障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK vs 24時間

<<   作成日時 : 2016/09/01 09:42   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 初っぱなから大爆笑させてくれた 、Eテレ バリバラ「【生放送】 検証!「障害者×感動」の方程式」。裏番組で24時間テレビのアンチテーゼみたいな放送やるよ、と聞いていたがここまで正面から攻めるとは。
 
 内容については既にあちこちで話題になっている。実際にご本家で「頑張っている姿」を披露した障害者の方がネタバレ話をしたり、Tシャツをパロったり。ちょっと皮肉るくらいかと思ったら、真っ向から宣戦布告してゴングが鳴ると同時にロープ最上段から全力体当たり、でしたね。

 ご本家の番組は時々チャンネルを合わせてみたがどの時間帯も似たような内容で、ああ今年も平和だな、くらいの感じ。いろいろあったらしいけど。

 必殺技を早々と決めてしまったバリバラは確かにちょっと爽快だった。こんなこと言ったら顰蹙かな、というもやもやをある程度代弁してくれたから。そう、「ちょっと」爽快で「ある程度」だ。  

 24時間ご本家には確かに多くの疑問を感じる。ただ、実際にこの恒例行事の募金で送迎バスを使えるようになった施設なども見ている。
 頑張りを紹介される障害者も、本人がそれを望み、知ってほしいという想いがあっての出演なのだろう。それを見てそういう世界を知り、応援したいという人が増えるなら、それはいいことだ。
 「そういう世界」を既に知っている人は、やはりあまり見たくはないらしい。私もだけど。 

 また、「バリバラ」も時々見るが、「笑ってほしい」と言われても正直笑えない部分もあるのは確か。私は障害の当事者ではなく身内というだけだから・・・かもしれないが。ここは笑っちゃいけないのでは、と微妙な気持ちになったりもします。

 でも、感動の「おかず」にされるのはちょっと、という気持ちはわかる。そんな声をあげられるようになったことは素晴らしい。

 何らかのパフォーマンスができる人。何かを目標にして努力できる人。自分の考えを主張できる、訴えられる人。たとえ体が動かなくても、言葉・パソコン・手話等で意志を伝えることができる人。両方の番組に出演していたのはそんな障害者。 

 そういう方達は、多分あの相模原の事件の容疑者が想定した「障害者」ではないと思う。
  
 「どっちの番組にしろ、うちの子達みたいなタイプは出る幕ないかな。」「感動以前にドン引きされて、募金なんか集まらないよ。」

 ・・・・・最重度、問題行動あり、という子を持つ母達の感想はだいたいこれでした。

 テレビ番組関連の障害者と感動については、ずっと以前にここで書いてました。「いつか『バリバラ』を24時間の裏で・・・」とか書いてて、なんか私先見の明あった? (笑)

笑っていい・・・のか?

がっかりされる障害者

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
当事者が本音を言えるというのは貴重な場だなと思いつつ、「でも、これが障害者の思いや考え方の代表というか凝縮じゃないし、障害者すべての姿でもないよなあ」と思いながら、河童さんに誰も触れてくれないの?と心配しつつ、バリバラ見ていました。24時間は、どんどん募金しておくれと思いつつ、もう何年もほとんど見ていない(笑)。
色々な媒体で伝えられる「重度の知的障害者」「重い自閉症」って、私の感覚では、重くても「中度」程度で、「最重度知的障害や強度行動障害」=重度の・・・っていう図式になっていないことに、一番の違和感があるかなあ。「重い障害のある人もGHや支援受けながらアパートで」・・・いや、最重度でそれは現実的に無理でしょ的な。
なんか、報道の世界(世間一般)から、最重度知的や強度行動障害は、「いない存在」にされそうでちょっと怖いです。考えすぎかな?
ところん
2016/09/01 21:08
鈴木おさむさんのあの企画に、
やっぱしそうなのね…
24時間テレビの
裏である、この番組でも、そうなるのね、
はぁぁぁ…

と思ってしまいました…。

贅沢でしょうね…
みま
2016/09/01 23:26
ところん様
 本当の重度って、障害者と普段関わらない人には想像もできないのでは。体が動かないとか、そういう部分とは全く違いますしね。施設から地域へ、というけれど実際居場所はないし。
 いっそ「いない存在」扱いでもいいから静かに暮らせる場所がほしいです。
tomoko
2016/09/02 12:50
みま様
 これはもう仕方ないのかもしれませんが。
 本人が頑張りを見せられない分、親や介助者が苦労している部分を深夜のドキュメンタリーかなにかで扱ってくれるとかも難しいですかねえ・・・まあ、いいけど。
tomoko
2016/09/02 12:55
こんにちは
私はバリバラ?という番組は知ってますが
みたことないんですよ(^_^;)
あ、一度だけあったかも!
失礼かもしれないけど、私は違和感あったから
それからは見てなかった記憶…
どちらの番組も違和感…って私個人の気持ちですかね(^_^;)
でもでも、親ばかなんで
息子がテレビに出ちゃったら
ちょっと嬉しいかも(笑)
横っちょにコッソリ程度でいいんですわ(笑)
とはいえ
体ユラユラ、興奮状態で跳ねてる息子をあまり晒したくないかなー(笑)

2016/09/07 11:53
桃様
 私もね、「バリバラ」にも???な感じを受けたのでいつもは見ていないです。でも、自分のやり方でいろいろな主張ができるのは羨ましいな、と思います。
 うちの子や似たような人がパニクったり転がったり叫んだりしているところがテレビに・・・・想像できないなー。ありえないけど。(笑)でも、そういう人もたくさんいるんですけどね。
tomoko
2016/09/07 13:12
私も右に同じです。
「バリバラ」に違和感

桃さん
tomokoさん
と同様に…
禁句かと思ったりしてました(笑)
みま
2016/09/08 20:01
みま様
 どんな障害か、どんな性格の人か、社会に対する想いはそれによって違うと思います。訴える方法もそれぞれだから、正しいのはどれとは言えないけれど。自分の気持ちにはそぐわない、ってことはありますよね。
tomoko
2016/09/09 12:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK vs 24時間 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる