障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS お利口になるってのは

<<   作成日時 : 2010/08/19 12:28   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 ・・・・扱いにくくなる、ということ。わかっているんです。
 自我の芽生えとかやる気のはじまりとか、子育て経験者なら充分理解できること。

 ただ、そういうレベルの成長を高校生になってから示されたらどうするか、というのは育児書には載っていなかった。かなり戸惑っています。

 そりゃ、嬉しいですよ。でも、「あらあら、お利口になったのね」なんてニヤつく半面、なんて面倒になったんだ、とも思ってしまう。

 できないことの方が多い、絵カードや写真にも反応せず模倣もしないからコミュニケーションが取り難い、あまり動かない。
 自分の意思で動き、またその気持ちや要求を伝えるということもあまりなかった。教えても教えても。

 しかし、裏を返せばこれは、障害児としては実に扱いやすいタイプではあったのだ。わかってはいたが、今になってしみじみ実感しています。

 とにかく、自己主張が実にはっきりわかるようになった。

 おやつが欲しい。
 遊んでくれ。
 靴下をはきたい。
 DVDを見せろ。
 エアコンをつけろ。
 暑いからシャツを脱ぐけど、いいよね?答えは聞いてない!
 

 こちらの手を引いたり、菓子袋やDVDの箱を持ってきたり、靴下を出してきたり。

 それだけなら、単純に成長を喜ぶだけのこと。問題は、それがしつこいことと、ダメ出しになかなか応じてくれなくなったことなのだ。

 しつこい、というのはこちらが覚悟して対応すればいい。しかし、「ダメな時は絶対にダメ」を納得させるのに、これまでの10倍くらいの根気が必要にになってきた。

 このクソ暑いさなかにまったくもう・・・ではあるのだが、成長の証である、ということの他に明るい要素がある。

 「ダメ」を通しても、自傷や癇癪で不満を表すことがほとんどないのだ。あくまで今のところ、だが。

 不安定になることもある。しかし、自傷になる前に安定アイテムのヘッドギア等を自分から要求して落ち着こうと努力している・・・らしい。自分の気持ちを自分の中で整理している、と言えなくないか。偉いぞ。

 自分の気持ちや要求が伝わることが増えた、ということが、なんとなくわかってきたのかもしれない。
 可能性は、さらに広がるのではないかしら。・・・・遅い、といわれても仕方ない年齢ですが。
 
 「ダメ」を納得させるために必要な、親の精神力とか気迫とかも半端ではない。エネルギーも使う。
 「自分で」という気持ちが、結果として物を壊すとか汚すとかのいたずら被害になることもある。

 何かを伝えたい、要求を通したい、訴えたい。
 そんな意思がやっとしっかり見えてきた。こちらもしっかり受け止めなければ、と思います。

  ここまで書いて、ふと思うところがあり以下にここで4年ほど前に書いた記事の一部を引用します。
 

  「できることは多いが問題行動も多い障害者と、何も出来ないが従順・無抵抗な障害者。どちらの方が生きやすいですか。」

 これは、自分がブログを始める前から愛読していた某重度自閉症児のお母さんのブログのコメント欄に書いたことです。そのお母さんの答えは。

 「無抵抗で従順で何もできない人?(そういう人は) 虐待を受けることも多いのではないでしょうか。」

 目からウロコが落ちた・・・つもりだったのですが。

 障害の重さと生きやすさ、生きにくさ。何をもって何を測るのか。

 人のプライドとか、差別とか、生きがいとか。 何もかも、いったい何なのだろう。 考えなくても楽しく生きていけそうなことを、Kを育てている、ただそれだけで嫌というほど考えさせられる。楽しいことの方だけ見ていようとしても、強引に顔をそちらへ向けられる。

 見てしまうと、目をそむけることはなかなかできないものですね




 就学時からずっとKを見てくれている学童クラブの指導員さんに、「最近妙にお利口になっちゃって・・・」と話したところ、

 「K君は、昔からずっとお利口でしたよ」と笑って答えてくれた。ちょっと嬉しかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの子は今小4ですけど「これから先もずっとこのままなんだろうなぁ」と漠然と思いながら子育てしています。
でもK君のように高校生になって、精神的に成長しているというお話を伺うと、妙に励まされた気持ちになります(^^)
子供の可能性を信じて、なんて表面上はきれいごとを言っていても、心の底では「どうせ」とネガティブシンキングをしていたりして…(笑)
一つできる(伝える)ことができるようになって嬉しい反面、それに伴う困ったことを解決するのに労力を要する。障害児の子育てはこれのエンドレスなんでしょうかねぇ(^^;
リンコ
2010/08/20 15:47
うちも今、おとなしく従順→魔の3歳児並の自己主張を見せ始めています。3歳児と違って身体はデカいので始末に悪い^^;
この調子だと「わしゃまだ夕飯食べとらん」な認知症の方のお世話もできるんじゃないかしら、と最近思ったり!
投稿エラーが続いちゃったので、コメントだぶったらごめんなさい。削除して下さいね。
咲冬
2010/08/20 16:31
リンコ様
 私もずっと思っていました。この子がトイレに自分から行く日なんて絶対にない、箸で食事なんて一生できない。でも、気が付いたらそれをやっている。いまだにちょっと信じられないです。「必ず続けてください」と言われたことを仕方なく義務のようにやっていた、それも無駄ではなかったのでしょう。なんにせよ、積み重ねは奇蹟(?)を呼ぶ、今度はそう信じてみようと思います。
tomoko
2010/08/20 20:00
咲冬様
 そう、3歳児ならまだしも体が成長しているので力で勝てないというのがいちばんキツいです。中高校生くらいまでに言葉の指示が伝わるようにしておいて、と昔言われた意味を実感しています。それでもやはり体力は使いますね。
 あ、コメントはだぶっていませんでしたよー
tomoko
2010/08/20 20:07
認知症の祖母の介護、一番大変だったのは、
なんでも出来て
かなり判っていて、
でも「あたしはこうしたいのよっっ!!」
っていう時期だったように思います。
行きたいとなれば、いま使われていない山道ふみわけて自分の実家に里帰りしちゃっていましたからねえ。なので、なんとなくお気持ち判るように思います。
認知症は後退していきますが、Kくんはこれからもっと進歩して、よりコミュニケーションがとれるような方向にいくと思いますよ〜、「一生勉強」はみんな同じだと思います。お互い諦めないで、ぼちぼちいきましょうねえ。
ちえのすけ
2010/08/20 20:12
ちえのすけ様
 一生勉強、多分そうなるのでしょうね。で、親は「一生子育て」。体力や健康の続くうちは、付き合っていくしかないようです。ある意味、若さを保つ秘訣かしら。保ってませんが(笑)。
tomoko
2010/08/21 20:06
あぁ・・・海よりも深く共感できるような気がします。我が家もまさしく葛藤中でございます。「自分本位の自己主張」「中途半端に自分でできる」の何とも手のかかることったら。あんた何様?とブチ切れそうになりながらも、大切にしなければならない成長段階なんだろうなぁ・・・と、あの手この手でコミュニケーション?しています。言葉の意味は分かっているはずだし、聞こえているはずなのに、「聞こえないも〜ん、わかんないも〜ん(嫌だも〜ん??)」の連続技された日にゃ・・・うりゃうりゃ〜と技かけたくなります。
それにしても、K君、自分から落ち着ける方法を模索できているところが、かしこくもあり、ありがたいですね。
ところん
2010/08/22 16:41
ところん様
 まさに「あんた何様?」状態ですよ。でもね、爪切り持ってきて足差し出されたら、偉そうに、と思うと同時に「自分がされてきたことの意味を理解していた」という事実に対する感動もまたあります。ブチ切れそうになったり感激したり、親の方もまた慌ただしい夏でした。本当、大切にしなければならない成長段階なのですが、幼児の頃にこれだったら可愛かったろうな・・・とかつい考えてしまいます(笑)。
tomoko
2010/08/22 20:13
答えは聞いてない!が妙にツボでした。
自閉症児者も様々ですよね。
今うちのは7歳だけど、将来のことって全然イメージ湧かないし。
ところで、冬にもWとオーズの映画があるらしいですね。
来週の最終回、もしかして、「続きは映画館で!」にならんといいななんて思ってます。
ボウズ母
2010/08/23 08:26
ボウズ母様
 高等部に入学すると、保護者が真っ先に書かされる書類が「10年後、30年後、50年後、お子さんにどんな生活をしていてほしいか、またそのためにはどうしたらいいか、それぞれ書いてみてください」なんですよ。もう、自分が多分この世にいない頃まで想像しろと。それくらいのことまで考えておかないとこれからキツいよ、という警告だったらしいです。障害児の親は死ぬまで保護者、かな。
 この間のテレビのWでもう涙、ですよ。「続きは・・・」ということになったとしても、ディケイドでさんざん叩かれてるからあそこまで酷なことはしないのでは、と。来週の最終回は、ハンカチ用意して待機します。
tomoko
2010/08/23 20:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お利口になるってのは 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる