障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとかけらでも、希望

<<   作成日時 : 2008/07/02 12:50   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 Kの就業体験が無事に終わった。 

 成人の利用者と共に作業所に通所。重度の人を対象とした、仕事というより生活介護に近い日程が組まれているところなのでゆったりと過ごすことができたようだ。親身に介助してくれた職員さん、親切にしてくれた利用者のお兄さん、ありがとうございました。

 見学や説明の時に驚いたこと。
 利用者の方で二十歳過ぎてから初めて言葉を発したという人がいた。

 昔、小学生くらいのうちに発語がなければ言葉の獲得は一生無理、という話をどこかで聞いた。だから、Kの「言葉」についてはとうの昔に諦めていた。

 「諦めることはないんですよ。すべてにおいて、まだこれから、と思ってあげてください。」

 担当の職員さんに言われました。

 そういえば、Kだって。

 トイレの失敗がほとんどなくなったこと。
 言葉による指示が理解できるようになったこと。
 食べこぼしが少なくなったこと。
 ズボンのボタンやベルトが扱えるようになったこと。
 普通の箸で食事ができるようになったこと。
 


 ・・・・みんな、みんな、10年前は「絶対に無理」と思っていたことだったじゃないか。
 
 だからといって、これから言葉を獲得できるかも、などと単純な期待はしていない。期待は何度も裏切られてきたから、そういう希望、みたいな感覚が麻痺しているのかもしれない。 でも、期待をしないで「いつか実を結べば儲け」くらいに思って日々積み重ねるのもいいかもしれない。

 いつか世界一周の資金にできたらすごいなと思いつつ一円玉貯金、って感じですか。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
息子さん、実習お疲れ様でした♪楽しくすごせたようで良かったですね♪障害児に限らずすべてのかたにおいて、死ぬまで成長、勉強だと思います。私もすごく乱筆だったのが30すぎてまともな字が書けるようになりましたよ♪お互い、あきらめず、あせらず、あなどらず、ぼちぼち、いきましょうね〜。
ちえのすけ
2008/07/02 15:14
ちえのすけ様
 ありがとうございます。親の方も送迎でややお疲れ、でした。(笑)
 私も悪筆です、今でも。威張ることじゃないんですが。でも、これからでも努力すればなんとかなるでしょうかね。ぼちぼち、やってみます!
tomoko
2008/07/03 21:46
Kくん、実習お疲れ様です!!
私が昼休みに行くT作業所でも、実習生の子が1人頑張ってましたよ!!
これから、まだまだ成長が楽しみです!!(色々な意味で)
こちらも?歳にしてまだまだ成長していきたいと思います!!
たかびごん
URL
2008/07/04 08:12
 就業体験お疲れ様でした。楽しかったかな?
 ええええええ〜〜〜!!!!!???本当?20歳過ぎてから〜〜〜?信じられないけど!本当?びっくり!奇跡ってあるのかなぁ?私の毎年の七夕のお願い事は、「いつか、お母さんと呼んでくれますように。」なの。今までのいろんな事は、もしかしたらできるようになるかもしれないなぁ〜?って感じだったけど、これだけは、絶対にもう無理って思ってた…。希望を持っても良いんでしょうか?いや〜ん、罪だなぁ。希望を持っちゃったじゃないのよ〜。でも、うれしいなぁ。こんな良い情報をありがとうございます。
キョン
2008/07/04 20:50
こんにちわ、障害児のオヤジです。

息子さん、頑張りましたね〜! きっと大きな経験だったのではないでしょうか?

それから、二十歳過ぎてから初めて言葉を発したという方のお話ですが、人生あきらめるモノではないんだと改めて思いました。管理人様がおっしゃるとおり、最初から当然のモノと期待しているのではなく、まあそうなったらイイね〜ってことが現実になったら、うれしいですよね!!

我が子も肢体不自由で、ず〜っと背バイをしておりました。親としては「きっとタッチ(=立つ)するなんて無いんだろうね〜」って、夫婦二人とも自暴自棄で話をしておりました。

ところが! 突然、自分でお座りを出来るようになったかと思えば、今度はつかまり立ち!!

無くて当たり前、出来たら儲けモン! そんな前向きな考えって良いんじゃないでしょうか??!!
障害児のオヤジ
URL
2008/07/04 21:36
たかびごん様
 このくらいの時期に実習を受け入れているところは多いみたいですね。たくさん新しい体験をして、成長のきっかけになるといいですよね。
tomoko
2008/07/04 21:54
キョン様
 私も信じられなかったです。その方は単語を時々言うだけなのですが、本当に成人するまで意味のある言葉を発したことはなかったそうです。私も、なんとなく「もしかしたら・・」という欲、いえ希望がでてきてちょっと嬉しいです!
tomoko
2008/07/04 21:57
障害児のオヤジ様
 >無くて当たり前、出来たら儲けモン!
本当、それくらいの気持ちでできる努力をしていくくらいがいいのかな、と思いました。絶対にこうなってほしい、と必死になることに疲れたということもあるかもしれません。本人が成長する力を信じてみようと思います。
tomoko
2008/07/04 22:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ひとかけらでも、希望 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる