障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱりウルトラ警備隊

<<   作成日時 : 2005/12/15 20:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

  昭和の特オタ乙女(円谷系)なら、ウルトラシリーズの隊員服にはときめきますね。あ、こういうの「萌え」っていうんですかね。「現代オタ用語」少しずつ使えるようになってます。

            で、  今日の駄作 
画像


 ウルトラ警備隊模様の制服柄セーター。プレーンなセーターの編み図から模様をおこし、根気のみで完成させたのですが、悲しいことに
「これを着て外を歩く」ということができない程度のオトナにはなっていたのでほとんど袖を通しておりません。

 これを編める暇と技術があるなら、彼氏にまともなセーターでも・・・と言われましたが、当時そんな相手がいなかったからこんなことで暇をつぶしていたんですけどね。

 さて・・・そこで当然(?)思うのは、
          これをKに着せられないものか
 しかし、よーく考えましたよ。 昨日書いたように、文句を言わないからといって服に気を使わな過ぎるのも問題だけど、同じように親の趣味や道楽を前面に押し出しすぎるのも、やっぱりNGだと思います。

 Kのような子供達は、自分を主張「しない」のではなく「できない」のです。このへんをは、これから先も肝に銘じておきたいです。彼らの権利とかプライドとかの問題はまたゆっくり考えたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やっぱりウルトラ警備隊 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる