障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 淡々と、夏休み。

<<   作成日時 : 2007/08/03 11:14   >>

トラックバック 0 / コメント 12

 7月が終わった。あれほど恐れていた夏休みなのに、今年は何故かそれほどストレスを感じない。・・・いまのところは。

 学年が上がったこともあり、これまでより出掛ける場所を開拓して増やしたせいかもしれない。参加する活動の質を変えたせいかもしれない。

 でも、なによりいちばんなのは、とにかくKの情緒が安定していることです。思春期入り口の頃より落ち着き、自傷やパニックも減りました。言葉による指示もわかるようになり、トイレの失敗も減った。

 そして、そんな様子を見て今年は夏休みの日程をやや大胆に組みました

 学童クラブやヘルパーさんの利用計画をじっくり組み立て、平日は最低2時間はKと離れているようにしてみたのです。

 多少安定したとはいえ、重度知的障害児です。

 ・ 一日中ぴったりくっついている日が3日続くと正直しんどい。
 ・ 三度の食事のうち、一食くらいはKの食事指導や食べこぼしの処理なしでゆっくり食べたい。カップラーメンでもお茶漬けでもいいから。


 べつに、アキバに行ったりプラモを作ったりする時間がもっと欲しいなんて思いません。

 流し台みがきをじっくりやりたい、とか、たまには手の込んだ夕食を作りたい、とか生協の注文票をゆっくり吟味して記入したい、とか。そういうことです。弟君の宿題だって、放ってはおけません。

 背後で妙な物を口に入れていないか常に気にしたり、自傷行為を抑えたり、突然のトイレの要求に応じたりということの不安なしで家事をしたい時間が、平日の2時間

 このくらいの希望は、可能なら実現させてもバチはあたらないよね、とおそるおそる計画したところ・・・親子ともども大変安定した夏休みになっているというわけです。・・・ええ、しつこいようですが、いまのところは。


 うるさい親とはなれて過ごし、ごきげんで帰宅するK。片付けることは片付け、すっきりした気持ちでそれを迎える笑顔の私。
 うわあ、昔のホームドラマのわざとらしい家庭のように爽やかな雰囲気。

 昔はそんなこと考えることもできなかったし、今そんなことができない環境にいる方々もたくさんいると思います。でも、年月とともにいろいろなことは少しずつ変わるから。きっと、前進しているから。 そう信じてよかったとつくづく思います。

 先はまだ長いし、旅行などさまざまな行事もこれから。とにかく、淡々と平和な夏休みが続きますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 気持ちようく分かります。
 実行に移してみて良かったですね。少しは手足を伸ばして気を抜く時も無くちゃぁね。だんだんそれにも慣れて、また次の段階に進めると思いますよ。ガンバってね。
yuurakusya
URL
2007/08/04 06:41
ウチも、いろんな所にいっぱい頼んでいるので、たぶん乗り切れるとは思っていますが、人は贅沢なもんで…もうちょっといっぱい通所預かりを取っときゃ良かったかなって思っている私です。(^^ゞ 駄目だねぇあはは^m^
 それもこれも、息子は、高校3年生だから今年で長い夏休みは、終わりです。いろんな意味で良い夏休みにしたいです。
キョン
2007/08/04 08:51
ほんの数時間でも一人の時間を持てるって大切ですよね。
うちもとりあえず学校行事やら訓練やらワーッと予定を詰め込んだので、娘のエネルギーは上手に発散できてるようです。
恐れていたほど大変ではなく、穏やかに夏休みを過ごしています。
ほぼ全部付き添いなので、付き合うこちらは電池切れを起こしそうですけどね…(笑)
リンコ
URL
2007/08/04 10:29
yuurakusya様
 ありがとうございます。毎日が穏やかであるということはありがたいことです。こんなふう、今は不安な将来も平和に暮らせていればいいのに、と思います。
tomoko
2007/08/04 13:13
キョン様
 うちも、ショートステイ(昼間)やステーション預かりを入れています。やはり、楽をおぼえると以前の大変だった夏休みには戻れそうにありません。でも、夏休みはやはり親も子もいい思い出にしたいから、よかったと思います。
tomoko
2007/08/04 13:21
リンコ様
 いちばん辛いのは、予定や行く先がなくてずっと一緒に張り付いていることですね。なにか予定があればとにかくそれをこなすことで気がまぎれたりしました。休み中は大変でしょうが、新学期が始まって落ち着いてからのことを楽しみにしつつ、体調を崩さないよう頑張ってください。 
tomoko
2007/08/04 13:26
初めまして〜
私は去年高等部卒業した重度の男の子の
母です。よろしくです♪
夏休みですね。去年までは大変でしたが今年からは夏休みも盆休みもなく、とても助かってます。
去年まではショート&ガイド等を組み合わせて、長い夏休みを乗り切ってきました。息子が小学生の頃は今のようなショートやガイドもなく、ホント戦争でしたが、今はそういった所を上手く利用しつつ、母親の休む時間、自由になれる時間を少しでも作って親子関係が良くなることがベストですね。
hikaru
2007/08/04 15:02
ストレスと思わないのが一番。
みゆきちゃん
URL
2007/08/05 03:06
長い夏休み健常児と違って過ごし方を考えるのはやっかいですよね。我が家も妻は大変そうです。おまけに上と下に子どもがいるのでそっちの予定も把握していなければならないので、スケジュール管理は欠かせません。tomokoさんは平日2時間、息子さんと離れるってことですが、どんなサービスを活用してるのでしょうか?教えてください。
そうそう先月の温泉地での県内PTA研修会はいかがでしたか?
イソップ
2007/08/05 07:01
hikaru様
 はじめまして。お子さんは、どちらかに通所されているのですね。休みが長期ではないというのはうらやましいです。法律はコロコロ変わるけれど、ここ何年かで知的障害者が使えるサービスが知られるようになったことはありがたいです。親子で穏やかに、できれば楽しく休みを過ごしたいですね。
tomoko
2007/08/05 19:31
みゆきちゃん様
 相変わらず毎日精力的に活動されていますね。ストレスなどはね返してしまいそうなエネルギーをわけていただいています。
tomoko
2007/08/05 19:34
イソップ様
 お久しぶりです。その後いかがお過ごしでしょうか。
 学童クラブのない日に、移動介護の事業所を二ヶ所、ステーション、昼間のショートステイ、そのへんをあちこちに組み入れています。それでも埋まらない平日は少しありますが。
 研修は今年もいろいろ勉強させていただきました。昨年も会った人達と、「来年は引退するぞ」と誓い合って別れましたが、また顔を合わせたら大笑いですね。いや、それは回避、の方向で。
tomoko
2007/08/05 19:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
淡々と、夏休み。 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる