障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 知的障害者への暴行事件

<<   作成日時 : 2008/08/23 15:14   >>

トラックバック 0 / コメント 20

知的障害者ねらい暴行、恐喝…少年グループ逮捕
        
  参照先 2008.8.22 12:00MSN産経ニュース

 こういう事件を知っても、既に差別だとか許せないとか声高に叫ぶ気になれない。あ、そうですか、という感じ

 弱い者を攻撃するというのは、なんというか人の、というより動物の本能の部分なのかもしれない。だから、そのこと自体に対して今更言いたいことはない。
 ただ、そういうことを隠そうとしたり、いけないこととして自他を戒めるのが「普通の人」の常識であり、そうすることによって社会は円滑に動いていた。

 そんな常識が少しずつおかしくなっていることは誰もが感じていたと思う。この事件の被害者である「知的障害者」の部分を、老人とかホームレスの人とか子供とかに置き換えればそんな事件はしょっちゅう耳にする。

 ただ、目を引くのは記事の終わり、「自分より弱そうな相手を選んだ」と容疑を認めているが「身体(障害者)をいじめて何が悪い」と反省の態度はないという の部分。

 本当にこの加害少年がそう思っていたとしよう。そして、この報道も事実として、の話だけれど。
 逮捕までされてからこのような言動をするのは何故なのだろう。

 反省なんかしていない、それもそうだろうが、こういうことを言ったことがその後の自分やその処遇ににどんな影響を及ぼすか、ということを全く想像しないのだろうか。
 親兄弟のこととか、逮捕や新聞沙汰という超非日常に足を踏み入れてしまったことへの「やっちまった」感とか後悔とかはどうなのか。

 そういうものが、全く感じられない。

 これまでも、通り魔事件などで「被害者への謝罪は無い」などと伝えられた加害者はいたが、その報道からはなんとなく加害者なりの諦めというか、虚無感というかそういうものが伝わってきた。でも、この少年達は何か違う。 

 たとえ嘘でも反省の言葉を言って保身を、なんてことを考えないのは子供だから、なのかもしれない。でも、その他諸々のこと、被害者のことはもとより自分のことにまで想像力が全く働いていないように感じられるのだ。

 この加害少年の言動が、やけっぱちとか反抗ではない、そんなふうに思われることを何もかも承知の上での、いわば自爆的達観(?)みたいなものからくるものだとしたら、それはそれでちょっとした小説の題材くらいにはなりそうだ。うまく表現できないけど。
 多分そこまで深読みする必要もないのだろうが。

 しかし、「何が悪い」・・・とか言っちゃうか。人としての最低限の矜持とかプライドとかを保つことすら面倒な人々が増えている、というのは本当らしい。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
この手の人々、文字通りの「自殺行為」といいますか、tomokoさんもおっしゃるとおり自分の人間部分を維持するのが面倒で殺してしまったという感じがしますね。ただ残った動物体?も法律上は人間として扱われる訳で、恐らく税金も使われるんだろうと思うと複雑です。更生…それこそ一度死んだら生まれ変わらないとダメでしょうね。

2008/08/24 11:21
つ様
 それだけはやっちゃいれない、いっちゃいけない、という一線がやたらと低くなっているような気がします。そして、それを越えることは恥ずかしいのではなく常識を越えてるオレやアタシはかっこいい、と主張しているかのようです。
 人でなくなることが恥でないと思う人に誇りを持たせるにはどうしたらいいのでしょうね。更正プログラムも、そこまで想定しているとは思えないのですが。
tomoko
2008/08/24 13:50
絶対に許せんばい!!
チャレンジド虐待は最悪の大罪ぢゃ!!
神奈川のチャレンジド施設の放火もそうですが、チャレンジドば何て思うとっとや!!
ガルルルル…(猛熊化)
たかびごん
URL
2008/08/24 18:22
こんにちは。
私も記事を読みながら「悔しいけどよくあることだよな」と思っていましたが、やはり最後の「いじめて何が悪い」というので「こいつら終わってる……!」と。
読んですぐは怒りが収まりませんでしたが、現在少し冷静になってみると、こいつらって『北斗の拳』とかのザコ敵っぽいな……と思えてきました<モヒカンで「ハート様ァ!」とか言ってケンシロウに一撃でやられるヤツ(笑)。
自分ではかっこいいと思ってんでしょうかね?
Nie
2008/08/24 18:29
このニュースをみて、怒りを感じた!「障害者をいじめて何が悪い」と言った少年は、何の痛みも知らず育ったのかなって思う!何かしらの社会的制裁を望みたいが無理なのかなぁ…
H.S
2008/08/24 22:34
さて、許せない。正直、思いつく限りの悪口雑言を並べ立ててやりたいところだが・・。まあ、それで終わっては、また「障害者のエゴだ」などど誹られる気がするので、考察を一つ。
この子供は確かに愚劣な人格を有している。しかし、それでは大人はどうだろう。子供のいじめは大人の真似である。まず、大人が率先して障害者差別を行っていることを意識するべきではないだろうか。大人の社会こそ差別であふれかえっている。障害者差別だけではない。男女差別、部落差別、在日外国人差別・・。
事件を起こした子供は救いようのないほど人格が荒廃しているようだが、このままの社会ではこのような子供がまた現れるに違いない。事件を起こさなくても、同じように考える子供はいるだろう。この子供らへの処罰よりも、そちらの方を重く見るべきだと思う。
アッキー
2008/08/25 01:04
たかびごん様
 さすがに怒りを通りこしてあきれてしまいました。でも、怒りを感じている人の方がまだまだ多いということにちょっと安心しています。いくらなんでも、ですよね。
tomoko
2008/08/25 09:50
Nie様
 ザコ敵、まさにそうかもしれない。自分ではかっこいいと思っていても、傍から見ると簡単にその先の自滅が見て取れる。本当にかっこよくなるには努力が必要だということを教えてくれる人はいなかったのでしょうか。
tomoko
2008/08/25 09:56
H.S様
痛みを知らないというより、環境や生育過程で、小さなわかりにくい痛みをずっと与えられてきたのかもしれない、と思いました。報道などからそういうことはわかりませんが。ただ、少年犯罪に対する世間の目も厳しくなりネット環境も充実している現在では、否が応でも彼らの社会生活は平坦なものではないのでは。今後このような考え方が変えられないなら、さらに道は険しそうです。
tomoko
2008/08/25 10:05
アッキー様
 子供は大人の考えをかなり正確に感じ取っていますから、彼らの周囲にはそういうことをあからさまな態度で示す大人が多かったのかもしれません。それを、いけないことだと教えてくれる大人はいなかったのかな、いうことが残念です。 この事件から、子供を育てるにあたって勉強や躾と同時に自らに誇りを持つことを教えなければ他者の誇りを尊重することなどわかってもらえない、と学びました。いまさら。
 今からでもいい、この加害少年に人としての誇りを取り戻させてあげてほしいです。
   

tomoko
2008/08/25 10:12
この話聞いて、最初に思ったのは
「なにがもクソもあるか!、理屈じゃなくて悪いもんは悪いんだ!」
て、実に単純な怒りだったんですが、そこでハタと思ったのが
「ひょっとしたら、コイツらは理屈じゃなくて本当に悪い事だと思ってないんじゃないか」
って事。

以前、スーパーのエスカレーターと言う、ただでさえ危険な場所で走り回っていて、そこで人にぶつかっても謝りもしないで笑ってふざけてたガキどもを、頭に来て怒鳴りつけた事がありました。
そこで逆ギレされたり文句言われたり、仮に本気でなくてもその場で謝りでもしたらまだ良かったんですが、そのガキどもの反応がちょっと異様だったんです。

ただ“ポカン”として、まるで何かでかい音が急にして、そっちをボケッと見てると言う感じ。
多分ヤツらは何故自分らが怒鳴られたのかと言う理由も判らなければ、もしかしたら自分らが怒られたって自覚もないのかも知れない。

その時感じた“寒さ”みたいなものを、この「何が悪い」に感じてしまったのです。

こうなると、もうどう対処していいのか本当に判らないと言うか・・・・難しいですね。
yaskazu
URL
2008/08/25 23:56
yaskazu様
 その子供たちも本当に善悪の区別がついていないのだとしたら、こわいですね。わかっていて当然、と思い込んで教えないままでいるととんでもないことに。
 わざわざ教えなくても生活の中で感じて身についていたものが、そうでなくなってきたのでしょうか。
tomoko
2008/08/26 13:07
こんにちは 初めましてtomokoさんmtと申しますm(_ _)m
私の家にも、管理人様と同じで重度知的障害児の兄がいます姉は去年結婚してしまい今は、62になる親と兄と私(弟)の4人暮らしをしています
私は小学生の頃から、親から家を継ぐのはお前しかいない、お前がしっかりしなければ
ならない、親が死んだら兄の事はお前に任せると言われ続け、プレッシャーを感じながら27年間生きてきました。最初はなんで僕だけが 兄が障害児でなければと何度も親を恨みました。しかし高校生の時にクラスに私と同じ境遇の人がいて
その人に相談をして行く内に、次第に兄を受け入れられるようになりました
(今考えたらその人が居なければ、まだ親を恨んでいたかもしれません・・・)
今では、積極的に兄の代わりに家の手伝いをしたりしています
(話題からはずれてしまいましたが
さて、記事の件ですが・・・
「障害者をいじめて何が悪い」と言った少年に、じゃあ貴方が逆の立場だったら
どんな気分?と聞きたいです
私から言わせれば少年が取った行動は小学生以下の行動だと思います
私はこの少年達には社会的制裁が必要と思います
mt
2008/08/26 17:22
mt様
 はじめまして。きょうだいの立場の方のお話を伺うたびに、親として自分の子にもどんな姿勢を見せればいいのか迷います。プレッシャーはかけたくない、親を恨んでもいい、でも兄を嫌わないでほしい、悩みはつきません。でも、mtさんのようにいろいろなことを考えながらきょうだいを守ろうとしている方には励まされます。
 この加害少年が本当にこのような態度をとったのだとしたら、子を育てている親はかなりショックです。小学生以下というより、人間としてどうか、と思えてしまうから。わかって当然ということを教えられないこともある、ということ。
 社会的制裁は、今後いろいろな形で法律による罰則以外のものを彼ら自身受取っていくと思います。些細なものかもしれませんが。ただ、それを「罰」であると感じる心は残っていてほしいです。
tomoko
2008/08/27 12:07
この糞ガキ達は傷つけられる覚悟を持っていない。自分の快楽ためだけに、人を傷つけている。自分達だけ傷つかず生き延びようとしている。軽蔑する人間である。こういう人間には暴力の恐怖を教える必要がある。残念ながら暴力を使うしかないと思う・・・。
AI
2008/09/10 16:37
AI様
 自分がそういう目にあうのは当然嫌なのだろうし、相手の立場になって、なんて言っても鼻で笑われてしまうのでしょうか。でも、今はネットで情報が流れるし、多分地味に社会的制裁を受けていくことになるかもしれませんね。
tomoko
2008/09/11 12:49
「障害者をいじめて何が悪い」この連中は、罪の意識もない人間。根性が腐れていますよ。精神も腐れていますよ。障害者から、金を巻き上げ、遊び代に使い放題、ろくな人間じゃありませんよ。こういう、根性も精神もない、くそ野郎人間は、焼却処分するしかありませんよ。生きる価値もないという事です。
シーホーク
2009/07/25 01:53
シーホーク様
 本当に面と向かって「何が悪い」とか言われたらそれくらいのことを言い返してしまうかもしれません。この人達のように、まさかそんな、と思う考えや行動にはしる人が多くなってきたことは、悲しいし恐ろしいですね。
tomoko
2009/07/25 14:07
障害者いじめて何が悪いという気持ちは分かる。自分も同じ事をしていたから。今でも、そういう気持ちは変わらない。しかし時々後悔することがある。障害者いじめて何が悪いことをなくさない限り、一生続くと思う。
匿名
2010/07/11 08:23
匿名様
 「障害者をいじめて何が悪い」は、「人を殺して何が悪い」に繋がってしまいそうなところがこわいです。そう思っている人もいるけど実行しない人もいる。それをやってしまったら自分が後ろ指をさされると思うから。 少なくとも私はいじめられたくないし殺されたくもない、人から言われることも気になる小心者なのでやらない。単にそんな感じです。
tomoko
2010/07/11 19:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
知的障害者への暴行事件 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる