障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 卒後の健康管理

<<   作成日時 : 2012/05/31 11:58   >>

トラックバック 0 / コメント 12

 Kが支援校高等部を卒業して通所になるにあたり、心配したのは健康管理だった。
 学校であればたいてい新学期に入るとさまざまな「検診」がある。内科、歯科、眼科、耳鼻科ときて、検尿とか時に血液検査や心電図、脳波の検査も12年の学生生活の中で2回くらいあったかな。身長と体重は毎月測っていた。

 しかし。それらの検査にしたってすべてまともに結果が出るわけではない。
 心電図や採血は意外にもほぼ抵抗なしだったが視力は測定不可。じっとしていないから、身長や体重も多分正確ではない。体重はともかく、ひと月そこらでそうそう劇的な変化はないはずの身長が毎月2〜3pの誤差あり、ってどういうことなの。
 脳波だって、じっと静かにしていない、導入剤でも眠らない、すったもんだのあげくに「参考データ」くらいの測定値がでるだけだったりする。

 でも、そのおかげで不調を自分で訴えてくれない子の健康管理ができていたのだからありがたかった。しかし、各検診のあとで「要治療」の通知をもらった時の絶望感は半端ない。特に、歯科。

 Kのような子の通院・治療は、とにかく親の神経とかエネルギーとかをギリギリまですり減らし、消耗させる。一度歯医者に連れて行っただけで、もうお母さんのHPはゼロよー。

 「この子をお医者に連れていくでしょ。治療、会計、すべて終わって車に乗り込むと、もう全身から力が抜けて大きなため息が出て・・・精魂尽き果てる、ってこういう感じかしらね。」

 こんなふうに言っていたお母さんがいた。わかります、真っ白に燃え尽きた状態ですね。医者通いが始まると、それが週1〜2回、ひと月くらい続いたりする。
 
 心労でやせ細るかと思えばそうでもない。「あー、終わった終わった! よし、気力回復のお菓子でも買って帰るわよー!」・・・・ということになって、むしろ逆。あ、歯科の場合、治療中の子にもOKなものですが。

 今Kが通っている施設は、学校のように細かな検査はないが嘱託医による内科の健康診断と毎月の体重測定があるという。歯科の定期検診と投薬の副作用をみる血液検査は、親がかかりつけ医に連れて行くことにしよう。本人の落ち着き次第では泌尿器科で検尿も必要かもしれない。以前、ストレスで血尿出してたし。

 学校って本当にありがたかったんだな、と卒業してからしみじみ感じます。普通の子なら社会に出れば自分のことは自分で管理、基本的には自己責任だけど重い障害を持つ人はそうはいかない。

 障害者対象の歯科にはじめて予約を入れた。体も大きくなり、複雑な治療になった場合これまでお世話になった先生のところでは難しいかも、と判断したから。
 
 少し前、支援学校の先輩の「親知らず抜歯」という驚愕のイベントの体験談を、その人のお母さんから聞いた。家族総出で待機し、無事に終えたその瞬間へたへたと座り込んでしまったという

 うちはどうなるのかしら・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
健康診断、学校生活では有り難いシステム。そして結果を持ち帰った時の脱力感。゚(゚´Д`゚)゚。わかります、わかります!
歯の噛み合わせなんて、毎回引っかかる!矯正なんて出来るはずもなく、それでも毎回歯科医院へ。前回なんて口も開けてくれなくて車に戻った私が瞬間号泣・・・。なんでこんな思いしなくちゃならないのかなぁ〜って。

今月は脳波検査。ヘルパーさんを楽しんで、一緒に行ってもらいます。ずいぶんと気持ちが楽ですよッ☆
はっちゃく
2012/05/31 12:32
「この子を病院へ連れていって、すべて終わった時の脱力感…」
ああ、わかりますわかります(笑)ホントに、何もやる気が起きない、家に帰るのがやっと…ですよね。しかも帰宅後の通常お世話業務は待ったなしだし…。
ふお
2012/05/31 14:08
うちは耳鼻科がすったもんだです(^^;
歯医者さんは障害児専門の所に行ってるので
ほぼ問題ないんですけど
耳鼻科が町医者にかかってるので…

花粉症の時期になんて行くと
待合室は立つ場所も無い位。
そんな中を20キロ弱の暴れる子供を
抱っこして1時間待ち…(T▽T)
診察台に抱っこで一緒に座り
看護師さんから受付のお姉さんまで
総出で動かぬように拘束。
中耳炎だと毎日通わねばならず…
終わった後には精根尽き果てます

毎年、せめて花粉症の時期だけは
中耳炎やめてくれ、と祈っております。
今年は無事通過〜(笑)
リンコ
URL
2012/05/31 14:17
はっちゃく様
 うちも、「歯垢が目立ちます」だけで歯医者行ってね、の紙を貰った時は悲しくなりました・・・歯医者さんにも「大したことない程度だけどなぁ」と言われつつ歯石取りまでやって、親もクタクタになりました。苦行ですね。 
tomoko
2012/06/01 12:19
ふお様
 そうなんですよ、できれば帰ってそのまま寝込んでしまいたい・・・ってくらい、魂が抜けてしまいます。寝込むわけにはいかない、あれこれフォローが待っている。せめてコンビニスイーツでひと息つかせて、というのが罠ですね。
tomoko
2012/06/01 12:22
リンコ様
 うちは、まだ耳鼻科のかかりつけは決まっていません・・・うちの場合、歯科よりも難しい。口はあいてくれるけど、耳に何か入れるのは絶対ダメ。耳垢取りもずっとできていないのですが、耳鼻科の先生曰く「耳垢は、健康なら無理に取らなくてもほとんど心配ないんだけどね」ということなので今は様子見。でも病変があったら抑えつけて・・・ということになるんでしょうね。
tomoko
2012/06/01 12:27
わかりますー(^_^;)
息子も歯医者でいつも大騒ぎしています。営業妨害かと思われるほど叫びます!
治療中、どうしても体は動くし手も出るのでいつもネットされています。そのネットもだんだん破れそうになってきました。先輩のお母さんによると、そのネットで抑えられなくなったら100キロ離れたところにある大学病院を紹介されるとのこと。(>_<)母達はその紹介状を「赤紙」と呼んでいるそうです。(T_T)
もちもち
2012/06/03 14:45
もちもち様
 100キロは勘弁してほしい・・・ですよね。確かに赤紙です。全身麻酔で一気に治療という話も聞きますが、やはり怖いしできれば避けたい。「後でもっと痛い思いをしないように、なんだよ」ということを理解してくれないのはきついですね。
tomoko
2012/06/03 20:01
tomokko様

大切なことを忘れてました!
健康診断、昨年から受けてないです。トライアル採用が決まりましたが、特に健康診断は無さそう。
親知らずの存在も忘れてた!(本当に親知らずになる所でした) 自分もかなり痛い思いをしたので、プロレスラーを雇わなければならないですかね(⌒-⌒; )

でも、皆さんの体験談につい微笑んでしまいました。すみません
のん
2012/06/05 17:35
のん様
 自分の健康診断もつい忘れたり面倒になったり、ですが子供のはなんとか、と思います。うちも親知らず心配で・・・自分も痛いおもいをして抜いたので。はえない人もいると聞いたので、そういう「当たり」を期待しています。
tomoko
2012/06/06 12:08
施設では、その他多勢の一人みたいなもので、養護学校のように先生二人に生徒三人みたいな、細やかな指導や接し方を期待できない。私の息子は、健康診断でも医師や施設職員さんが汗だくで、かかりきりになる。とにかく手がかるとの医師からの苦情を言われる。今さらながら、養護学校のありがたみが身にしみる。笑顔が絶え間なかったし、言葉も数は少ないが出ていた。し、明るく積極的だったが施設に通所になってからは、笑顔が消えた。言葉が出なくなった。人格が変わったかのように癇癪を起こすようになった。大きな声を出して笑っていたのが懐かしい。突然の確認行動が始まった。自発的な行動が、パタッとしなくなった。信じられないほど無表情になり別人格みたいになった。
リンコ
2012/06/15 11:00
リンコ様
 息子さんは何かしら施設の生活にストレスを感じているのでしょうか。学校は重度の人にはほぼマンツーマンですが施設にそれは期待できないし、辛いところですね。うちもまだ本人・保護者・施設それぞれ手探り状態で、問題点をどうするか日々話合ったり要望したり、です。本人が自分の気持ちを語れたら、と思うと残念でなりません。
tomoko
2012/06/15 12:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
卒後の健康管理 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる