障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 努力の中で

<<   作成日時 : 2007/11/19 12:02   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 Kを映画館に連れて行けるということについては、羨ましいといわれることが多い。

 大きな音、暗い館内、そのなかでじっと座っているということ。確かに、それができる、と確信できるまでの道は険しかった。応用として、レーザー光線とびまくりのウルトラマンライブステージも行ったっけ。

  前にも書いたとおり、一生映画見なくても生活はできるし死ぬことはない

 でも、私は映画見たいんです。ポケモンでもしんちゃんでもいい、大きくてきれいな画面をポップコーンほおばりながら見るのが大好きなんです。

 Kを預けて、というのは段取りも必要。気軽に出かけるには。
 Kも映画を楽しめるようになればいい。結論はそこ。

 思えば、Kが2〜3歳の頃。

 「傘をさして歩くこと」「帽子をかぶること」「長靴を履くこと」「自転車の後ろに乗ること」 それらを必死で練習したのも、すべて「自分がもっと外に出たいから」でした。

 どしゃぶりの雨の中で、傘を離してしまうKの手を何度も直しながら歩いた。(小雨の日だと、「傘を傾けると濡れる」ということをはっきり意識できないのであまり効果がない。)

 帽子を嫌うKにさまざまな形の帽子を用意し、脱いだらかぶせて、を延々と繰り返した。

 自転車の後ろ(幼児座席)に乗せ、私は乗らずに自転車を引いて様子を見ながら動かすことから始め、立ち上がろうとしたりつかまっている手を離そうとしたら即注意。それをしばらく続け、家のまわりをグルグル回る、ということを何日も続けた。
 しっかりつかまって座る、という意識ができたと確信してからはじめて自分も乗った。

 雨の日も散歩ができれば。カンカン照りの日も帽子をかぶって外に出てくれれば。自転車の幼児席に乗ってくれれば。

 外へ出る機会が増える。自転車なら、もっと遠くへ遊びや買い物に行ける。沈んだ気分も、少しは晴れるかもしれない。

 車で移動するのは簡単だけど、当時の自分は他の親子のように自転車や手つなぎで公園や買い物へ行きたい、という願望があった。今思えば、意地とか執着とかもあったのかもしれない。

 また、車で出掛けても乗車・降車でひと騒動、などということもあった。のんびり外へ行き、立ち止まりたいところで止まる。そんな外出がしたかった。

 そんな些細な自由さえ、望んで、焦がれて、努力しなけりゃ手に入らなかったのだ。

 でも、この子のせいで自由がない、なんて思い始めたら何をしてしまうかわからない。それだけは避けなければ、と本能で感じていたのかもしれません。

 そして、電車やバスでの移動練習は鉄ちゃんの夫に全面的におまかせ。これで、移動や外出はかなり楽になりました。

ここまできて読み返すと、「なんだよ、苦労自慢うぜーよ。わかったよ、あんたは偉い。」と自分で突っ込みたくなります。
 確かに、少し前まではこんな努力の日々を「頑張ってたじゃん自分、偉い!」とちょっと思っちゃったりしていたのですが。

 ここ1〜2年、多少冷静に思考する余裕ができてふと立ち止まり、振り返ると、「いや、まて。なんか違うぞ」という感じがじわじわとしてきました。

 そしてさらに足元を見た時。「ああ、これはいかん」と気付いたわけです。

 長くなるので次回に続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 不便を感じて研究して便利なものを作るのと同じですね。
 健常者にはなんてことないことが出来るようにするには並大抵な努力じゃないのですよ。形が違いますけど繰り返し、それは訓練というのでしょうね、続けることによって出来るようになるのですよね。
 映画に一緒に行けるなんてなんて素晴らしいことでしょう。親子が頑張った御陰ですね。うんと、楽しんで下さいね。
yuurakusya&太郎ママ
URL
2007/11/19 16:49
お久しぶりです、また浮上してまいりました。
今回の話題、我が家にとっては行き詰まり地点でもあります。
「続き」楽しみにしていますね^^
おこみか改め咲冬
URL
2007/11/19 19:47
確かに自転車にのれると行動範囲が広がりますよね。うちも小さいころは外出にはいろいろと苦労が・・お互いいろいろと努力してきましたよね〜。続きが気になります〜(^^)早く見たい!
ちえのすけ
2007/11/20 11:12
yuurakusya様
 自分の自由も欲しかったし、外へ出て見聞きするものの中に本人の興味を引くものがあれば発達に繋がるかも・・という期待もありました。でも、外へでることを嫌がらなくなったというだけでも嬉しかったですね。
tomoko
2007/11/20 12:10
おこみか改め咲冬様
 わ、お久しぶりです!どうされているのかな、と思っていました。
 お子さんはお元気ですか。私も常に行き詰っているのですが、無理やりこじ開けながら毎日を過ごしています。また、よろしくお願いします。
tomoko
2007/11/20 12:15
ちえのすけ様
 そうですよね、一歩外に出たその瞬間から様々な難関があり、ひとつひとつ打ち破るエネルギーは大変なものなのに、消費カロリーは増えない。なぜ?
 続きは今タラタラと書いています。明日くらいにはUPできますが、今更何をというくらいの内容ですよ。
tomoko
2007/11/20 12:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
努力の中で 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる