障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマス考

<<   作成日時 : 2017/12/24 08:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 子どもが皆成人してしまうと、クリスマスという行事の盛り上がりは半分以下になる。サンタなりすましとその言い訳を考える楽しみもない。
 ハロウィンとやらにはまだ違和感があるが、クリスマスは自分が物心ついた頃には既に一般的だったので私は馴染んでいます。保育園児だった頃、見事なサンタコスでクリスマス会のステージに上がりプレゼントを配っていた園長先生を本物と信じて疑わなかった。

 我が家にも、まだ「無垢な心(笑)」を持つ家族はいるが彼はイベント自体を認識していないから。ケーキとかチキンとかが目の前に並んで初めてテンションが上がるようだ。通所施設でもクリスマス会があり、お菓子をもらってご機嫌だったとか。

 プレゼントには苦労した。何を喜んでくれるのか、日頃の行動から推測し長考して選んだおもちゃに見向きもされなかった。その日のうちに壊された。
 喜んでくれたと思ったら、興味があったのは本体ではなく箱だったとか。飼い猫に寝床を買った人も同じようなこと言ってたな。

 そんな苦労はもうおしまい。
 現在の我が家のクリスマスはお正月の前座というか、前説というか、カウントダウン開始イベントだ。なんとなくおいしそうな期間限定のごちそうが出回るから、いつもよりちょっと高価な手抜きご飯を楽しむ行事。

 要するに、「さあ、思い切り手を抜いておいしそうな物買い込んで、みんなで食べまくって今年の憂さをはらすわよ!」の日。だから鰻でもお寿司でもいいのだけれど、やはり気分の問題でケーキやオードブルです。

 今年も来ました、このサンタ
画像

 プレゼントはありがたいけど、自分で遊んでちゃダメじゃん。今日(23日)のジード最終回で頑張ったから息抜きだね。
 
 まだマリカーしかやってないSwitch。どんくさいのでドリフトが苦手。 

 ものすごく久しぶりにテンプレのデザインを変えてみました。  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クリスマス考 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる