
・・朗報、なのか? 以下引用。長いけど、内容ありすぎ。リンクは切れてるかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/19 19:54
自立支援法見直し・・・知りたいことは
 障害者自立支援法の見直し案についての説明会を聞きに行った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/23 13:57
変わったこと、変わらないこと
 いつもへそ曲がりなことを考えてないで、たまには素直に一般的な「いい話」に目を向けようじゃないか、と反省して手に取ったのが、この本だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2009/06/06 10:11
ニュースより・・・手が届かない福祉
 「東京新聞ほっとWeb」より引用。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/04/23 13:17
NHK福祉ネットワーク「罪を犯した知的障害者と向き合う」
 ・・・を見ました。内容は、最近やっととりあげられるようになった「累犯障害者」の実態とその支援について、ということで特に目新しいものではなかったのですが、印象に残ったのは「出所、もしくは釈放のあとの継続支援」の取材部分です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/20 12:21
好調不調、ありのまま
 もうすぐ支援学校の発表会。1年のうちでもこの発表会と秋の運動会の練習期間は、台風の中を小さな傘ひとつで歩いているようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/04 12:27
学校、その後
 Kの進学も決まり、なんとなくゆるゆる生活している。しかし、進学する人がいれば当然そこから卒業する人がいます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/16 13:59
テレビの中の障害者 その4・・・NHK教育「きらっと改革委員会」
 以下、主に「きらっといきる」のレギュラー枠で年末に放送された「反響編」を見て。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/21 12:02
テレビの中の障害者 その3・・・NHK教育「きらっと改革委員会」 
 前回後まわしにした ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/19 12:13
テレビの中の障害者 その2・・・NHK教育「きらっと改革委員会」 
 「その1」の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/14 11:06
テレビの中の障害者 その1・・・NHK教育「きらっと改革委員会」
 年末にさわりだけ見てちょっと取り上げた、あれです。(参照記事・・「がっかりされる障害者」)先日やっと、後日放送された「反響編」まで見ました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/12 19:55
ハローワークと福祉職
 障害児学童クラブの指導員さん募集中。  もう、ずーっと。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/22 13:04
「障害者自立支援法 改正への課題」NHK福祉ネットワーク
 油断して、3回シリーズのうちの初回を見逃した・・・障害者自立支援法の成立から3年、見直しに向けて現状と問題点を振り返る、というテーマです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2008/12/05 22:17
高貴な心
 ノブレスオブリージュという言葉を印象づけてくれたのは、「仮面ライダーカブト」だった。よいこ達に、必殺技と同時にこういうことも教えてくれるのが最近のヒーロー。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/30 20:44
成人後の個別の支援
 数年前、学校を卒業してデイサービスに通いだした人のお母さんに聞いた話。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/11/02 12:06
宿泊体験の失敗から・・さらにその後
 夏休みの「K、施設で初めての宿泊プロジェクト」失敗についてはその後もあれこれと検討して今後の対策を立てています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/15 12:49
不安とチャンス
 今年度のPTA会長とともに、温泉地へ一泊で出張してきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/28 12:34
片隅の人々
 Kの職場実習の期間中、保護者の見学時間を作っていただいた。私が見ていると集中できないのはわかっているが、(いなくてもあまり集中はしていないのだけど)施設について親が知る機会なのでお言葉に甘えてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/09 13:33
災害時の障害者援護
 先日、民生委員さんから我が家を訪問したい旨の連絡を受けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/26 12:52
子供達を守ってください
 知的障害児施設:「契約」未収金5700万円 本紙調査    参照先・・・毎日JP 5/10付。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/05/12 12:11
続獄窓記
 山本譲司氏の新刊、「続獄窓記」。 「累犯障害者」救済への情熱が伝わってきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/05/05 14:30
職場実習に向けて
養護学校とはいえKは中三。進路を考える、ということで設定されている「職場実習」の計画がすすめられています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/28 12:30
障害児学童クラブの初心
 障害児の学童クラブを作ろう、と養護学校の保護者が活動を始めてから正式に認可がおりるまでには2〜3年かかったようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2008/04/14 13:18
障害児学童クラブの考え方
 健常児の学童クラブは、親が仕事等で帰宅時に迎えることができないから利用するものと一般的には考えられている。だから、塾や習い事にひとりで行ける、安心して留守番が任せられる高学年になると利用できなくなるところがほとんどと聞いた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2008/03/26 12:18
託す希望・・・施設見学
 養護学校のPTA行事で恒例の施設見学に行った。市内でも歴史のある福祉法人が運営する福祉作業所だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2008/03/17 12:30
障害児学童クラブの苦悩
 先日、お子さんのために身体障害児の学童クラブを立ち上げたお母さんに会った。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2008/03/10 12:29
重い現実・・・奴隷にされた障害者
 知的障害者に「奴隷生活」 保護の4人、経営者らを提訴                     札幌市の食堂で住み込みで働いていた知的障害のある32〜51歳の男女4人が13〜31年間、無報酬で劣悪な生活を強いられ、07年6月に保護されていたことが13日わかった。労働時間は1日十数時間で休日は月2回。食事も満足に与えられなかったという。4人は同日、「奴隷のように働かされ、障害者年金も横領された」などとして経営者らを相手どり約4500万円の損害賠償を求め、札幌地裁に提訴した。経営者は現在、行方が... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2008/02/15 11:52
なぜ人は虐待するのか
 本のご紹介。「障害のある人の尊厳を守るために」という副題がついています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 15

2008/01/16 12:00
「検証 障害者自立支援法」を見て その2
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 11

2007/12/12 10:42
「検証 障害者自立支援法」を見て その1 
 NHK教育テレビで先週三夜連続で放送された番組です。録画してじっくり見ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/10 12:11
差別、されてますか?・・「条例のある街」
 小心者のくせにどうしてこういう過激なタイトルつけちゃうのかな。でも本のご紹介だし、中身はマイルドだから。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 14

2007/11/05 12:54
福祉とビジネス その2
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/10/17 12:24
福祉とビジネス その1
 福祉の世界で働いている方々には本当に頭が下がります。障害児者や高齢者の施設の職員さん、ヘルパーさん、学童クラブの指導員さん。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/15 12:03
市長さんといっしょ
 今年の選挙で、市長さんが変わった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2007/10/03 13:14
障害児とお医者様の、いろいろなこと
 先日、障害児者医療に関する意見発表会のようなものを聞いてきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/23 16:36
知的障害者福祉月間
 ・・・だそうです。毎年9月。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 10

2007/09/19 12:17
「どんぐりの家〜それから〜」最終回
 以前紹介したお話の続きが掲載されたビッグコミック(8.17増刊号)がついに発売されました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2007/07/30 12:33
子殺しの、罪と罰
 人間は、神様の人生ゲームのコマに過ぎないのかもしれない。こういうニュースを見るとそう思います。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 14

2007/07/27 19:54
高齢化、少子化、電脳化・・・攻殻機動隊 S. A. C  Solid State Society
 福祉ってやはり深い。だからこそこういう作品のテーマになるのだな。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/18 13:06
ロックオン、夏休み
 気が付けば、6月下旬。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/20 13:34
親の介護、子の療育
 先日来の「コムスン」のニュース。うちの地域のコムスンは自立支援法下の知的障害児の介護も受けていて、養護学校でも利用している家庭がある。どうなることか、と心配していることでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2007/06/08 12:24
子育てとお金、の意識
 養護学校の進路指導の先生と親との雑談で盛り上がった、障害者と家族の家計のお話。ちょっとややこしいです。また、制度の名称や金額は、聞いたままの表現で正確ではありません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/28 12:33
「どんぐりの家 〜それから〜」
 以前にもちょっと取り上げましたね、あの「どんぐりの家」の続編が今、ビッグコミックの増刊号で連載中です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/25 12:03
自己責任と自由・・「生きさせろ!」
 景気がよくなっている、のだという。どのへんが、と聞いても誰もがわからない、と答える。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2007/05/11 12:02
甘さ、厳しさ、境界線
 「よくできたねー」「すごい、上手!」 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2007/04/20 12:17
障害者の経済学
 障害児者の保護者として、本人達の幸せのために学び、動く。それは当然彼ら本人のため、彼らの利害を念頭においてのことです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 8

2007/04/13 13:29
知的障害の息子を餓死させた母
 餓死 知的障害の長男に食事与えず、49歳母逮捕 熊本 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2007/04/09 09:35
社会に不満があるならば
 選挙に行きましょう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2007/03/28 11:55
一般就労
 今日もラジオ番組で「障害者雇用」について討論していた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 6

2007/03/19 12:40
施設見学・・・不安拡大
 養護学校主催の施設見学に参加しました。毎年近郊のさまざまな施設を、保護者と校長先生・進路指導担当の先生で見学します。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 8

2007/03/12 12:46
人生の選択・・障害者か健常者か
 「もう、療育手帳なんかいらない。次の更新はしたくないわ。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/07 11:59
児童相談所と障害者自立支援法
 療育手帳の交付を受けるとき初めてその門を叩いた児童相談所、略して「児相」。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/26 12:29
介護施設の虐待疑惑事件
 このニュース自体は、氷山の一角がまたぽっかり浮いてきたんだな、という印象です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/23 12:16
知的障害者と労働
 「三歳児投げ落とし事件」の報道の時に流れた一般の人の声の中で、気になったもの。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2007/02/16 12:28
養護学校児童行方不明、のニュースから
 岩手県で、養護学校小学部一年生の男の子が一週間前から行方不明、というニュースを聞きました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2007/02/12 14:13
養護学校、15の春
 地元の養護学校高等部の入試・合格発表が終わりました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2007/02/09 12:46
市民と行政の間には
 深くて暗い河、といかないまでも、何か隔てているものがあるな。やはり。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/29 12:29
三歳児投げ落とし事件、続き・・知的障害者と犯罪
 前回の続き。  ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 6

2007/01/22 13:12
三歳児投げ落としと「検証・障害者自立支援法」
 「検証・・」はNHK教育テレビで3回にわたって放送された番組。2回目後半と3回目しか見られませんでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/20 21:30
障害児と就学免除
 就学を控えた障害児の親御さん、そろそ落ち着かれた頃でしょうか。  ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2007/01/15 12:24
障害児学童クラブの設立
 おせちもからっぽ、お餅も食べつくした。そんな今頃、冬休みの学童クラブが再会されます。ありがたや。    障害児学童クラブ。長期休み期間中は、お昼をはさんで朝から午後までの活動です。  お料理、外出(外食やカラオケ)、各種製作。本当に、指導員とボランティアの皆さんには感謝してもしきれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/04 13:24
福祉と施し
 年末近くなると、Kは学校からいろいろな物を持ち帰ってきます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2006/12/27 13:01
聖夜・・・贈り物は「希望」
 スポンジやクリームを買い、弟君に自由にデコレーションさせたケーキ。彼のセンスに期待などしませんでしたが。・・・まあ、おいしかったからいいや。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/25 12:06
「認知症」・・親の介護、子の介護
 NHKスペシャル「認知症」をじっくり見てしまいました。「認知症は加齢のせいではなく病気」と説明されていました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 12

2006/12/22 13:06
障害者自立支援法と子供達
 もうすぐ冬休み。障害児を持つ家庭にとって、年末年始の気掛かりはクリスマスでもお正月でもなく、「長い休みをこの子にどう過ごさせるか」ということです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2006/12/18 14:56
障害児親、願いの行方
 障害児の療育の大きな目標。「成人後の自立」。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 12

2006/12/11 12:46
障害者自立支援法と「親としての初心者」
 先週末に報道された、母親が幼い兄弟を殺害した事件は子供の知的障害を悲観してのことらしいです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/27 12:49
障害者自立支援法狂奏曲
 申請・認定も一段落、新しい受給者証も受け取り、それぞれの家庭で必要なサービスの事業者と契約を交わしています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/24 13:17
障害者自立支援法のキモは
 ・・・「障害を持つ人にも、可能な方には働いていただく。納税者になってもらい、サービスに対する負担をしていただく」・・・・だそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/01 12:32
障害者自立支援法・・・混乱の中で
  Kにも新しい受給者証が届きました。真剣な訴えが功を奏したのか、障害「児」の区分では重度のランク。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2006/10/13 12:37
自立支援法、やはり・・・障害程度認定区分
まあ、予想通りです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2006/10/09 14:08
「契約」の時代・・ヘルパーさん
 自立支援法に先駆けて施行されていた支援費制度をきっかけに、いくつかのヘルパー事業所を利用するようになりました。  ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 2

2006/09/25 12:02
障害者自立支援法U・・・何をもって測る
 前回の続きです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 16

2006/09/18 20:15
障害者自立支援法T・・・申請で
 さて、先日ちょっと触れました障害者自立支援法の支援申請について。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/17 13:28
反省・・・「重度」の思い上がり
 Kは最重度の障害者だから。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/12 12:39
養護と特学・・・情報格差
 夏休みも大詰めの先日。毎年この時期に地元で開催されている、障害児の保護者と学校関係者・行政担当者の交流会のようなものに参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 13

2006/08/24 13:22
障害児学童クラブ
 今日の作品 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/08/16 12:15
NHK「障害者自立支援法3ヵ月」を見て
 どこぞからミサイルが何発飛んでこようが、とりあえず私が今考えているのは昨夜のこの番組についてです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 12

2006/07/05 13:03
「自立」を「支援」してくださるのなら 
 障害者自立支援法の時代に向け、親も本人も今後の生活を見直しています。負担が増えることも、受け入れましょう。脱施設への道も考えます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2006/06/28 13:17
障害児とその兄弟・・「きょうだいの集い」
 土曜日に、Kがお世話になっている障害児学童クラブが毎年開いている「きょうだいの集い」がありました。会員の障害児のきょうだいを集めて、指導員さんがお料理を教えてくれます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/19 12:15
障害児と親の活動
 障害児を育てる親・家庭が絶対に手に入れておくべきものは何か。  体力、知力、ど根性。もちろんそれらも重要ですが、何より必須と思われるのは。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 6

2006/06/10 14:30
施設における身体拘束の判断
    以下青字、毎日新聞より引用。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/30 12:22
障害者自立支援法と味噌田楽
 なんだか大喜利のなぞかけのような。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2006/05/21 12:23
めざせ、逆老々介護
 最近の特撮番組を見て、どのメカがどう合体してどういうロボになるのか理解するのに時間がかかる。これが、老化と言うものなのか。そしてこういうことでそれを自覚する自分もどうなのか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/05/03 12:46
障害者自立支援法が考えさせてくれること
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2006/04/24 11:54
障害児の手当は「誰」の為
Kが療育手帳を交付され、正式に「障害児」の仲間入りをしたのは3歳の時。12歳の現在も、貼付写真が当時のまま。(顔は変わってしまったのに)そしてそれが通用するというのもなんだかな。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 34

2006/04/22 13:10
障害児親子の医者選び
 正確には、「重度知的障害児親子」でしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/20 13:15
冬休み難民・・・障害児親子、どこへ行く  
 冬休みです。 長期の休みにはいると、重度障害児の親はたいてい外出難民になります。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/12/28 20:19
やっぱり「帰ってきたウルトラマン」
 Kが養護学校から持ち帰った連絡帳に、「もう少し厚着をさせてください」と書かれていました。 Kのような自閉っ子は、体温調節の機能が未発達ということがよくあり、真夏、真冬はパニックやイライラが目立ちます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2005/12/19 20:39
「マジン・ゴー!」はそのままでした  
    今日の掘り出し物 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/13 20:48

トップへ | みんなの「福祉」ブログ

障害児Kとおたく母の疾走日記 福祉のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる