障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS いつも、一大決心

<<   作成日時 : 2008/11/17 11:46   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 そろそろ、行かなくちゃ。でも、Kがずっと不調だったために先延ばしにしていた。
 歯医者さんでの定期検診。

 春の学校での検診の他に、早期発見と歯医者さんの感覚を忘れないように、ということで年に1〜2回行っている。いつも行く歯医者さんの先生も理解があり、衛生士さんや受付のお姉さんもあたたかく接してくれる。
 それでも、やはり敷居は高い。

 予約の電話をいれる。その時点で精神的に安定していたとしても、数日後の予約当日にはどえらい状態になっているなんてよくあることだから、覚悟しておくこと。

 連れて行く。 待合室で待つ。混んでいたら注目の的だろうな、という覚悟もしていく。
 きちんと口をあけてくれるか、パニックにならないか、うがいはできるか。ハラハラしながら傍で見守る。
 
 ずっと緊張MAX状態。

 さらにそこで「虫歯がありますね。」とか言われたら・・・しばらくの間、そういう状態を繰り返すことになる。気が遠くなりそうだ。

 「大丈夫ですよ、虫歯も異常もありません。」と言ってくれた時の先生には、神にも等しい後光がさしておりました。
 医院の外へ出た瞬間、深い安心のため息を吐く。いつものことだ。

 歯医者に一回、ちょっと行って口の中をみてもらう。それだけのことでこれだけの気苦労がある。
 帰宅後、どっと気がゆるんで「K君、おりこうだったね。よーし、いっしょにケーキ食べちゃおうか。」

 ダイエットなんて、無理。

 関連記事 「障害児と歯医者さん」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
>ダイエットなんて、無理

つまりそういうことなのですね。(笑
神経が痩せると体は逆に…分かるような気がします。というか実感します。

2008/11/18 08:47
わかりますー。
私は電話をかけること一つで数日かかります。
なんかいちいち精神力がいるような…。
naru
2008/11/18 09:44
わかります〜!
その上、おやつ食べ過ぎの娘に少しでも食べさせまいと、「ちょうだい」サインして分けてもらい私も食べる・・・ダイエットなんて無理!
ところん
2008/11/18 11:31
つ様
 神経の消耗で痩せるとしたら、私いまごろガリガリだな、と思うのです。でも実際はそれを癒そうとして甘い物・・という罠にいつもはまります。うまくいかないものですね。
tomoko
2008/11/18 15:11
naru様
 私も今回「そろそろ予約を」と考えてから実際に電話するまで二週間かかりました。受話器を持った時の緊張といったらもう・・・
 一歩ふみだす決心がつくまでが長いんですよね。
tomoko
2008/11/18 15:14
ところん様
 子供のおやつもある程度セーブ、でも全くあげないわけにもいかない、あげるとちょっと横から一緒につまんでしまう。大人気ないとおもいつつ、やってしまうこういうことの積み重ねもよくないですね。わかってはいるのですが・・・
tomoko
2008/11/18 15:17
はじめまして。実は最近こちらのブログを全部さかのぼって拝見させてもらってハマってしまいました。本当に文章が上手くて引き込まれてしまいます。私の第2児は先天性の心疾患で一生手術や薬と付き合っていかなければいけません。 正直出産直後はかなり落ち込み「脳の障害よりまし」と自分をなぐさめたりしていました。最低ですね。でも、色々と病気の事がわかってくるとずーっと命の危機を気にして生きていくことが辛くなって、知的障害児の子供は大変だけど命の心配はいらないんだよなぁとか思ったりして。そんなときこちらのブログに遭遇したのです。とにかく、うまく言葉で表現できないけど、まだ先天性のものを受け入れるには時間がかかるんだと、この訳のわからないモヤモヤした自分を変えるのも、もう少し時間がかかるのだと。 なんかわけのわからない文章でごめんなさい。最近は、新聞等でも障害者や福祉の記事などに目がとまり、真剣に読むようになりました。以前は目にも止まらなかったのに。まずは、関心を持つこと。ともこさん、尊敬してます。変な文でごめんなさい。




みどり
2008/11/19 11:36
みどり様
 ありがとうございます、こそばゆい感じです。
 「障害ってその種類とか重い軽いじゃない、あるかないか、だと思う」っていう、ずっと昔育児雑誌の投稿文で見たどこかのお母さんの言葉がずっと頭から離れないんです。いろいろな人と会い、ああそのとおりだ、と思いました。
 じゃあその「ある」と「ない」はどこで決まるのか、最近はそれすら曖昧なようです。でも、「ない」人々に「ある」人々のことをもっと知ってもらうことはやはり大切ですよね。頑張りましょう。
tomoko
2008/11/19 13:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いつも、一大決心 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる