障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 子殺しの、罪と罰

<<   作成日時 : 2007/07/27 19:54   >>

トラックバック 1 / コメント 14

 人間は、神様の人生ゲームのコマに過ぎないのかもしれない。こういうニュースを見るとそう思います。

知的障害ある息子殺害の母に懲役7年 東京地裁

 参照先・・・asahi.com 7/21付。

 このニュースを聞いた人の感想で多かったのは、

 「この母に長期の実刑判決がおりるのなら、虐待や駐車場放置で子を死なせた親に執行猶予がつくことに納得がいかない。」

 という点でした。しかし、よく考えてみれば。

 このお母さん自身も軽度の知的障害を持ち、残された子供も障害児ということです。多分別れた夫や親類などもあてにならないからこそこうした行為に及んだのだろうし、執行猶予がついてすぐに社会に戻っても、安定した生活ができるかどうか
 「累犯障害者」以降、こうした人々も多少注目されるようになりましたが、充分な支援は期待できないでしょう。

 いっそ親は塀の中、子は施設でしばらく過ごさせ、先のことを考える時間を与えるという意味も含めての「保護」をするという判決ではないか。こんなふうにも思います。

 人生ゲームのコマの車にどんな家族が乗るのか、ルーレットはそのコマをどこに導くのか。あのゲームに興じていた子供の頃は、大人になってこんなことを考えるとは思っていませんでしたね。 
累犯障害者

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「子殺しの、罪と罰」について
「子殺しの、罪と罰」について ...続きを見る
みんなだいじなこどもたちだよ。
2007/07/29 08:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ここまでひどい人生があるのか・・・と思い、軽く眩暈がしました。障害者に対する福祉がしっかりしていたら結果は違っていたのかな・・・と思わずにはいられません。
アッキー
2007/07/27 23:50
重いテーマですね。尋常ではない息子の興奮は、同じ立場の人にしかわかってもらえないと孤独に思う時もあります。自分自身が安定した心でいるにはどうしたらいいいかと再考を重ねている16年間ですね。まず、親自身が社会に飛び出すべきだと思います。自分の頭の上の蝿も追えなくても。
じゃいこ
2007/07/28 16:23
ニュースをサラッと聞けば何て酷い親!って思ってしまいますがジックリ読んでみると本当に辛い人生を歩んで来たんだなと思いますね。被告の周りには助けてくれる友人もいなかったのかな?
福祉もあてにできない結果だったら悲しすぎます!
ちいこ
2007/07/28 16:26
アッキー様
 声をあげる力のない人達のところまで手を差し伸べることのできる福祉は実現できるのでしょうか。実現することを願いつつ、明日の参議院議員選挙に行こう、心からそう思います。
tomoko
2007/07/28 19:23
じゃいこ様
 本当に、苦しくてもそれを伝えられない人々のためにも、伝える術が少しでもある人が社会にありのままを訴えていかなければ、と思いました。頭の上の蠅だけを追うのではなく、蠅の発生している環境自体をなんとかできないものか、と思います。
tomoko
2007/07/28 19:30
ちいこ様
 殺人には変わりないのだから、と言ってしまえばそのとおりではありますが、自分がこういう人生を歩んだら多分もっと早い段階でもっとひどいことをしていたかもしれない、と思いました。頑張っても背負いきれない荷物を負ってしまう人もいる、そんな人を助けられる福祉が、明日の選挙をきっかけに育っていくことを祈りたいですね。
tomoko
2007/07/28 19:38
つらいニュースですね。 私のまわりにも少し知的が入っているなぁって感じのお母さんがいます。そして彼女の3人のお子さんが皆知的障害児です。彼女は、一生懸命なんですが、時々、他のお母さん達ともめたりします。先生はその方のフォローをしていますが、大変そうです。 こんなおそろしい事件が起きないよう、周りの人たちの援助理解が必要ですね。もちろん、彼女には優しい旦那様がいるから大丈夫ですが。福祉がどんなに立派でもそれをじょうずに使えないと意味がない。それを援助して支えて教えてくれる人がいっぱいいると良いよね。
キョン
2007/07/28 21:40
このお母さんはただでさえ難しい福祉への申請をできなかったのだろう、いやその福祉の存在さえ知らずにいたのではないかと感じました。行政からこんな福祉が受けられますよ、なんて知らせてくれる事は無いに等しいのですから。
マスコミで取り上げられる障害児の親御さんは苦労をしながらも頑張っていて素晴らしい方々が殆どですが、その影ではでは頑張る事も困難なほど追い詰められた親御さんが倍以上いると思います。
人生ゲーム、子供ができなかった場合は最後に孤児院?に多額の寄付をするシステムでしたよね。遊んでいた昔は「なんで〜!」なんて言っていましたが今なら喜んで寄付しちゃいます。ゲーム上のみで空しいですが。
もよこ
2007/07/28 22:06
tomoko様、心のこもったお返事ありがとう。確かに言うまでもなく政治は、重要です。この子を授かって初めて政治に猛烈に関心を持ちました。身近な、首長、県議とは気軽に話せるようになりました。すべてのこどもたちが尊厳をもって暮らせる世の中になるために。誰かがやらなくては・・・
じゃいこ
2007/07/29 09:16
キョン様
 親御さんの方も少し・・という方、やはりいますね。学校の先生がフォローしていろいろな窓口を紹介したりしています。福祉の援助までの道筋をつけてあげるだけでも、少しずつ道は開けるのですよね。。
tomoko
2007/07/29 19:50
もよこ様
 役所の方からは決して教えてくれないです。いろいろな支援や手当についてもよくわからない、という人もいるようです。特に自立支援法以降。
 頑張る姿を認めてもらう以前に頑張り方さえわからずに迷っている、という人もきっとたくさんいますよね。人生ゲームの寄付のルール、思い出しました。現在よく見られる、子供を育てていない人から税金をとろう、という意見のルーツかもしれませんね。
tomoko
2007/07/29 19:56
じゃいこ様
 私も、障害児を育てるようになってからそれまで当たり前に感じていたいろいろなことに疑問を持つようになりました。マニフェストだの政見放送だのを真剣に見るようにもなりました。じゃいこさんのように直接声を聞いてもらえるようになるにはまだまだですが、少しでも同じ人達の思いを伝える努力は続けたいと思っています。
tomoko
2007/07/29 20:03
子殺しも親殺しも減ってますよ。
凶悪犯罪は激減してます。
犯罪が増えているように感じるのは単に異常な事件だけを抽出し何度も何度も報道する
報道のセンセーショナル化が原因です。
サリン事件以降、マスコミにとって犯罪報道は「安価で企画もいらず数字を取れるコンテンツ」と認識されてます。
つまり犯罪が増えたのではなく犯罪報道が増えたのです。
殺人は昭和中期の半分以下、強姦は1/3以下に激減してます。

子殺しは激減している。
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-baby.htm
既婚女性が最も気にする子供殺しは昭和50年には約500件だったのが現在は約100件に減少。
しかも現代の子殺しの犯人はほとんどが親や身内で他人が犯人のケースは年間10件程度です。
はねおか
2008/01/09 07:10
はねおか様
 なるほど、きちんとデータを見てみないとわからないものですね。いろいろなことを、一方的に流される報道だけで判断しないように気をつけたいです。
tomoko
2008/01/09 10:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子殺しの、罪と罰 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる