障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 成人カウントダウン

<<   作成日時 : 2013/02/01 11:42   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 Kが通う施設を運営する法人が、利用者の成人祝いを兼ねた新年会を開催した。私もKを連れて参加しました。

 障害者にも地域の成人祝式典の案内は届く。でも、私が知る限りではあえてそちらに参加する人は少ない。特に重度の知的障害者の場合。
 
 付き添いは絶対必要だけど、少なくともうちの地域では成人式に親同伴はありえない。それ以前に、たとえ本人が迷惑行為をしないとしてもアウェー感しかないだろう。想像すらできないし恐ろしい。 
 
 招かれてはいるのだから、行かないのはこちらの意思なので「成人式にも出られない」と拗ねるのもまあアレだし。そこで、施設、もしくは支援学校同窓会の行事になるわけですよ。

 「今年成人を迎えた利用者の皆さんです。」と紹介される人達。振袖、ドレス、スーツ、紋付袴、それぞれに着飾って誇らしげだ。記念品贈呈の時に写真を撮りまくるお父さんお母さんも真剣。
 おしゃれをしてきれいになるのが嬉しい、という気持ちがある子はいいな。多少きゅうくつでも我慢して、写真スタジオでポーズをとってくれるから。

 Kは来年この晴れ舞台に立つ予定だが、さてどうしたものか。それにあわせて普通の大人スーツを作る、ということは決めているが・・・それを着せるだけじゃつまらないような。ああ、また私の悪い癖が。
 でも、知的には幼児のようであっても「大人」になるのだ。親の遊び心でパンクとかメタルとか、絶対にやっちゃだめ。今から心に留めておこう。

 幼児のような大人で本人はそういう式典の意味など理解はしない。ただ、育ててきた自分達には重い「節目」だ。
 おめでとう、ご苦労さん、やれやれ、どういう意味合いになるのか。いずれにしても、節目ではあるがゴールではないのでちょいと一服・・・くらいの感じです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
成人、自分たちからすると嬉しい反面複雑な気持ちにもなりますが・・・でも生きてこの日を迎えられる、震災で亡くなった方々のことを思うと、やはりおめでたい、ですよね。

成人式ファッション、個人的には「内輪なんだからはっちゃけてくれ〜!」と切望したいところですが(^^;)一応式典ですから難しいですよね。個人的にはカフスつきで「控えめ執事風」はいかがかと思ったりします。

ちえのすけ
2013/02/01 15:25
ちえのすけ様
 生きてこられた、成長できたことだけでありがたいと実感しますね。いろいろあったから、よけいに。成人ファッションははっちゃけたい誘惑はあるのですが・・・大人になるのだから、それなりに扱ってあげなくちゃ、とも思えて迷います・・
tomoko
2013/02/02 15:25
障害とか関係なく、男子の成人式に興味がありませんでした。女子は振袖命なので。
でもこの頃振袖が負担、レンタルでも高いという声を聞くのです。お母様の振袖があればいいのですが。
だから男子のスーツで小物に凝るというのが楽しい気がします。
我が家の振袖はタ〇シマヤ通販でフルセット袴付き19万8000円でした。卒業式にも着ます。
はーこ
2013/02/03 07:45
はーこ様
 女の子の方がおしゃれの選択肢が多くて楽しそうですね。紋付袴は絶対無理なので、スーツアレンジで考えたいと思います。
tomoko
2013/02/03 14:07
卒業した高校から、今年から成人祝いの会を行うと招待状が来ました。今週の日曜日、前から購入していた大相撲トーナメントの日、残念だけど欠席

自治体の成人式はもちろん欠席です。友達がいるわけでもなく、親が隣に座れる訳でもない。何とか席まで案内して貰っても、知らない人の間に挟まれて長い長い祝辞を聞くメリットが無い。浦安の成人式だったら違うけど(笑)

我が家では事前にスーツと礼服は購入してありました。写真館で記念写真を撮りに行こうかと思いつつ忘れてました スーツは他に必要で買いましたが、祖父母が予想以上に喜んでたのが嬉しかったです。少しだけ親孝行になったかな?
のん
2013/02/05 08:21
のん様
 成人おめでとうございます。自治体の式典は、付き添いが必要な人は難しいですよね。気兼ねなく出席できる学校や施設主催のもので充分ありがたいです。あ、浦安なら私も参加したい。
 冠婚葬祭で万能だった学生服ももう着られないし、やはり必要ですよね、スーツ。どんな感じになるか、ちょっと楽しみです。
tomoko
2013/02/05 11:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
成人カウントダウン 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる