障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 20になっても30になっても

<<   作成日時 : 2015/06/24 13:25   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 親の会のレクリエーション行事でよく会っていた20代後半の息子さんとお母さんが最近見えない。こちらもKが不調な時は休んでいたのでタイミングが合わないのかと思っていたが、問題行動が深刻になってきて外出が難しくなってしまったのだという。

 Kよりはるかに落ち着いていて理解力もコミュニケーション能力もあり、作業所で普通に仕事をしている人だった。時々荒れることはあると聞いていたが、穏やかな様子しか知らなかったからそんな状態を想像できなかった。
 そういえば、ずっと以前にやはり成人後に精神障害の症状が出てしまった、という人のお母さんに会ったことがある。知的障害に加えて精神の・・・というのがどんな状態を指すのかまったくわからないのでなんとも言えないが、他人ごとではない。

 よくいう二次障害というものだろうか。でも、家族の対応も本人の様子も、少なくとも傍から見る分には問題があるようには見えなかった。

 思春期を乗り越えた、成人した、これでやっと・・・と胸をなでおろすのは早いようだ。Kと同世代の人でも成人してから新たな問題がでてきたとか介助が難しくなったとかの話をよく聞く。20代後半になって初めてけいれん発作をおこしたという人もいた。

 この冬ずっと低め安定・・・というより沈没して時々ふわっと浮いてくる、みたいな状態だったKもやっと浮いてきてくれたが、すべて元通りというわけでもない。なんというか、妙に利口になってごまかしがきかなくなった。これは成長、不安定は知恵熱のようなもの、と思うべきなのか。なんにしろ、まだまだ油断はできない。

 「いつまでたっても楽にはならないね。」
 「もう、そういうものと思ってるし別にいいわ。」


 本当に「子の障害を受け入れる」っていうのはそこまで納得することかもね、と苦笑いする母達であったとさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして(*^^*)

いつもブログ読ませていただいております。

家の息子も二十歳になる自閉症です。
高等部卒業後に大きなパニックを起こすようになり、大変な毎日を送っています…
家の中だけで起こしていたのが、だんだん外でも起こすようになり、見知らぬ方にも殴りかかるようになってしまいました…
まさか二十歳になってこんなことになるなんて、と途方に暮れる毎日です。

本当にいくつになっても、穏やかな日々は送れないのですね…
fumika
2015/06/28 16:40
fumika様
 はじめまして。成人してから問題行動が始まったり再発したりという話を最近本当によく聞きます。大人になって本人なりにいろいろなことへの感じ方が変わったり、実は我慢していたことに耐えきれなくなったり・・・なのかな、と思っています。先の事を考えると頭が重くなりますが、親としてはとりあえず自分の体力と気力を維持していかねば。こういう努力をずっとやっていくのでしょうね。
tomoko
2015/06/28 21:25
お忙しい中、返コメありがとうございました。
やはり成人してから問題行動が出る方いらっしゃるのですね。
息子の場合、パニックを起こすのが私がいるとき限定で、作業所ではパニックやトラブルを起こすことがない、睡眠の乱れもないので、主治医も頭を悩ませております。
自閉症からのパニックというより、精神疾患(成人してから出る方は多いそうです)からかも…とおっしゃっていました。
また、母親限定パニックのため、遅くやってきた思春期なのかも…ともおっしゃっていました。
今、投薬をするか悩んでいます(ずっと投薬なしで大丈夫だったので)
主治医は、もうすこし投薬なしでがんばりましょう、とおっしゃるのですが…
いつ爆発するかわからないマグマを抱えている息子と暮らすのは、もう限界かと…

長々すみませんでしたm(_ _)m
fumika
2015/06/29 11:41
fumika様
 お悩み、痛いほどわかります。うちは中学生の段階で投薬を始め、状態に応じて種類や量を変えて現在も続いています。けいれん発作も出ていたので見過ごせませんでした。薬は飲み始めるとすぐにやめることはできないので迷ったのですが、「頭が痛い時に頭痛薬を飲むのと一緒。心を楽にしてあげましょう。」と言われて決めました。いつ爆発するか・・・この不安はうちも常に抱えています。頑張れるのはどこまでか、見極めて方向を定められるようお祈りしています。
tomoko
2015/06/29 13:47
記事に関係ないかもですが
私が思春期のころ
はっきりとおぼえているのは
親に対するなんとも言えない
複雑な感情でした。
でも、反抗期はなかったんですよーw
あの感情は、息子にもあてはめて
考えて活かしています
距離感、息子との距離を
うまく保ちたい。
難しいです。
身辺自立が出来てない息子ですから
そりゃもう、難しい
なんていうか
悩ましく駆け引きしながら
恋人とお付き合いしている
みたいな感じ?w
息子だから、胸きゅんは
全くありませんが(;´д`)

2015/06/30 05:32
桃様
 胸キュンはないですよねー。幼児と同じように見ちゃうから。反抗期は人によって出る出ないもその状態もだいぶ違うようです。
 今は本当に駆け引きですよ。毎日、今日も穏やかに過ごせますように・・・と祈っています。
tomoko
2015/06/30 12:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
20になっても30になっても 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる