障害児親子 外出時の他人の目 その1

 小さな子供の頃はまだよかった。泣き喚かれても、座り込まれても、女子トイレに連れて行っても周囲はそれをよくある光景としてとらえ、たいして注目はしない。

 しかし、母親より背の高い、どうみても中学生以上の男子が上記のような状態になっている場合。

  「見世物じゃないです!」と開き直ることもできない。だって、見るなと言う方が無理ですよ、そんな不自然な場面。

 Kと違って言葉の喋れる子なのですが、外出時に親が自分の思い通りにならない時に「助けて!」と叫ぶ子がいます。こう言えば親がたじろいで言うことをきいてくれる、とこの子は学習してしまったのでしょう。
 シャレになりませんよ、このご時勢に。

  以前、長期休暇に外出難民になってしまうことを書きましたが、土日の休日でも問題は一緒。家にいるばかりでは飽きてパニクる。外に出れば出たで、このような精神的な疲労をためて帰宅するわけです。

 だから、重度知的障害児の親はは人目が気になり始める小学校高学年ころから外出を少し考えてしまう。外に出ないわけではないけれど、以前よりずっと気が重くなります。

 しかし、外出は、障害児にとってすべてが勉強と体験。これから生きていく上で必要なたくさんのことを学ぶ機会です。その機会をできれば多く持ちたいのです。

 いやな思いをしても、そこから学んで次回はそういう事態を避ける工夫をする子供が大きくなっても、一緒に買い物や旅行に行きたいから。 

 それでも、昔より自閉症等がマスコミで取り上げられたりしているせいか、同じような「お仲間」親子を見かける機会も増えました。さすがに確認はできませんが、アイコンタクトで「ファイト!」とエールを送りあったりすることもあります。

 「不自然な親子」を目撃したら、少なくとも嘲笑や嫌悪でなく、あたたかい目で見てやってください。そう、見るなとは言いませんから。

この記事へのコメント

2006年02月22日 13:52
あはは、アイコンタクトでファイトって。わかるわー。
うちはアトピーっ子だったから、赤ちゃんで肌がボロボロの子を見るとふわーっと寄って行ってしまいます。
そして、男の子二人連れて歩いてると4、50代のおばちゃんがふわーっと寄って来て「がんばりやー。うちも男の子ばっかりやってん。」

それにしてもお友達の「助けてー」はシャレになりませんね(苦笑)
2006年02月22日 14:27
うちのも、一時期ありましたね~、「助けて~!」って。今は言わなくなって助かっていますが。ムリに説明不足でどこかに連れて行こうとしたときにおこりやすいので、外出のときには納得いくまで説明してから連れて行くとかちょっとしたコツがいります。
大きくなるにつれて、余暇活動を充実させること、より考えたいですよね、障害児むけのYMCAの催しとかあるけれど空きが無いと聞くし、障害児むけの支援をもっと充実させてほしいですよね。
2006年02月22日 17:55
ウチも大変!大騒ぎですから~、でも、その大騒ぎは本人にとっては、うれしさのあまりなのね。でも他の人にとっては、なにがなんだか訳わからないわけで…で、奇異な目になるってわけです。で、考えました。いちいち、「一人説明」するのです。たとえば、わ~~~って言いながら走って電車の扉の一部をたたく!「はいはい、これは、○○なんだよ~。かっこいいねぇ。え?欲しいのぉ?こんなの欲しいよねぇ。だけどこれ高いから買えないなあ。」って感じで、一人二役で説明しまくるのです。ユーモアが混ぜられたらもっと良い! ファイト~!
ちいこ
2006年02月23日 08:03
ワン仲間の人は子供が外に出て、近所のパン屋さんでイタズラをすので、よく謝りに行っていると聞いたことがあります。そこで考えた方法が外に出さない!一人で家で留守番させる時はドアノブを紐などでグルグル巻きにして、自分は窓から出入りすると・・・ワンコの散歩など連れてきていた時期もあったのですが・・・今年は高校卒業で、その後はどこか施設に入れると聞いています。同じ障害児を育てていても、tomokoさんとは考え方が随分、違いますね。まわりは、何も言えません。見守るしかないんですよね・・・
tomoko
2006年02月23日 12:45
涼様
 子育てで同じような苦労をしているのだな、ってわかるだけで、「共闘意識」みたいなものを感じて仲間認定してしまいますよね。昔はうるさいと思っていたおばちゃんの声かけもありがたく感じます、ほんと。
tomoko
2006年02月23日 12:52
ちえのすけ様
 「たすけてー」の話を聞いた時だけは、申し訳ないけれどわが子が喋れないことに感謝してしまいました。何かができるできないにかかわらず、それぞれに苦労はあるものですね。
 障害児者が必要以上の気を使うことなく余暇を楽しめる場が心から欲しいです。
tomoko
2006年02月23日 12:56
キョン様
 それ、障害児学童クラブの指導員さんが言っていた対応と一緒です!
暗くなったり、恥ずかしいという気持ちをあらわにしない方がいいよ、とアドバイスされました。そうですよね、頑張ります!
tomoko
2006年02月23日 13:14
ちいこ様
 私も本来消極的な方なのですが、親の会で交流している親御さんや指導員さんがみんな前向きな人で、その影響をだいぶ受けました。
 わが子の障害に対する考え方、向き合い方は100人いれば100通りだそうです。それぞれの苦労の末に決めたことだし、障害の内容によっては何が最良なのかはわかりません。みんな、わが子に最良な対応を考えているのだと思います。ワン仲間の方もきっと、その方なりに頑張ったのでしょうね。
 
うっかり。
2011年10月27日 09:48
すいません、この記事をリンク貼らせてもらっていいですか?
というメールをお出ししたのですが、あのアドレス現在停止されてる可能性が。。
こちらで可否のコメントいただいていいですか?ごめんなさい。
tomoko
2011年10月27日 12:52
うっかり様
 先ほど、返信しました!もし届いていないとしても、リンクでもトラックバックでも大丈夫ですよ。基本的にリンクフリーと考えています。
うっかり。
2011年10月27日 13:27
何度もコメントすいません。
ありがとうございます!
さっそくリンク貼らせてもらいました。
お礼まで。
tomoko
2011年10月28日 20:17
うっかり様
 こちらこそ、お恥ずかしいというか、恐縮です!

この記事へのトラックバック