障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 聞き書き支援級

<<   作成日時 : 2010/05/27 12:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 Kの就学前に一度だけ地元の小学校の支援学級(当時は特殊学級)を見学に行ったことがある。まあ参考のため、くらいの軽い気持ちでした。

 当時在籍していた子は高学年で、身辺自立はもちろん簡単な読み書き計算もでき、徒歩で自力通学もしていた。また、話を聞く中で「身辺の自立がてきていない子はちょっと・・・」みたいなことも出てきた。はい、それはもう了解しておりました。

 初めて見た特学の教室はこじんまりしていて、さまざまな学習教材が置かれていた。それが普通学級のものよりやや華やかで、いかにも子供の興味を引きそうなデザイン。
 
 普通学級にはない物もたくさんあった。幼児向けの遊具のようなもの、ゲームボード、運等補助具(?)のようなもの。見ようによっては幼児向けのプレイルームだ。

 担当の先生によると、昼休みなどに普通級の子供達が遊びにくることもあるという。あれこれいじりつつ、特学在籍の子となんとなく交流したりもあったらしい。

 私が小学生の頃の特学は、なんというか謎、だった。教室も一般校舎と少し離れた場所にあり、どんな活動をしているのかも全くわからなかったし。

 だから特学に普通級の子がよく訪れるという話は新鮮だったし、その後その小学校に入学した弟君によれば交流級で授業を受ける機会の多い子もいたようだ。

 そういえば、私が小学校低学年の頃。
 まるで離れのような当時の特学の教室前を通った時、「先生と生徒がお菓子を食べている」という場面を偶然見た。調理実習などを除けば小学校で給食以外のものを食べるという場面はほぼなかった時代、ちょっと異次元空間に見えたことを憶えている。

 ただ、なんとなくではあるがそのまったりした雰囲気に魅かれるものはあった。休み時間に特学の教室を訪ねていた子供達の気持がちょっとわかるような。

 しかし、現在弟君が通っている中学では支援級と普通級の交流はほとんどないという。やはり中学生になると勉強が主体の学校生活になるせいだろうか。

 中学の支援級には時間割の中に普通級にはない「作業」という科目があるらしい。園芸や手工芸のようなことをやりつつ「ひとつの仕事を目的意識を持って継続する」力をつけるのだそうだ。数学の時間はいつも時計の読み方とお金の計算、ということもあるという。 

 卒業後に見据えているものがそもそも違う、ということかもしれない。
 支援学校高等部、作業所、障害者枠での就職。
 
 ちなみに、これは知的障害対象の支援級の人に聞いた話で、軽度発達障害などが対象の情緒学級と呼ばれるところでは普通高校への進学なども考えた指導がされているようですが。
 
 Kの就学当時は、支援学級(当時の特殊学級)は親も周囲も選択肢にすら入れなかったのであまり考えることはなかった。ただ、Kが通っていた支援学校の後輩が、昨年地元小学校の支援学級に転校していく時、お母さんの不安などいろいろな話を聞いたので。
 先日その子に久しぶりに会った時、ずいぶんと大人びた顔つきになっていて驚いた。頑張っているようで安心しました。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの特別支援学級は交流もわりと盛んで、よく普通クラスの子たちも遊びにきます。毎年来る子供たちのメンバーも変化し、息子が2年生のときには、六年生たちが支援級1年生の子をすごく可愛がっていて、まるで弟の面倒をみるように接していましたよ。
私も自分が小学生のときには「謎の特殊学級」的な雰囲気でしたが、同級生が二人いて、何度か遊びにいきました。大きなトランポリンがあって、飛びすぎて頭から落ちたのを覚えています(^^;)痛かったっけなあ・・・
ちえのすけ
2010/05/27 13:36
ちえのすけ様
 昔の特殊学級は本当に謎、でした。私のいた学校では交流などほとんどなかったです。でも、今はできるだけ交流するように配慮してくれるらしいですね。きっと、お互いにいろいろなことを吸収し合っていると思います。 
tomoko
2010/05/28 12:54
私の時代もそうでした。
でも、去年まで長女が通っていた支援学級は
お友達が遊びに来てくれたり、なぜ支援学級に通うか、とか年一の授業などをしてくれていました。
今年は転校してしまったのですが、
聞くところによると今年は廊下を走る子が
去年より増えたり、遊びに来てくれてた子が
いじめられてたりしているそうです。
支えられてたり、支えたりの支援学級だったのかな、と思います。
はるな
2010/06/01 22:26
はるな様
 一般のクラスの子たちとの交流はいちばんのメリットだと思いますが、単純にうまくいくとは限らないしいろいろな場面で学んでいくものなのでしょうね。昔のように同じ校舎なのに隔離状態、よりは得るものも多いのではと思います。支えられたり支えたり、が続くといいですよね。
tomoko
2010/06/02 11:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
聞き書き支援級 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる