障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸せって、なんだっけ

<<   作成日時 : 2013/02/05 12:01   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 前回の施設法人の成人式&新年会に出席した時にあらためて驚いたこと。
 この地域では、こんなにたくさんの知的障害者が生活している。

 施設も数か所に分散しているので、利用者の数も多い。通所・入所・グループホーム、その中でも就労支援で普段複雑な作業をこなし、ひとりで参加している人と、Kのように障害も重く生活介護で保護者と参加している人と。
 年齢層もいつも見慣れた20〜30代だけでなく、かなりの高齢の方もいた。

 高齢になれば両親も他界しているし、多分重度の人のほとんどは入所施設の利用者なのだろう。中〜軽度と思われる高齢の方はグループホームなどからそれぞれの職場や作業所に通っている。自分の親と同世代くらいの人もいて、なぜか胸が熱くなる。

 時々、「高齢の重度知的障害者は街ではあまり見かけない」「どこにいるのですか」と尋ねられることがある。
 たくさんいるんですよ、こういうところに。

 昔は、障害があってそれが重いと自由に外に出られなくなるのか・・・と悲観したが、新年会でレクリエーションや会食を楽しんでいる人々はとてもいい笑顔をしていた。
 大人になった時のために、と厳しい療育を受けても健常者と全く同じにはなれない。でもそれなりに生活スキルや介助者とのやりとりを身につけてきたのだろう。

 人ごみや街中に出ることが自由や平和とイコールではない、というタイプの人もいると思う。そうであるなら、それでいいのかもしれない。
 
 ずっと療育とか躾とかばかりを考えてきたのに、最近はKの晩年の幸せについてばかりあれこれ考える。子供が成人したばかりというのに、もうその老後まで心配しなければならないなんて。自分の老後だってどうなるかわからないのにね。
 いや、そもそも彼は今現在幸せなのか。まずそこからですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。

知的もしくは情緒障害って、幸せってなんなのか、今は自分は幸せなのか、そういうことを考えて、自分で結論を出すことが難しいことこそがハンディキャップなのかなと思います。

が、親と我が子はお互いに本当にはわからないのは障害あってもなくても同じだし、それをわかりやすく親に突きつけてくるという意味ではわかりやすい子育てなのかもしれません。

全体的には幸せじゃなくても、瞬間的に幸せなら、それも幸せかな、と思ったりします。

koma
2013/02/05 19:28
koma様
 毎日の生活の中で辛いことよりは楽しいことが多い、くらいでいいのかとも思えます。確かに、障害がなくても親と子で感じ方は違いますね。もうしばらく見守りながら、将来のことを考えてやりたいと思います。
tomoko
2013/02/06 11:19
tomokoさん、こんにちは(*^_^*)
実は私には息子の意思抜きの進路のことで野望があります(笑)
これ書いちゃうと関係者に個人情報バレてしまうかも?なので
書けないんですが、この進路のことで今からアレコレ悩んでいます。
野望は捨てて通勤しやすさ(親の送迎が楽チン、私は足が悪いんです)
を選択するか
遠方でも(送迎バスがあるか否かは不明)
大変な思いをしながらでも、野望を選択するか(笑)
悩みます!( ̄ー ̄)ニヤリ

2013/02/06 11:19
桃様
 野望、あるならばぜひかなえてください!多少無理をしてでも、と思えるのならきっといいことなのでしょうね。達成感は半端ないと思います。応援します!
tomoko
2013/02/06 11:22
わぁ♪ありがとうございます(^^ゞ
なんだかムクムク勇気がわいてきました。あ、ヤル気かな(笑)
野望、たいしたことじゃないんですが
私の夢です。
叶えたいです。



2013/02/07 10:05
桃様
 よかった。大変かもしれないけれど、少しずつ近づいていけるといいですね。毎日のやる気に繋げて、頑張ってください。
tomoko
2013/02/07 11:15
子供は幸せか…ご飯をたくさん食べてぐっすり寝ている。とりあえず悩みは無さそうだ。でも幸せ?難しい問題ですね。

息子は毎日嫌がらずに仕事に行く。給料明細をポイっと渡してきて、何が欲しいとも言わない。(本人にしたら紙っぺらですから)
何を目的で働いてるんだろう?としばらく考えて見つけた答えは、生活のリズムが狂わないって事でした。何曜日に何をする。何時にご飯で何時に帰る。そのことの繰り返しがこの子の安心出来る事であり幸せなんだなぁと。

その子その子に合った幸せが見つけられて、親亡き後も維持されるように、まだまだ課題山積ですね。
のん
2013/02/07 18:01
「幸せ」は本当に人それぞれですよね。
私も最近、福祉園の見学をはじめました。
一生過ごす場なんだなぁ…
すごく考えてしまいます。
今は、笑顔がいっぱいで過ごせる場所
を見つけてあげたい。
できることが少ない・
言葉を発しないわが子の幸せは
より多く笑顔でいられる場で生きていくことが、
この子にはいちばんの幸せなのかなぁ
と思うようになりました。
あと、親が何に誰に対しても素直で正直でいることでしょうか…
みま
2013/02/08 10:55
のん様
 生活のリズムが狂わないこと、それは絶対ありますね。こういう子達には。先がわからないということに感じる不安は親以上かもしれません。うちも、お出かけしたりおいしいものを食べる時は楽しそうです。本人にいちばん合った生活の場を探すこと、それが課題のようです。
tomoko
2013/02/08 11:48
みま様
 入所施設は、そこで順調に過ごせるならば、人によっては親との生活より長く過ごすかもしれません。そう思うと慎重になります。うちも言葉はありませんが、いい顔で笑っているとやはりこういう顔で生活していってほしいな、と思います。それが、親が安心できる場所でもありますよね。
tomoko
2013/02/08 11:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幸せって、なんだっけ 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる