障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS できる、わかってあげる

<<   作成日時 : 2012/11/23 11:29   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 前回を受けて。

 「できるようになった」時に別な意味で感動するのは、「介助される生活ならばできなくてもまあ可」なこと。こういうことって、しつこく教え込んだわけでもないのにいつのまにかやっている。

 ・食事中に食べこぼしたものを手元のおしぼりで拭く
 ・玄関や風呂のマットが斜めにずれていると直す
 ・裏返しに脱いだ靴下を表に返す


 性格なのかこだわりなのか。とにかく、教えたり指示したりしなくてもすすんでやる、ということはK自身の主張だろう。

 今になって思う。自己主張の手段がパニックや泣きぐずりしかなかった、それが「問題行動」といわれるものだったのだろう。なぜここで荒れる、とうんざりしていた原因が、実は玄関マットのわずかなずれだった・・・ということもあったかもしれない。やってくれない、わかってくれないなら自分で、ということならそれも成長だ。

 おやつが欲しい時にクレーンで私の手を菓子鉢に持っていく。DVDが見たい時にテレビに手を伸ばす。
 その要求に応えてやると、実に満足そうだ。「今はダメ。もう少し待って」と拒否すると、不満そうではあるがしぶしぶ従う。
 言葉ではなく身振りだから、わからないこともあるが自傷やパニックと違ってこちらもなんとか理解しよう、という余裕ができる。クイズを出されているようだ。

 そのかわり、要求がかなり強いものであった場合の粘り方もおぼえてしまったらしい。「ぜえっっったい、これが欲しい! あっちに行きたい! これは嫌!」という時に、頑として動かなかったり要求を繰り返したり。
 「どうせわかってもらえない」が、「わかってるくせに、なぜきいてくれないの」になったのかな。でも、ダメなものはダメ、という時は力づくでも阻止するし、それで折れてくれたりもする。それでも、意思のやりとりをしているという実感が嬉しい。

 Kの方も、「こういうふうにすればわかってもらえる」というコツを掴んだことでストレスが減ったのだろう。機嫌良く過ごしているのが普通になってきた。ただ、ノリがよすぎてテンションが上がった時のジャンプや高笑いはなんとかならないものか。いやいや、大荒れの頃を思えば微笑ましいものだ。そう思うのは親だけ、なのは承知の上。

 欲張り母の、「次にできてほしいこと」・・・ぶどうや小梅を食べる時、種や皮を一緒に食べない。
 できれば、でいいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
またまたコメントです(´∀`*)
うちは、うがいができないんです。
教えるのって難しい。
逆になんで?って思ったのは
ベッドメイキングー!いや、我が家は布団ですが
布団をキッチリ敷くことができます。
あげくに、私が病気で寝ていると
ズレた布団を直して、かけてくれるんです。
優しいのねぇ〜!と母はウルウルして
可愛いー!とデレデレしちゃいます。
が、本人はズレた布団が許せないだけなんですね(笑)

2012/11/23 19:54
桃様
 敷くことができる、というのは羨ましい。うちは、シーツがずれているのを気にはしますが「直せ」と親の手をとって要求するだけ・・・それでも「そういうことがわかる」だけで驚いています。布団をかけてくれる、もしうちの子がそこまでやってくれたらお祝いのパーティーをしちゃうかも。小さなことがひとつひとつ嬉しいですね。
tomoko
2012/11/24 14:17
はじめまして^^
我が家にも中3自閉症の息子がおります。
うちの息子も最重度なので、ウンウンと頷きながらいつも読ませていただいてます。

ぶどうの皮と種!確かに一緒に食べないで欲しいですねぇ。。
私が息子に望むことは鼻をかめるようになってほしいということ。鼻水が出ても吸うばかりで…いつまでたっても風邪がよくなりません。
Kくんは鼻をかむことができますか??
こだまま
2012/11/24 15:02
次に出来るようになって欲しいこと、、考えるだけでもワクワク幸せ(*^^*)。なんにしようかな〜。やっぱり、うちも、うがいかな、シャボン玉を吹けるようなるのもいいな、誕生日のローソクをフーっと消せるようになると楽しいな。その前にカンパイかな。あまり、生きていくには必要ないことばかり思いつくのはなぜだ!あ、忘れてた!手を洗えるようになってほしい!レベル高すぎ(^_^;)))
ケンママ
2012/11/24 16:55
うちもジャンプして手を叩いて「やったじゃん!」「すごい!すごい!」と喜ぶ姿って微笑ましいです。
でも、人目があるときはやっぱりですね。

10年前にタイムスリップ出来るなら、あの頃の自分に「大丈夫だよ」って言ってあげたいな。
のん
2012/11/25 16:16
こだまま様
 はじめまして。うちも、鼻はかめません。拭いてはくれるのですが、どう教えてもうまくかむことはできません。これまでのことを振り返り、何かの拍子にふとできるかも・・・と期待はしています。できれば儲けもの、くらいの気持ちで待ちたいですね。
tomoko
2012/11/25 19:25
ケンママ様
 ああ、うちもローソクは消してくれない!「さあ、フーって息を吹いて!」と促しているうちに火がクリームに到達しそうになり、誰かが代理で吹き消します。考えればまだまだできないことの方が多いですね。生きていくのに必要ではなくても、できたら楽しいな、と思えることを少しずつおぼえてほしいです。
tomoko
2012/11/25 19:30
のん様
 タイムスリップできるなら、自分を励ましたいですね。本当にそう思います。もうダメだこいつ、と何度も思ったけれど、それほどダメでもないよ、とか。だから、゜これから先ももしかしたらもう少しなんとかなるかもしれないという希望は持ちたいです。
tomoko
2012/11/25 19:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
できる、わかってあげる 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる