障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 指示待ち障害児(後編)

<<   作成日時 : 2010/03/08 11:49   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 前回の続き。

 高等部の指導は甘くない。厳しくて現実的だ。

 先生「卒業してどんな場所に行くとしても、現状では個々の利用者に日常生活の細々したことをすべて指示・介助してくれることは期待できません。親御さんの理想どおりの支援が望めるとは限らないのです。今からでもいい、改善指導が必要です。ご家庭でも協力していただけますか?」

 そのとおりです。わかっては、いるんです。
 それではどうしたらよいか。とりあえず手始めに、先生は学校でKの判断力を観察してみたそうだ。

 先生「朝教室に入った後、わざと何も指示せずにK君の動きを見ているんです。しばらくじっとしていたかと思うと鞄をあけて連絡帳を出したり、時には制止されないな、と悟って絵本を出しに行ったり。次は何をするかな、と思ってみていると、微笑ましくて楽しいんですよ(笑)。」

 そして、いけないことは制止するが基本的に自主判断を尊重し、自分から要求することがあれば応じてやる。
 「次に何をすべきか」はわかっているはず、ならば最低限のきっかけだけを与えて見守る。そんな日々らしい。

 さて、家庭でできることは何か。

 先生「たとえば、入浴後に服を着る時にその指示を待っているようでも手を出したり言葉で指示したりせずに少し様子を見てください。待ち続けていたら、服を指差したりしてきっかけだけ与えてください。」

 情緒の安定が何より優先されてきた結果、基本的なことがまだ完成されていない。
 不安定な時には流血騒ぎ、という有様なのだから仕方なかった。

 そう思うことで、親としての自らの不甲斐なさに対する憤りを抑えている。

 先生もまた、入学してしばらく大荒れだった頃にそれを抑えるだけでいっぱいいっぱいになってしまったことを自らの力不足とまで言い、詫びてくれた。
 あの状態で学校生活を送らせてくれた、いろいろ工夫もしてくれた、それだけで感謝こそすれ学校に落ち度があるなどと考えたこともないのに。

 遅れてしまった、でも間に合うかもしれない。いい方向に向かう可能性が残されているなら信じたい。諦めたらそこでおしまいなのだ。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
個人的には「情緒の安定なくしてその上に様々なスキルの積み上げはありえない」と思っています。スキルを詰め込もうとするあまりに情緒を無視し、子どもに負担をかけていることに気づかす、後で子どもが大爆発・・ということをいくつも見聞きします。
遅れてしまった・・・ではなく「今がその時」なんだと思います。積み上げてきたものが生かされていくと思いますよ〜。
ちえのすけ
2010/03/08 12:21
ちえのすけ様
 >「情緒の安定なくしてその上に様々なスキルの積み上げはありえない」

 そのとおりなんですよね。実際、荒れている時に無理はできないです。まわりもそれをわかっているから、ちょっとでも安定した時にスキルをいれるようにしてきたのですが・・結果的に歩みは遅れました。でも、確かに積みあがってはきたな、という実感はあります!これから、ですね。
tomoko
2010/03/09 11:35
複雑です。我が子のことで恐縮ですが、親として、やはり、成長を促す働きかけをしていきたい、と思い、担任の先生にこんな写真カードを作ってみました、予定確認用カレンダーを作ってみました、など、わからない頭をしぼり、考えてみたことを相談しても、それはいいですねぇ、それもいいですねぇ、がんばってくださいね、と深く突っ込まれることなく、ダメ出しされることもなく、自分だけ試行錯誤して頭抱えてる毎日で…
だんだん、私の頭がこんがらがって来てます。
今の成長段階での優先的な働きかけが、まるでわからなくなって来てしまっています。
情緒が安定してるのに、現状維持をずっとしてるだけの状態に焦り…です。
すみません、うらやましいなぁ。
みま
2010/03/09 21:12
みま様
 私もまだまだ「これでいいのだろうか」と迷うことがいっぱいです。学校と家庭の連携をとりたいと思っているのに空回りしているように感じる、ということでしょうか。何かの機会に、先生のお考えは、とじっくり伺ってみてもよいかと思います。私個人の経験ですが、学校や療育先とは、ある程度「ぶっちゃけた話」ができる関係を作らないとなかなかまとまらないな、と感じています。
 焦らずに、特別なことではない毎日の生活の基本を淡々と積み重ねてながらいい答えが見つかるといいですね。
tomoko
2010/03/10 11:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
指示待ち障害児(後編) 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる