ハサミは万能、らしい

 近年微妙にお利口になってきたK。よくわからない方向で着実に何か学んでいる。  以前から、衣類のほつれ糸やセーターの毛玉などが目立つとハサミで切ってやっていた。そのうち、自分で糸のほつれなどを見つけるとクレーンで私の手をハサミの方に持っていくようになった。そういうやり取りができるようになったことを喜び、楽しんでいた。  先日…
コメント:1

続きを読むread more

リベンジ健康診断

 今年2月に受けた健康診断でちょっと芳しくない数字をたたき出してから(過去記事「不健康スパイラル」 )、自分なりにあれこれと努力した。運動、食事、生活習慣。見直せるところは見直した。そしてチャレンジ。  やったね!  前回ヤバかった血糖値とコレステロール値は見事に標準範囲。血圧はまだ高めと言われたが、結果伺いに行った時に測っても…
コメント:0

続きを読むread more

慣れてしまえばそれが普通

 「やられた!」  Kの隣で寝ている夫の声で目が覚める。深夜2時、夫はKを起こしてトイレに連れて行く。  私も瞬時に状況を把握して飛び起きる。おねしょ、だ。  「被害状況を見るから、着替えをお願い。」  「紙パンツはパンパンだ。」  「毛布、シーツ、防水シートは全てダメ。でも、羽毛布団はOK。よかった!」  「敷…
コメント:2

続きを読むread more

「新型コロナ 障害者は今」を見る

ハートネットTV 「新型コロナ 障害者は今」を見た。  通所していた施設にクラスターが発生して長期の自宅待機とか、家族で感染して介護の為に親子同室入院とか、辛い実例が紹介されていた。  自宅待機になってもヘルパーさんが利用できなくて大変、ということだがこれも難しいだろうな、とは思う。緊急事態宣言下の緊張時、感染している、もし…
コメント:0

続きを読むread more

予防接種・・・次はインフルエンザ

 今年もKにインフルエンザの予防接種を、と例年通り療育病院に連絡した。  しかし今年はワクチンの入荷量が全く読めないため現時点での予約はできないという。あわててかかりつけの内科医院に問い合わせると、やはりワクチンが不足しているため現在治療通院している人しか受け付けられないとのこと。  あいや~、どうしましょ。  うがい手洗…
コメント:2

続きを読むread more

大人の実感

 本当に本当に、還暦迎えて健康診断でコレステロールや血圧がちょいやばめと言われたおばちゃん、いや昔なら充分おばあちゃん、何やってんのよ。  小諸観光局がゲッターロボアークとのコラボキャンペーンの一環として発行した「早乙女研究所入館証明書」。隠した部分にはしっかり自分の写真、名前、痛いコメントが・・・  観光局のサイトから…
コメント:0

続きを読むread more

「障害のある人の支援の現場探訪記」を読む

 Kも立派な(?)アラサー男子になり、16年続けているこのブログも「育てる」ではなく介助や親亡き後の問題を取り上げることが多くなった。昔(Kが子供の頃)がそれ以前と比べてそうだったように、現在の福祉制度の状況も昔とはかなり違う。    さて、それでは幼児期・学童期から繋げられる現在の障害福祉をざっと眺めてみたい。そんな時に見つ…
コメント:2

続きを読むread more

入所Xデー展望

 Kが入所の待機をしている施設は立地もかなり山奥で設備も老朽化している。それでいて建物は広いから、よくある温泉街の老舗ホテルが増改築を重ねた末に本館・別館・新館とかに別れて迷宮化しつつあるのと似たような感じ。  ずっと前にここで書いたが、そこに待機を決めたのは場所や建物の雰囲気(?)に敏感なKがそこに見学に行った時は一緒に館内を歩…
コメント:0

続きを読むread more

アラサー障害者、健康診断

 今年もまたKが通う施設から健康診断の結果が届いた。このところ毎年何かしら軽く引っかかっているので開封が怖い。適正な数値の範囲から誤差程度に離れているくらいでもやはり気になります。  ある年は尿蛋白。ある年は不整脈。その後に問題なくなっていることがほとんどだが、やはり不安だ。アラサーだし自己管理できないから気を遣う。さて今年は何が…
コメント:0

続きを読むread more

急いで衣替え

 たしか9月も突然秋になった。そして、10月に突然の冬。その少し前までぬるい陽気だったのに。  あわててKの衣類の衣替え。通所施設に置いておく着替えもトレーナーなどを用意する。以前は私が施設に赴いてKのロッカーを確認し、小物まで考慮して着替えを用意したのに今はそういうわけにもいかない。Tシャツを片付けてトレーナーを出して・・・など…
コメント:0

続きを読むread more