障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小児科卒業

<<   作成日時 : 2011/05/21 15:15   >>

トラックバック 0 / コメント 14

 高三で今年18歳。体調を崩した時に小児科にお世話になる年じゃないよな、と考えていた。
 ずっと主治医だった小児科は、時折大人の外来患者も見かけるし事情をくんでくれると思う。でも、待合室で一緒になるのは子供ばかり。

 こちらが特に迷惑をかけなかったとしても、「ちょっと変わってる、と思える対象」に向けられる子供の視線は容赦ない。また、「あそこには時々妙な人が来る」みたいな話が悪い方に捻れる可能性もないとは言えない

 何を卑屈なこと言ってんの、第一それを考えたら普通の内科だって一緒だろ、と思われるかもしれない。でも、私はそう思えない。

 挙動不審ではあっても子供ならまだわかる。でも、いい年の大人。幼な子を持つ親の警戒心を甘く見ちゃいけない。理解できない相手にはけっこう厳しい。

 それに比べれば、平日の内科医院の外来待合室の多数派、酸いも甘いも噛み分けた人生経験豊富な後期高齢者の皆さまの、「あ、そういう人ね」とすべて察してくれるぬるい視線はありがたい。時には優しい言葉もかけてくださる。
 居場所としては、こちらを選択したい。

 そんなことを考えていたところに、Kが発熱した。さて、どこへ連れていこう。

 いくつかの候補の中から、割と近場で夫も時々行っている某内科医院へ。看護師さんの対応も優しいし、待合室も適度な広さで穏やかな高齢者の皆さまの反応も予想どおり。待ち時間もまあこんなもの、さて肝心の先生は・・・

 問診などはごく普通の穏やかな対応だった。発熱の経緯を話すと、「うーん、一応やってみるか」とインフルエンザの検査をすることに。
 「はーい、大丈夫よー」と鼻の奥に例のアレをごにょごにょ。結果、B型と判明したわけだがその時の先生の様子がもう、なんというか。

 先生「うわー、大当たりだね!インフルB!間違いなし!」
  私 「えーっ、予防接種したんですよーっ」
 先生「いや、今わりとぼちぼち流行してるんですよ。(検査キットの反応部分をさして)ほら、ここ、くっきり出てるでしょ? うん、お見事!・・・ね、よかったらこのキット、記念に持ち帰ります?


 いや、私別にあれこれ記念日作るのも好きじゃないし。・・・って、先生、なんか楽しそうじゃないですか
 しかし、その妙に明るい対応が全く不快に感じられない。それどころか、ちょっと励まされているような気さえしてくる。

 実は、連休が終わったと思ったら原因不明の発熱(インフルという発想はなかった)で早退、多分また何日かお休み・・・という状況にちょっと落ち込んでいた。でも先生の言葉を聞いていると、気持ちが「そうか、インフルか!よし、原因はわかった、先は見えたぞ!」みたいな、ポジティブな方向に向かう気がした

 あ、ノリに引き込まれただけかしら。それでもいいけど。
 「よし、頑張ったな。ゆっくり休んでね!」という言葉に送られて診察室を出た。

 またお熱が出たらここに来ようね。Kにそう話しかけたら笑っていた。体温39度なのに。

 登校許可の書類を貰いに行った時も、「よかったねえ、もう学校行けるよー」と笑顔で話しかけてくれた。
 またひとつ、Kを受け入れてくれる場所が増えました。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!楽しく読ませていただきました。私も病院の事は考えたりしていたんですよね。小児科って何歳まで?とかわからないし。
いつも行っている小児科ではつぶらな2歳児のまっすぐな視線に「お兄ちゃんうるさくてごめんね」なんて、気を使ってみたりして・・・だってかれこれ1・2分は見つめてくるんですもの。「なんか変でしょ?」とは言えないし(言えるけど相手が困るでしょうしね)うちの子も慣れ親しんだ小児科だけど、チェンジしてみようと思います。K君みたいに楽しい先生が見つかるといいなぁ・・・
hiroco
URL
2011/05/23 13:06
今は少子化が大きく取り上げられているのも一因かもしれませんが「いつでもどこでも育児中の親子が優先されるべき」の風潮があるような気がします・・・。

うちはまだ掛かり付けの小児科に通っていますがそこは内科も兼ねているので、診察を受けるならお年寄りの多い朝の時間帯を狙っていきます(笑)
ただ心配なのは、良い医師にめぐりあえてもその先生が年配であれば十年後が不安だったり。
病院探しは悩みますね〜。
もよこ
2011/05/23 14:13
内科デビューおめでとうございます〜〜〜(^^)
いい雰囲気なお医者様で良かったですね♪通い慣れたところを換えるのって、大人でも勇気がいりますものね。
でもその明るさ(^^;)なんか、商店街のくじ引きにて「一等ハワイ旅行大当たり〜〜〜」って言われた的な感じ?明るくて面白い先生なんですね。

親の警戒心・・判ります〜。人間もやっぱ動物、子連れの熊が怖いって言われるのと同じです、いわゆるメスの猛々しさって妊娠中からありますよね。
高齢者の皆様に暖かく見守られて・・いいですね♪でもなるべく健康でいられることをお祈りします。。
ちえのすけ
2011/05/23 14:50
いい先生にめぐり合えてよかったですね〜〜!!そういう時ってほんとに宝くじで1000万円くらい当たった気持ちになりますよね^^(当たったことないけど^^;)
実はうちの息子も先々週の土曜日に内科デビューしました。
以前通っていたところが小児科しかなかったし、かなり高齢のおじいちゃま先生だったので。
新しい病院は小児科も兼ねているので、小さな子の「このお兄ちゃん、なんか変」という強烈な視線はありましたが、先生や看護士さんたちがとても丁寧で障がいのことを分かってくださっていたので、とても安心して受診できました。
ほんと、病院探しは一苦労ですよね。

ともこさんもお兄ちゃんもお疲れさまでした〜〜!
奈々子
2011/05/24 12:53
hiroco様
 やはり子供の視線ていうのは、素直でまっすぐな分どうしたらいいのやら迷います。スルーできるケースが多いけど、小学生くらいになると思い切り嫌悪感をあらわにしてくれるお子様もいますしね。病院通いはいつも悩みの種です。
tomoko
2011/05/24 13:16
もよこ様
 子供は大切に、でも障害児を育てているとその子が大切にされていたように思えないです。少子化対策は納税者になる健常児が対象だ、と言われれば何も言えない・・。
 いいお医者様に巡り合えると本当にほっとします。これから先、あらゆる面での健康管理を思うとまだまだ不安はいっぱいですね。
tomoko
2011/05/24 13:26
ちえのすけ様
 本当に、一瞬「あ、何かいいものが当たったような気がする」とか思ってしまいました。元気をわけてもらったようで、なんだか嬉しかったです。
 こういうご時勢だし「危なそうな」人がいたら親は警戒しますよね。その小児科にご迷惑をかけたくはありませんでした。そう、できればせめて若いうちくらい医者いらずの健康体でいてくれればいいな、と願っています。
tomoko
2011/05/24 13:31
奈々子様
 いい病院がみつかってよかったですね。スタッフが皆優しくて理解があるのがいちばんです。絶対病院の世話にはならない、というわけにもいかないのでなんとしてもいざという時頼れるところは作っておきたい。宝くじの当たり、まさにそれです。欲をいえばもう少し当たりが多ければなー、と思うのですが。
tomoko
2011/05/24 13:39
ご無沙汰しておりました。我が家の息子も高校3年生。きがつけばほとんど大人です。しかしながら未だに総合病院の小児科にかかりつけの先生もいるので何かあると通ってます。
それがいいのか悪いのか、とにかくその先生だと早く直る気がするんです。いつもでいっていいのかなあ・・・
ちなみにウチの弟もこの春から高校に進学しましたよ。
イソップ
2011/05/24 22:35
おおお〜っ!B型でしたか!
昨日息子11歳のクラスメイト(我が家の真下にお住まい)がB型認定で一週間登校自粛になったところです。東京とバンコクが繋がっているみたい、といいますか、玄関先ということでは間近ですもんね〜。ともあれ、即時対応速攻解決?で何よりでした。人当たりの良い先生に巡り合えてよかったですね。

2011/05/25 00:24
素敵なお医者様に巡り合えましたね♪
私も近所にかかりつけ医を見つけたいのですが
軒並みバリアフリーではなく…
唯一車いすで入れるのは整形外科のみ(笑)
仕方なく重症化した時は片道40分かけて
大学病院の救急へ。
そうでない時には同じく片道40分かけて
療育センターの小児科へ。
ここも高等部を卒業したら通えなくなります
ハード面だけではなくスタッフの方や
お医者様も素敵な内科、これからも探し続けます♪
きっといつか見つかる希望が持てました
リンコ
2011/05/25 10:41
イソップ様
 お久しぶりです。卒業の日なんてあっという間にきてしまうのでしょうね。子供がすべて義務教育を終え、普通ならこのへんで子育て一段落、なのでしょうがそうはいかないので自分の健康管理も手を抜けないです。
 お互いに納得しているなら慣れたお医者様に診ていただくのがいいのではないでしょうか。変化に弱い場合、何かを切り替えるタイミングは本当に考えてしまいます。
tomoko
2011/05/25 11:07
つ様
 バンコクのあの暑さで高熱が出る、というのはかなりしんどいのでは・・・息子さんも流行に巻き込まれないといいですね。予防接種もさすがに5カ月たってしまうと効果が薄れるらしいです。この次あの先生にお会いするのは夏風邪かしら。
tomoko
2011/05/25 11:11
リンコ様
 療育センターの小児科・内科はこちらにもあるのですが、やや遠いこと、また本当にそこでなければダメ、という子もいるし、できることなら街の医院で、と考えて決めました。
 障害そのものに関わる症状ではない、風邪とかの一般的な病気の時に気軽に連れていけるところはやはり欲しいですよね。個人の開業医院でバリアフリー部分まで配慮してくれる、というのは難しいのでしょうか。あれこれ考えつつ、の病院探しは難しいですね。
tomoko
2011/05/25 11:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小児科卒業 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる