障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害者自立支援法T・・・申請で

<<   作成日時 : 2006/09/17 13:28   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 さて、先日ちょっと触れました障害者自立支援法の支援申請について。

 今月上旬、受給者証を交付されていた家庭すべてに、制度の転換に伴う新しい申請用紙が送付されました。引き続きヘルパーさんの利用等を希望する場合は届け出て新しい受給者証を受けねばならないらしい。

 新制度は10月からでしょ、間に合うの?

 窓口の係の人も、質問ごとに厚いマニュアルをめくって額に汗。やたらと中座し、他の人と相談

 私達が完全に理解できてなくても責められないわね、これは。
 
 安心して(?)、書類の不明な項目は相談して記入、と考え空欄のまま窓口へ。入所・通所施設はとりあえず後の話、という学齢期の親が知りたい事はただひとつ。

 「これまでと同じ内容の支援は受けられるのですか?」

 親の通院等の時間の一時預かり。緊急時の宿泊。スクールバス停留所への送迎。余暇支援。

 注) 以下は、私の脳内理解とうちの地域の状況のミックスなので、私の勘違いや地域差が含まれているかと思います。すみません。
 
 この余暇支援というのが、危ないと言われていました。たとえば、「親の留守中本人の家で見守る」のはOKだけど、「プールが好きな男の子だが、更衣室は母親と別になってしまうので男性のヘルパーさんに連れて行ってほしい(父親は仕事が忙しい)」はダメ、ということになりそうという噂が親たちの間ではあった。

 前者の場合は「居宅介護」という、とりあえずは存続するサービス。しかし、後者は地方自治体の方針に任される部分。つまり、「必要」という声がなければ切り捨てられてしまう可能性がありました。

 しかし、「移動介護(余暇支援含む)は、うちの市はやります。」の言葉に一安心。それでも、 
 
 聞かれる方もはっきりとはわからない。
 だから、聞きたいこちらも何が不明なのかわからない。

 
 まだ疑問点は山積みですが、結局は、自治体の現状や裁量次第、また個人と事業者との契約内容次第、という部分も多いらしい。とりあえず様子を見るしかないようです。 ・・・あー、わからん。

 そして、この時、障害の重さって何だろう、と考えさせられる部分があったわけです。

 以下、続きます。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。はじめまして。
自立支援法、大変です。私の住んでいる市では、市のほうからまだ決定が下りてないですし、私は重度訪問介護を使える予定なのですが、これからどうなることやらです。また遊びに来ます。
みゆきちゃん
URL
2006/09/18 10:18
「みゆきちゃん」様
 ・・・でいいのでしょうか、はじめまして。本当に、何がどうなるのか全部理解している人なんているのだろうか、という法律ですね。身体の障害の方は、生活に直結する部分が多いので、ご心配のことと思います。障害の枠をこえていろいろな情報を交換できるといいですね。
tomoko
2006/09/18 19:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
障害者自立支援法T・・・申請で 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる