アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「障害」のブログ記事

みんなの「障害」ブログ

タイトル 日 時
可能性探し
 地元の障害者アート展を見に行った。知り合いで支援学校卒業後に創作活動をしている人もちらほらいて、さまざまな作品の展示やそれをアレンジしたグッズの販売等があり、賑わっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2017/11/14 13:36
まあ落ち着け
 Kの施設の、今年の健康診断。  いつもだいたい「異常なし」で、たまにつく「要観察」はランク1。誤差の範囲の中性脂肪過多、くらいだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/03 15:07
決めつけと前提
 はるか昔の、まだ若かった頃。  体を揺らし、時々ジャンプなどして歩く知的障害者らしき成人男性と、そのお母さんと思われる中年女性をたまたま見かけた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/13 14:45
こんな気持ち?
 外で幼児を連れた親子連れとすれ違う。  子は興味をひくものを指さして、親の顔を見る。目がきらきらしている。親はそれに頷く。  欲しい物をねだる。一生懸命、訴える。親はその希望をどうするか判断し、ダメとなれば言い聞かせる。  子は、不満そうに顔をしかめる。もしくは、さらに訴えて泣き出したり怒ったり。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/10/01 15:35
混乱の夏
 「よくわからない夏だったね。」  「本当にね。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/21 20:30
生きてさえいれば
 Kが通う施設では、一年に一度健康診断が受けられる。  ごく普通の話だが、Kのような人の場合はいろいろ特別なことがあります。    Kの場合、胸部レントゲンや内科検診、身長・体重測定などはなんとかなる。  検尿は家で採取していくし、なぜか注射や採血は抵抗しないので血液検査もOK。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/03 15:18
笑っちゃった
 最高でしたね! 今年の24時間テレビ。  すべてのお約束とともに、あの「熱湯風呂」を再現してくれたダチョウ倶楽部の皆さん、懐かしかったです、ありがとう。久しぶりにお腹抱えて笑いました。いやー、感動した!上島さん、やっぱいいわー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/29 13:25
心弾まぬお買い物
 仕方ないなあ、と観念して、Kの下着を買い足した。ついでに、介護用防水シーツと紙パンツも。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/16 20:58
3歩進んで
 2歩下がる、なら褒めたい。  しかし、ずるっと5〜10歩くらい下がることもよくある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/07/10 13:37
ある意味、選ばれた
 今更、なお話ですが。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/15 13:16
優しい人々
 連休ど真ん中、ではあるけれど家族全員カレンダーと休みが連動しない組織にいるので実感がない。Kの施設は、祭日は希望者対象でイベント的な活動をしてくれるので参加させている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/04 13:40
忘れた頃に
 油断していたのは認める。  でも、やはり納得できない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/22 15:57
甘く、そして厳しく
 「要求の仕方が上手になった」ことから、それに応じることでKとのやり取りがかなり深くなってきた。これ自体は喜ばしいことだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/05 21:04
ファッション事情
 Kが日常着る服を買うのは、私。彼がまだ子どもの頃から、ここで私なりの彼の服装に対するこだわりを披露しているが、基本的な部分は変わらない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/14 12:37
就職シミュレーション
 買い物帰りに、フリーペーパーの求人情報誌を一冊持ち帰る。特に職探しはしていない。  その求人誌は、毎号Kが絵本のように好んで眺めるお気に入りなのだ。理由なんかわかりません。表紙のデザインかな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/26 13:45
重度知的障害と投薬
 少し前、「発達障害児・知的障害児への抗精神薬投与に関する報道があった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/15 13:31
気持ち、伝わる
 このところのKが、何かをよく見ていたり反応が分かり易くなったり・・・という変化を見せていることはここでも何度か触れた。視線の方向がはっきりわかると対象物やその動きがわかり、慣れてくるとこちらもそれを見ながらの表情の変化が読めてくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/24 20:30
厄祓い
厄祓い  まずまず、平和なお正月でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/03 20:10
プレゼント
プレゼント  今頃になって・・・とは思う。しかし、これはぜひ年内に触れておきたい気がした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/29 12:51
決戦! 親知らず
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/18 20:22
親知らずの逆襲
 療育病院歯科検診にて。  「あー、これ、虫歯だね。・・・・うーん、抜いたほうがいいかな。」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/13 14:35
覚醒の予感
 妙だ。なんとなくおかしい。  深く、静かに、何かが変わりつつある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/02 14:26
まだこれから・・・かもしれない
 昔から、Kは反応が薄い、何をどうしたいのか伝わらない、せめて伝える術を、と思いマカトンなど試みるが全く関心なし。当然こちらとの意思疎通も難しく、お互いにイライラすることが多かった。  だいたい、いつもぼーっとした顔で目の焦点がどこに合っているのかわからない。この子の意志ってなんだろう・・・とよく考えたものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2016/11/09 13:08
NHK vs 24時間
 初っぱなから大爆笑させてくれた 、Eテレ バリバラ「【生放送】 検証!「障害者×感動」の方程式」。裏番組で24時間テレビのアンチテーゼみたいな放送やるよ、と聞いていたがここまで正面から攻めるとは。    内容については既にあちこちで話題になっている。実際にご本家で「頑張っている姿」を披露した障害者の方がネタバレ話をしたり、Tシャツをパロったり。ちょっと皮肉るくらいかと思ったら、真っ向から宣戦布告してゴングが鳴ると同時にロープ最上段から全力体当たり、でしたね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2016/09/01 09:42
朝、大ショック
 「朝起きて、息子のおねしょを発見した時の衝撃ってわかる?」  「もちろん(笑)。絶望って言葉はあの瞬間のためにある。」  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/08/26 12:54
不安というより
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/20 12:46
消えない不安
 既に何度もここで書いたが、私はかなりの小心者だ。昔から、ずっとそうだ。  力説しても信じてくれない人もいるが、冗談でもなんでもない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/15 12:49
因果応報の理
因果応報の理  行基様といえば、昔日本史で習った偉いお坊様。奈良時代に日本各地を回り、仏の教えを広めただけでなく土木や福祉事業にも貢献されたという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/28 13:26
抜歯追記・・・歯科事情それぞれ 
 あの後、10日ほどあけて2本目の親知らずも無事抜くことができた。先生方、本当にありがとうございました。経過も順調、食事も普通に食べています。  1本目を抜いた時のことをおぼえていて治療を拒否されたらどうしよう、という心配は無用だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/24 21:34
抜きました! 親知らず。
 直前の順番の人の治療が長引いて30分近く待つことになり、緊張は高まるばかり。名前を呼ばれて歯科治療室に入り、いつもの歯科検診と同じ診療台で同じベルト(動きを押さえるため)をかける。抵抗が激しいようなら他の部署の看護師さんも応援に来てくれる手筈が整っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/04/19 13:23
抜きます、親知らず。
 さて。  先月、療育病院で定期的にお願いしているKの歯科検診に行った。いつもと同じ、歯石取りをしておしまい・・・・と思っていたのに。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/14 12:18
記念日と思い出
 年が明けると子ども服売り場に入学式・卒業式用の晴れ着が並ぶ。昔と変わらないスタンダードなスーツから、アイドル風のかわいいドレスまで。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/25 15:22
自分で決める
 平和な年の暮れである。  去年の秋冬は数年ぶりに自傷が再発し、暗い表情で過していたK。思春期真っ盛りの頃ほどではないものの、顔に痣をつくり血尿も一度出て久し振りに整形外科と泌尿器科へ。それぞれ特に異常はなかったが心配だらけだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/21 12:49
減薬
 不思議なことに、現在Kは好調だ。不思議とか言っちゃダメでしょ。でも去年の今頃はかなり荒れていて、結局春までどよーんと沈んでいたので今年も腹をくくっていたのに。  拍子抜け、というかやはり不思議。成長過程とかいろいろあるのかもしれないし、これからどうなるかもわからないがとりあえず好調な今を楽しく過すことにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/12 13:44
一緒に歩こう
 まだKが小学校の低学年だった頃。家から支援学校の通学バス乗り場までの間をKと歩いた。Kは多動ではなかったが、やはり手を繋がないとあぶない。突然立ち止まったり、すれ違う人を全く避けようとしなかったり。落ち着いて歩けない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/21 13:51
気遣いいろいろ
 足が不自由で、杖をつきながらゆっくりと前を歩く人がいる。後ろを普通に歩く私はそのまま行けばごく自然にその人を追い越すことになるのだが、これをどうも気まずく感じてしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/30 13:04
20になっても30になっても
 親の会のレクリエーション行事でよく会っていた20代後半の息子さんとお母さんが最近見えない。こちらもKが不調な時は休んでいたのでタイミングが合わないのかと思っていたが、問題行動が深刻になってきて外出が難しくなってしまったのだという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/06/24 13:25
帽子を買いに
 足りているのに「つい買ってしまう」ものがある。もう充分すぎる数を揃えているのに。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/14 21:25
ささやかな期待
 Kは定期的に療育病院の精神科に行く。その時々の状態を報告して相談し、投薬の指示を受けるためだ。18歳以降は障害程度区分の認定や更新、年金の申請などで医師の診断書やら意見書やらを提出する機会が多いので、身体的に健康であったとしても相談できる主治医は決めておいた方がいいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/29 12:48
横断歩道
 毎日Kと送迎バス乗り場まで歩く。途中、信号機のない横断歩道を渡る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/13 13:18
四年目の春
 18歳で支援学校高等部を卒業したKは、今年22歳になる。なんだかんだといいつつもずっと同じ生活介護施設に通ってのんびりと過ごしているようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/26 19:59
自己主張
 このところのKについて、さまざまな場面で不安定とか不調とかの表現をしていた。しかし、それだけではないのでは・・・とも思えてきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/21 12:46
今年も、桜。
 朝いつもKと散歩する広い公園で、よちよち歩きの幼児とベンチにすわっている若いお母さんを見た。他に何をするでもなく、ちょこちょこ遊ぶ幼児の相手をしながら時々空や木々を見上げている。朝から陽射しが暖かい日。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/04 20:12
出てきた、親知らず
 定期の歯科検診で、Kの奥歯に軽い虫歯が発見された。まだ浅いので、薬を塗って少し削るだけでいい、とのことでひと安心。このところ療育病院の歯科ではそれなりにおとなしく口を開けてくれるので、無事に治療を終えました。胴体は拘束されてますが。頭を動かさないという点では合格。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/04 11:28
レボリューション
 最近、Kがおもしろいことをやり始めた。いや、特別なことではないのだが、これまでの彼にはあまり見られなかった類の行動だ。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/22 20:57
ありがたや
 昔、昔のその昔。まだKが乳児で、障害なんて頭の片隅にも想像していなかった頃。  小児科の医師が、Kの寝顔を見て呟いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/06 13:00
健康管理
 言葉もなく指差しもしない、というKの体に異常があった場合、どのように察知されているか。あきらかな傷やあざなどがあればさすがにわかる。ただし、絆創膏も包帯も嫌がってはずしてしまうのその後の治療はかなり困難だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/01/20 12:41
悟り
 ここひと月くらい、Kはやや不調だ。今頃は毎年それなりに沈んでいるが、今年はなにか違う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/11 12:46
選択の決め手
 書店の雑誌コーナーで。  「週刊●潮」と「ビッ●コミック」と「漫画ゴ●ク」を手に取る。しばらく表紙を見比べる。厚さはじっくり確かめるが、中身・内容は一切見ない。それだけでかなり時間をかけた後、「ビッグ●ミック」以外は元に戻してレジに向かう。傍から見れば多分妙な選択だ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/01 10:38
変わること、への抵抗
 環境の変化や場面転換のストレスに弱い。幼い頃からそういう子だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/27 13:16
家族と愛着
 前回、Kは反応が少ない子どもだった、と書いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/16 13:27
最重度知的障害のテキストを探した日
 前回に続き、まず書店にて。  福祉関係書籍の棚を見ると、教師や施設職員対象の指導書ばかりでなく親や一般の人に向けた障害や福祉の本が昔よりずいぶん増えた。 障害児を育てているお母さんのエッセイやコミックス、昔よりわかり易く書かれた専門書。身体・知的・自閉症・ダウン症・重複障害等、取り上げられる障害も多様化し、「発達障害」という言葉も定着した。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/11 21:36
秋、つかのまの
 低気圧の影響で不安定な天気が続いていた頃、Kを主治医の定期診察に連れて行った。  開口一番、「お天気のせいか情緒不安定気味で・・・」と伝えたところ、先生はにっこり微笑んで ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/01 11:48
息子の服選び
 50代に差し掛かる頃から、代謝が悪くなったせいか食事や運動は従来どおりなのに微妙に丸くなった(中身ではない)自分に気付く。そうねえ、もうそろそろ年相応で体型をカバーする、それなりに上品な装いを心掛けましょう・・・と決めた。遅いって。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/09/26 12:33
「障害」と「症」
 初めてニュース引用機能を使った。どんなもんかしら。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/06/03 13:05
暗闇から手をのばせ
 ・・・というタイトルの映画を見た。障害者専門のデリヘル嬢のお話、と聞くと ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/14 10:52
落ち込み予報
 暖かいと思うと寒くなる。体調を崩さないように気を付けましょうと言われるものの、こういう変化に弱いのが障害児者のメンタルだ。あまりにも予想通りにKは2日ほど作業もレクリエーションも参加できなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/02/13 12:16
謎の電話
 「もしもし、Kさんをお願いします。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/08 14:44
通所生活のリズム
 Kは最重度の知的障害者なので、通所先は生活介護施設。それでも、簡単な作業を請け負ってできる人にはやってもらう、というプログラムもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/29 12:13
大人と子供とサンタクロース
 夕方帰宅し、座布団にどっかりとあぐらをかいて座る。コーヒーを飲みながらテレビを見て、煎餅をかじる。  どこのオヤジだ。はい、K君です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/19 10:16
ああ母校
 Kが卒業した支援学校の文化祭に行った。もちろんKも同行させて。  まだ在任されている懐かしい先生方や校舎の佇まい。送迎で毎日来ていたから、親にとっても思い出深い学校だ。さあ、ゆっくり校内をまわって展示や発表を見ましょう・・・とKの手を引く。ついては来るのだが、なんとなく反応が悪い。居心地悪そうにそわそわして、「もう帰ろう」というように出口に向かおうとする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/12/04 12:14
散歩いろいろ
 朝、Kを連れての公園・街中散歩もすっかり定着した。本当は少し早足の「ウォーキング」をやりたいのだが、Kと一緒だとやはり「散歩」にしかならない。しかもリラックスしてのんびりと・・・というわけにはいかず、あっちへフラフラこっちへフラフラ・・・というKを追いかけたり引っ張ったり、気を遣いながら歩く。それはまあ仕方ない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/19 11:58
こんなもんさ、とまた思う
 秋も深まり、年末年始の話題もちらほらでてくる今日この頃。何か忘れてはいないか。  ・・・そう、Kの成人式に備えてのスーツ購入であります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2013/11/04 20:49
自我ってやつが
 Kは、泣きわめいたりひどい自傷があったりしたものの、基本的に理解できる指示には従ってくれる子だった。ただ、理解できることがあまりに少なかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/10/25 12:37
育児書今昔
 ものすごく久々に、書店の育児関連書籍コーナーをじっくり見る。いや、驚いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/20 20:53
おしゃれの限界
 衣替えです。弟君の高校の夏服は、もうこれでお別れ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/05 19:39
季節の変わり目を・・
 ・・・・あなたの心で知るなんて・・・っていう歌があったな。そういう気持ちは常に経験している。風情のかけらもないことで。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/09/26 11:35
存在感
 さすがに20年も連れ歩いていると、ご近所はもちろんのことあちこちでKは認識されている・・・ようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/28 11:19
発作とつきあう
 少し前、Kが1年ぶりにけいれん発作を起こした。こちらも慣れてきて、あわてることなく継続時間や状態をよく観察して記録。病院に担ぎ込むほどではないと判断したのでとりあえず翌日は通所を休ませ、様子を見てから主治医に相談した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/14 20:35
二十歳の権利
 最初は、なんだこりゃ、印刷ミスか、と思った。しかし一瞬の後、すべてを理解した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2013/07/16 13:00
押さえれば、出る。
 癖、問題行動、気になるしぐさ、こだわり。   知的障害児者のこういった行動はまさに十人十色、千差万別です。  爪を噛むとか指をなめる、くらいのものから、他害や自傷まで。多動、うろつき、奇声。やたらと紙を破る、服を裂く。壁をずっと見つめてコツコツ叩き続ける。もうホラーの領域。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/13 21:30
強度行動障害、って
「手をつなぐ」5月号が届いた。 その中の「強度行動障害の評価基準等に関する調査について」という記事に目をとめる. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/12 14:55
知的障害と認知症・・年をとったら
全日本手をつなぐ育成会の機関紙「手をつなぐ」2013年4月号の記事「『認知症になった知的障害者』の支援について考える」を読んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/20 14:01
顔と歩んで
 Kの成人に伴う諸手続きの折に、いい機会なので療育手帳を新しくしてもらう予定だ。交付当時の3歳の顔写真とか、最初は中度だったのに次の更新時には重度、さらにその次には最重度になった判定の記録とか、すべてリセット。・・・・古い方も保管はしておくけど。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/13 12:12
朝、歩く。
 Kが施設の送迎バスに乗る場所まで毎朝2人で歩く。たいした距離ではないのだが、やらないよりはましかな、くらい。また、施設のお出かけは公園の散歩やバス利用が多くなり、街の中をなんとなくふらふら歩く機会は少ない。いまのうちにそういう経験はたくさんさせておきたい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/09 13:53
身長な話
 先日久しぶりにKにはかせたスラックス。なんとなく、丈が短い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/13 12:14
幸せって、なんだっけ
 前回の施設法人の成人式&新年会に出席した時にあらためて驚いたこと。  この地域では、こんなにたくさんの知的障害者が生活している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2013/02/05 12:01
成人カウントダウン
 Kが通う施設を運営する法人が、利用者の成人祝いを兼ねた新年会を開催した。私もKを連れて参加しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/02/01 11:42
ゆっくり話そう、一緒にやろう
 昨年末の、「Kと2人だけで4日間お留守番」の時。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2013/01/20 14:12
本格スタート
 4日、Kは「初通所」だった。昨年まではびっちり「学生の冬休み」だったから、ありがたい。と同時に、なんとなくお正月が早く終わってしまうようで慌ただしいような寂しいような。そんなことを思えるのは、昔よりも多少余裕があるせいだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/07 12:05
そして静かに暮れる
 めまぐるしい、でもなんとなく安心できるようになったかな、という1年だった。ほぼすべて、Kに関することなのだが。  支援学校の高等部を卒業し、生活介護通所施設に通い、なんだかんだと手を焼かせつつも馴染んできたかな、と思ったらもう年末。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/12/29 20:08
わかっちゃいるけど
 いけません、と注意されてやめたらその後はやらない、というのは良い子。  わかっていてもたまにやらかしてしまう、というのもありがち。ことによっては、次からは隠れて・・・ということもあるかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/17 12:34
7年たっても
 このブログを開設したのは、忘れもしない2005年の12月。そう、ちょうど7年前。  初めて記事をUPした時、まさか7年後も同じようなことをぐちぐちと書いているなんて思わなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/12/04 12:02
できる、わかってあげる
 前回を受けて。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/11/23 11:29
できなかったこと、できたこと
 子育ての日々で、「○○ができるようになった」というのは大きな感動であり苦労のご褒美だ。重度の障害児を育てていて何が辛いかって、このご褒美がなかなかいただけないということ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2012/11/19 12:17
後ろを見れば
 久しぶりにKを日中一時支援事業所に半日ほど預かってもらった。休日利用の場合1〜2ヶ月前から予約しないと定員オーバーになってしまうので、しっかり予定を立てておかねばならない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/11/08 12:21
今日はお休み
 先日、Kが初めて施設を病休した。朝、38.5度の発熱。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/15 11:50
そろそろ安定・・・か?
 Kが支援校高等部を卒業し生活介護施設に通い始めてそろそろ半年近くなる。環境の変化に弱いタイプなのであれこれ小さな問題は抱えたが、さすがに慣れてくれたようだ。そういえば、高等部に入学した時も自傷行為とパニックがなくなるまで半年以上かかったっけ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/11 11:50
食べたい時が旨い時
 どの育児書にも、「指差し」というのは発達の大切な過程である、と書かれている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/03 11:23
さんぽ
 支援学校の高等部は、てきぱき動かない子でもバリバリ動かしてくれた。  雑巾がけに毎朝のランニング、体操などのカリキュラムのおかげで、自分から動かない子でもそれなりの運動量が確保できていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/09/22 08:43
先にわかっていたとして
 あまり気が進まなかったけど結局見た。NHK特集「出生前診断 そのとき夫婦は」。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 22

2012/09/18 11:59
脳・波・苦・戦
 フォーゼのサブタイっぽく。別に意味はないですが。  知的障害を持つ子は、思春期になる頃突然けいれん発作を起こすことがある。Kも中学生になる頃から現在まで数回経験した。一応検査入院もして、てんかんではないようだが投薬はしたほうがいい、と指導され現在に至っています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 18

2012/07/27 12:37
それでいいんだよ
 車で外出した時なんとなく聞いていたカーラジオ。中学生(?)の女の子の電話悩み相談が流れていた。聞き流していたのだが、相談の内容が内容だったので途中からつい聞きいってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/07/15 20:07
その他大勢
 先日、Kが通う施設のレクリエーション行事があった。希望者が保護者と一緒にさまざまなお楽しみプログラムに参加する。景品やお弁当、おやつもあり。他の利用者やその家族、職員さんとも親睦を深めることができました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/11 11:04
学友、学校
 休日、Kがヘルパーさんと外出している間にショッピングセンターに行く。正面から、どこかで見た顔の青年が歩いてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/03 12:35
18歳幼児
 Kと休日にお出掛けしてファミレスに入る。混雑する時間帯を避けても休日は店内が賑やかだ。外食に慣れているとはいえ、一応保険として待ち時間用の絵本を持っていく。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/06/22 12:09
さあ、どれにする?
 先日Kを買い物に連れて行った時、本屋で「絵本を買って」とおねだりの仕草をされた。どうせまたアンパンマンかトーマス・・・いや、この間はゴーカイジャーを選んだから、わからないぞ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2012/06/07 10:59
卒後の健康管理
 Kが支援校高等部を卒業して通所になるにあたり、心配したのは健康管理だった。  学校であればたいてい新学期に入るとさまざまな「検診」がある。内科、歯科、眼科、耳鼻科ときて、検尿とか時に血液検査や心電図、脳波の検査も12年の学生生活の中で2回くらいあったかな。身長と体重は毎月測っていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2012/05/31 11:58
妄想スピードの限界
 地元紙のお知らせ欄に猫の里親募集の投書が何件か掲載されていた。なんとなく眺めていたら、そのうちの1件が以下のようなものだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/05/12 14:35
彼の「社会」
 で、Kは希望の生活介護事業所に通い始めた。親の不安を知ってか知らずか、いや絶対知らないで、なんとかそれなりに一日を過ごして機嫌よく帰宅している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/27 11:34
それでも、春はくる
 高校生の弟君はともかく、Kはもう学生じゃない。学校は始まりません。    制服は、同じ支援学校に入学する学童クラブの後輩にお下がりであげてしまった。体操着は部屋着とパジャマになった。そういうものが消えた洋服タンスを見るだけでも、「ああ、フリーなんだな」ということを実感してしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/09 12:20
あっちこっち春休み
 とにかく、3月いっぱいはKはお休みなのだ。なんとか乗り切らねばいけない。そういう意味でも気を引き締めて臨んだ3月でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/29 12:17
卒業戦線 エピローグ
 支援校高等部を卒業して、いろいろなことが変わった。それなのに、そういう実感がいまひとつ・・・なのはまだ本当の「新しい環境」ではないせいだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/03/18 15:34
支援学校高等部卒業式
 卒業式は滞りなく終わりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2012/03/09 12:10
卒業の前
 学校に行けるのは、あと数日なんだよ。  給食だってもう食べられない。  先生にも会えない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 20

2012/03/02 12:15
幼な子のまま
 ついこの間まで子育てにてんてこまいしていたのに、気付いたら義務教育の期間は終わっていた。なんだか騙されていたような気分だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2012/02/20 12:30
白い街
 寒波による豪雪のニュースが毎日のように流れる。雪国の方々のご苦労を思うと、たかだか数センチの積雪で「学校に行けない」とか「外出の足が」とか言ってあたふたしていること自体申し訳なく感じます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2012/02/16 11:04
取調室の扉
 ニュースより。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/09 12:30
手をはなす
 休日に外出していて、ふと気付いた。  最近、Kが手をつないでくれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/05 20:27
加害と被害
 先日、中途半端な時間に支援学校の先生から電話が入った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/01 15:08
涙、涙の体重管理
 なんで毎日こんなに寒いの? とかボヤきつつ一旦コタツに入ってしまうと、もう両足が異次元からの触手にからめとられてしまったかのように・・・つまりは、出たくない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/01/25 12:20
必要ないんだもん
 障害児学童クラブの指導員さんと、日常生活におけるKの身辺自立について話をしていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/14 15:35
最後の新学期
 新学期。ああ新学期、新学期。あら、どうしたのかしら、自然に頬がゆるんじゃう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2012/01/10 13:05
6年ですってよ
 また1年たってしまった。   このブログを始めた2005年12月、Kはまだ支援学校小学部にいた。そして今、高等部卒業を目の前に控えている。なんてこった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/12/15 11:24
冬支度
 11月になったとたんにお店のディスプレイがハロウィンからクリスマスになった。書店の児童誌コーナーにある雑誌の表紙もほとんどが赤と緑、人気キャラがサンタ仕様。ケーキと年賀状印刷とおせちの予約チラシが届く。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2011/11/13 14:54
支援学校の給食
 支援校の秋のPTA行事、「給食試食会」。高校生でも給食を出していただけるのはとてもありがたい。しかも校内の調理施設で毎日手作り、おいしいという評判を聞いていたので楽しみにしていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/30 12:01
個別面談の感慨
 新学期早々に、支援学校では個別面談が行われた。  学童クラブのある日ではなかったため、Kも同席。こちらの都合で学童クラブのある日を選べなかったので。先生も、最近の様子なら大丈夫ですよ、と言ってくれたのでまあいいか、ということにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/12 12:00
プール当番
 PTAのお手伝いで多分最初で最後になる「夏休みプール当番」がまわってきた。  受付に座り、ノートに名前を記入してもらってカードを預かりハンコをペタン。一般の学校のプール当番も似たような感じだったが、特別支援学校の場合来場・参加のしかたがいろいろある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/04 19:49
就業体験
 今、Kは毎日「就業体験実習」に行っている。  就業というと作業所などで決められた仕事をしている・・・・という印象を受けるが、Kが通っているのは新体制でいう「生活介護事業所」。仕事ではなく、散歩や簡単な作品制作等、障害の重い人達が日中を心穏やかに過ごすための場所だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/16 13:59
ドクター・パニック
 お昼を過ぎた頃、私の有能な秘書・IS05ちゃんの着信画面に表示された支援校の先生の携帯番号。嫌な予感というのはたいてい当たる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/06/05 15:01
それから、どうなるの
 PTAの文化部行事。普通の学校だと、手芸講座とかヨガ教室とかになるが、支援学校はひと味違う。市の福祉課の自立支援法解説、就労した卒業生の体験談、事業所等の施設見学、マカトン法の解説、などなど。味、っていうのもなんだけど。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/06/01 12:07
小児科卒業
 高三で今年18歳。体調を崩した時に小児科にお世話になる年じゃないよな、と考えていた。  ずっと主治医だった小児科は、時折大人の外来患者も見かけるし事情をくんでくれると思う。でも、待合室で一緒になるのは子供ばかり。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2011/05/21 15:15
あわてないで
 障害者レクリエーションに参加した時、この春お子さんが支援校に就学したという保護者に紹介された。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/13 14:31
支援学校最後の春
 支援学校高等部の新学期初日。毎年、親も時間が許せば最初のクラス編成・担任発表の場に立ち会うことになっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/20 11:50
さあ、どうする。
 以下、先日まで受験生だった弟君の「国語長文読解問題集」を見てから書いたものです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/05 12:18
開戦!花粉ウォーズ
 少しでも敵の気配を感じたら、どんな卑怯な手段を用いてでも抗戦する。もしくは逃げる。小心者の鉄則。  今年はヤバいぜ、とは聞いていたのでそれなりに対策をとることにする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2011/03/09 12:34
実は・・・でした
 若い頃からの知人が、実は発達障害だったと知らされた。 年賀状のやりとりなどはあるがもう長いこと会っていない同世代。確かに少し個性的なキャラクターではあったが、普通に社会生活を営み家庭も平穏、「ちょっとユニークな人」というイメージしかなかったので、正直驚いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/03/05 19:52
アッシー・ママ
 アッシーって言葉自体今使うのはどうよ、というのはさておき。  Kと同じ支援学校高等部の保護者が言っていた。  「私はもう、送迎が仕事だから。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2011/02/26 15:49
支援学校の春を前に
 Kが通う支援校高等部の入試が、今年も無事終わった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/15 12:37
そういえば、高校生だった
 いつものように、Kを支援学校高等部の送迎駐車場まで送る。 車を降り、「いってらっしゃい」と軽く肩を押すと、船外作業中に力を加えられた宇宙飛行士のごとくゆるりと微妙なスタートで歩き出す。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/21 11:55
笑っていい・・・のか?
 「なんかすごいもの見ちゃった気がするんだけど、あれってアリなの?」こんな感想もあった。  NHK教育「きらっといきる」の「バリバラ(バリアフリーバラエティー)」スペシャル、その名も「笑っていいかも」。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2010/12/15 15:03
防寒親子
 今くらいの季節になると、毎朝のように迷うこと。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/11/29 11:59
ピンチは簡単にやってくる
 先日の朝、なんとなく気分がすぐれず寒気もするので体温をはかると、みごとに38度線越えの銃撃戦レベル。  夫は既に出勤した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/11 12:07
投薬を決めた日
 お子さんが支援学校の小学部に在籍しているというお母さんから質問された。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/04 12:15
17年目の新ステージ
 たとえば、ずっと壁だと思っていた所に実は扉があると気付いたら。  荒れ野に見えていた所に道がある、とわかったら。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2010/10/29 11:37
交渉術
 休日は大抵Kを連れて買い物に行く。目立つのはわかってるけど、人を不快にさせないマナーはしっかり守らせて堂々としていたい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/16 14:15
発達障害、「予防」と「治療」?
 前回の修学旅行記事の続編を、の予定でしたがこっちが先かな、と。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 16

2010/09/27 00:30
ほめどころ
 「いや、成長したねえ。」「すごいすごい」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2010/09/15 12:26
お利口になるってのは
 ・・・・扱いにくくなる、ということ。わかっているんです。  自我の芽生えとかやる気のはじまりとか、子育て経験者なら充分理解できること。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2010/08/19 12:28
障害児と戦争
 以下のリンク先記事をぜひ読んでいただきたいです。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/08/13 20:17
待ち時間
 いつもお世話になっている歯医者さんで、Kの歯石取りとフッ素塗布をお願いする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/08 12:59
課題への挑戦
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/02 12:37
新たな課題
 このところ順調に学校生活を送っているK。しかし、課題は山ほどある。  多分一生課題は終わらない。でも、とりあえず卒業までにはなんとかせにゃいかん、ということから優先して解決をはかっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/29 20:47
「目の前真っ暗」
 そして、「頭の中真っ白」。あと、「目が点になる」とか。そういう言葉をリアルに体感した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/06/05 21:10
支援学校高等部・・・親が学ぶこと
 Kが中学生まで通っていた支援学校には、高等部がない。そこを卒業して進学する子は、近接する市の支援校の高等部、もしくは少し遠方の全寮制の支援校を受験する。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/02 12:30
聞き書き支援級
 Kの就学前に一度だけ地元の小学校の支援学級(当時は特殊学級)を見学に行ったことがある。まあ参考のため、くらいの軽い気持ちでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/27 12:46
ここにいるよ
 地元の障害福祉関連のイベントに行く。養護学校の作品展示や作業所の物品販売、ダンスの発表や露店など結構にぎわっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/24 12:35
ひとつ山越え
 連休が無事終わっただけで大変めでたい。少なくとも私にとっては。今年も大きな山を越えられたようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/15 14:57
見ている方も・・・
 子ども達にシュークリームでも買っていってやるか、と入った洋菓子店。  その直後に現れたのが、4人くらいの知的障害者(成人)とその付き添いと思われる人2人、というグループでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/30 12:37
安心なんて
 今更だが、Kも無事進級。支援学校高等部2年生になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/24 20:45
自閉症向け会話ソフト、とか。
 ・・・これ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2010/04/06 12:56
思い出の苦さ
 「あなたにも、あんな頃があったのよ」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2010/04/03 20:17
ぼくらの春はゆく
 支援学校高等部に入学してはや一年。まともに通学できるようになるまでに半年かかったものの、なんとか精神的に安定もしてくれました・・・・と思っていたら、今年度終了。  春休みはともかく、新学期、クラスがえ等のストレスがまたやってくるのかと思うと気が重い。ただ、昨年と違って通学する場所や方法まですべて変わる、というのではない分なんとかなるかも、という甘い期待もあります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/28 12:47
指示待ち障害児・それから
 「指示待ち障害児(前編)」 「指示待ち障害児(後編)」のその後。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/18 15:25
支援学校高等部卒業式
 Kはまだ一年生。でも、卒業式のお知らせに「在校生の保護者の方もぜひ参列してお祝いしてあげてください」とある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/15 12:49
指示待ち障害児(後編)
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/08 11:49
指示待ち障害児(前編)
 高等部での生活も慣れた様子のK。先生から、次の課題を提示された。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/04 21:50
なんとかなる、なる
 当然のように、我が家の日曜の朝のチャンネル権については私が揺るがぬ主権を持っている。暗黙の了解であり、抗議するなど誰も思いつくことさえない、というくらい鉄板の掟。裏番組の複数録画さえ可能な時代、いらぬケンカはしない、という平和志向の家族です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/01 12:20
「障害児が、乗っています」
 ・・・っていうステッカーはさすがにないですね。「こどもが・・・」というのと同じノリでは貼れない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/26 12:14
あれから一年
 特別支援学校高等部の入試発表があった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2010/02/17 12:13
支援学校高等部の学校行事
 Kが高等部に進学して1年、なによりありがたいと感じたのは学校行事の位置づけ、というか参加の仕方です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/13 13:20
逸失利益って何?
 重度障害者死亡逸失利益訴訟:重度障害者に逸失利益 青森地裁が初認定 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 12

2010/01/20 12:57
ドラマ「輪廻の雨」・・障害ファンタジー?
 以前から何度も書いているけど、こういうドラマは地雷踏みまくって満身創痍になるのが嫌だから慎重に選んで見ることにしている。    ただ、今回は  ・平成ライダー2人が知的障害者とその兄を演じる  ・ついでにタイムレッドが刑事役で出演する  ・深夜の1時間単発ものだからさらっと見られそう ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/11 20:27
おつきあいのしかた
 「最近やっと、K君との付き合い方のコツがわかってきました。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/08 13:20
言っていいこと、悪いこと
  阿久根市長、ブログで物議…障害者家族ら反発 ...続きを見る

トラックバック 7 / コメント 10

2009/12/05 20:35
ひっそりと、分けられてました
  科学事業「廃止」に待った ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/11/29 14:22
障害児インフル攻防戦
 ひたひたと迫る魔の手。日を追うごとに、子供達の学校からは、欠席者数と学級閉鎖のお知らせが増える。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/11/08 11:42
お好きなように
 「障害者」どう表現 吹田市が新しい呼称募集 大阪  2009.11.1 02:37 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/11/02 12:21
スロー・スタート
 Kが支援学校高等部に入学してはや半年近く。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/02 11:35
きれい?
 先日、Kを歯医者に連れて行った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/07/31 12:24
おつかいは、できません。
 テレビ番組「はじめてのおつかい」を普通にみていられるようになったのはいつ頃からだろう。少なくとも数年前までは、この番組は見ることができなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/07/28 11:08
知的障害者らに「専門弁護士」・・・ニュースより
・・朗報、なのか? 以下引用。長いけど、内容ありすぎ。リンクは切れてるかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/19 19:54
支援学校卒業生のお話
 支援学校高等部で、卒業生を招いて現在の生活の話を聞く、という催しがあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/16 14:12
障害児の夏休み、ぼちぼち。
 私「3ヵ月かかってやっと学校に馴染みはじめました。慣れた頃には夏休み、なんて半ば冗談で言ってたのに。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/07/10 12:40
障害児母の親馬鹿
 おかげさまで、その後Kは少しずつ穏やかになっています。  先生方も少しずつ彼への対応のコツを掴んでくださったらしい。また、ここでお話しした中学校時代の先生と連絡をとり、様子を聞いてくださったとか。もう感謝感激です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/20 11:40
続続・支援学校高等部というもの
 前回の続き、というか追記。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/06/14 14:10
続・支援学校高等部というもの
 高等部入学から2ヵ月余。学校の玄関前から頑として動こうとしなかったKが、ようやく自分から歩いて下駄箱の前で靴を脱ぐようになりました。  2ヵ月でそれですか。そうなんです。でも、進歩には違いないんです。作業の時間等にパニクる頻度も減ってきたし、笑顔も増えているとのこと。ようやくひと息つけそうだ。  あとはただ、このまま穏やかに活動してくれるようになってほしい、祈るしかない毎日です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2009/06/11 13:07
支援学校高等部というもの
 障害児学童クラブの保護者代表として高等部の校長先生にご挨拶に行ったときのこと。  校長先生は「一年生でもトップクラスの問題児」であると思われるKについてもご存知でしたが(だから、そこがもうなんというか・・)、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/06/03 12:39
障害児学童クラブ外交
 実は私は現在、障害児学童クラブの保護者代表であります。なんて身の程知らず。  子供の在籍年数がそれなりにあって時間の都合もある程度つく、ほぼそれだけの理由でなんとなく引き受けてしまったのですが。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/05/29 12:25
備えあれば・・
    我が子の特徴記す「将来託す手帳」…障害者の保護者が作成    東京都青梅市の知的障害者の保護者でつくる「青梅手をつなぐ親の会」(永野初美代表、65人)が、障害を持つ我が子の癖や特徴などを記しておく「将来を託す手帳」を作成した。同会では「親亡き後も、意志能力の十分でない子供たちが心身ともに健康で安心して暮らせるように」と話し、希望者には有料で頒布する。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/26 21:40
入学準備とサポートブック
 担任の先生やヘルパーさんには、Kの行動特性や対応のしかた、嗜好や服薬などをまとめたサポートブックをお渡ししている。毎年年度初めには改訂したものをあらためて配る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/02 13:26
やはり荒れます、春。
 卒業式を終えて春休み、このところKの精神状態はかなり不安定だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2009/03/31 18:06
ニュースより・・・トップたるもの
 3月21日 東京新聞ほっとWeb より引用。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/23 12:37
障害児の性教育
 ・・・に関する訴訟の判決が少し前にニュースになっていましたが、それに関してはコメントできるほどの情報量がないのであえてスルー。詳細や実情を知らずにあれこれ言える問題じゃないです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/03/16 12:19
配慮の読み違い
 「障害児の親です」とか「障害者です」と告げた途端にその場の空気がちょっと揺れる、というようなことを以前書きました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2009/03/11 13:02
好調不調、ありのまま
 もうすぐ支援学校の発表会。1年のうちでもこの発表会と秋の運動会の練習期間は、台風の中を小さな傘ひとつで歩いているようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/04 12:27
ゴール、ふりだし
 支援校高等部入学準備を少しずつすすめる。  これまではなかった制服を毎日着て登校し、作業着も着る。ボタン、ベルトも自分で手早く装着できなければいけない。「そういうことも、これまで以上にお家で心がけてほしい」とのこと。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/03/02 13:48
病院狂想曲
 Kと同じような自傷行為を繰り返していた男性の目に異常が発見され、手術をしたが完治には至らなかった、ということを聞いた。  「万が一ということもある、早期発見できれば大事に至らずに済むから」とKも検査を勧められた。    明らかな病変や異常がある、またはそれらを避けるための予防接種などではない。  その時点での異常は見られないが念のため、というか安心のために病院へ連れて行き、格闘に近い状況や醜態を晒すであろう検査をさせる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/26 13:12
印象操作とカミングアウト
 たとえば、タイトルやトップページを見ずにこのブログのカテゴリからオタ話だけを拾い読みする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/23 11:55
支援校高等部入学を前に
 春からKが通う支援学校高等部の入学説明会に参加した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/18 12:56
特別支援学校高等部入試
 支援校中学部3年生、15才。支援校高等部進学を希望。本人に確認はとれないので、正しくは親の判断による親の希望、ですが。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/02/02 12:15
テレビの中の障害者 その4・・・NHK教育「きらっと改革委員会」
 以下、主に「きらっといきる」のレギュラー枠で年末に放送された「反響編」を見て。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/21 12:02
テレビの中の障害者 その3・・・NHK教育「きらっと改革委員会」 
 前回後まわしにした ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/19 12:13
テレビの中の障害者 その2・・・NHK教育「きらっと改革委員会」 
 「その1」の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/14 11:06
テレビの中の障害者 その1・・・NHK教育「きらっと改革委員会」
 年末にさわりだけ見てちょっと取り上げた、あれです。(参照記事・・「がっかりされる障害者」)先日やっと、後日放送された「反響編」まで見ました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/12 19:55
障害児親子、放浪の思い出
 ぼちぼち新学期の準備。雑巾を縫う作業は、「ああ、もうすぐ学校が始まってくれる」という安堵感に包まれてのまったり仕事。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2009/01/05 11:08
がっかりされる障害者
 ETVワイド ともに生きる 12月6日放送  【大阪発】こんな福祉番組が見たいねん!−きらっと改革委員会・発展編−  ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/12/27 14:04
年賀状で実感
 いつもギリギリになってしまうのはどうかと思い、年賀状作成の下準備。住所録等をチェックして整理した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/17 12:16
気になることと、成長の評価
 学校、障害児学童クラブ、ステーション、ヘルパーさんとの外出。それらから帰宅したとき、いちぱん最初に尋ねることはいつも同じ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/14 13:41
「「千葉東金女児遺棄事件」について想う・・・・」について
「「千葉東金女児遺棄事件」について想う・・・・」について  ちえのすけさん、私も同じようなことを考えていました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/09 15:33
「障害者自立支援法 改正への課題」NHK福祉ネットワーク
 油断して、3回シリーズのうちの初回を見逃した・・・障害者自立支援法の成立から3年、見直しに向けて現状と問題点を振り返る、というテーマです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2008/12/05 22:17
障害児、ポッチャリ系の秘密・・なのか?
 思春期になり、情緒不安定からくる自傷行為やらけいれん発作やらで種々の向精神薬を処方されているK。 薬もその効き目の様子を見つつ種類や量を変えてきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/11/26 10:10
いつも、一大決心
 そろそろ、行かなくちゃ。でも、Kがずっと不調だったために先延ばしにしていた。  歯医者さんでの定期検診。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/11/17 11:46
悪乗りスタイリスト
 モデル体型のイケメン中学生男子(親バカフィルター効果込みで)が、親が選ぶ服を文句ひとつ言わずになんでも着てくれる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/11/13 12:45
人のココロ、機械のキモチ
Kの療育にフル稼働して10年、という私の軽自動車。そろそろ買い替えか、と考え始めた最近になって妙に燃費がいい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/27 12:22
「重度」のイメージ
 先日の教育テレビの「福祉ネットワーク」は、自立支援法の就労移行支援がテーマになっていた。  就労を支援する福祉事業者や本人の努力、問題点とその解決策等が例示されており、勉強になりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/10/22 12:25
支援校高等部進学スタンバイ
 先日、Kが、というより保護者たる我々が希望している特別支援学校高等部の入学(入試)説明会がありました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/20 13:06
世間様って広すぎる
 「記憶力の悪い子は体で覚えさせるしかない」 適性に欠ける教諭を分限免職 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/19 11:58
憂いの秋・・運動会近付く
 笑顔で早寝早起き。  ごはんもしっかり食べてお通じも快調。  学校でも笑顔で指示に従い、課題や作業に積極的。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/09/17 13:19
ため息の十五夜
 よく行くショッピングセンターの中の和菓子屋さんでは、十五夜と十三夜の日にお団子を買うとサービスですすきをくれる。無事に団子とすすきをGETした後、そのままそこで開催されている市内の障害者作品展の会場へ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 11

2008/09/14 21:07
障害児と映画館・・・油断大敵
 今年ももちろん行きました。Kと弟君を連れてポケモン映画。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/09/04 12:29
「24時間」、頑張れますか
 もういいかげん絡むのよそうよ、と自分でも思うんだけど、毎年なんかもやっとしちゃってどこかで呟きたくなる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2008/09/01 11:59
知的障害者への暴行事件
知的障害者ねらい暴行、恐喝…少年グループ逮捕            参照先 2008.8.22 12:00MSN産経ニュース ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 20

2008/08/23 15:14
障害児と旅行2008 その1・・・初めての飛行機
無理だ、と思った。  いや、いけるかもしれない、でも失敗は許されない挑戦だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 23

2008/08/21 14:25
障害児とお出掛け・・・ちょっと総集編
 最近気がついたことがある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/17 14:14
目覚める夏休み難民
 l就学前に通っていた療育園は保育園同様夏休みも開園していた。しかし、就学してからこっち毎年のように長いお休みの過ごし方には悩みつづけている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/30 11:49
猛暑の中の障害児育て
 始まっちゃったものは仕方ない。上等だわ、突っ込んでやろうじゃないの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/21 12:39
とにかく一度、ご覧になって
先日、養護学校で校医さんや地元の自治会長さん等を招いて授業を参観していただくという行事がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/17 15:46
悪い子は、誰。
 昔、Kと同じ療育施設に通園していた子の保護者から聞いた忘れられない話。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/14 12:56
ひとかけらでも、希望
 Kの就業体験が無事に終わった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/07/02 12:50
ぼくらはみんないきている
 酷暑を迎える前に毎年やっているのが、家のまわりの草むしり。除草剤は使いたくないので、大雑把ではあるが軍手をはめて黙々と。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/30 12:13
障害児と冠婚葬祭・・・迷い
 前回の続き。この記事は、前回のものも合わせて昨年の今頃書いたのですがなかなかUPする気になれなかったものです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/25 12:14
障害児と冠婚葬祭・・・決断
 近親者の冠婚葬祭の儀式の際に、知的障害児者を出席させるか否か。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/23 13:28
「障害児」と「障害者」の間で
 Kは中三。障害「児」というのもやや苦しくなるお年頃だが障害「者」と呼ぶのもまだ馴染まない。  沈んだり浮いたり、どっちつかずの思春期。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/11 12:06
こっちを向いて
 「ずっと聞こえてるね。」  「私が来た時から泣いてる。もう30分以上かな」 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2008/06/09 12:28
五体満足、の重み
 「五体満足(知的にも)であれば、充分です」  「心身ともに健康に育ってくれるだけで、いいです」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2008/06/02 12:42
養護学校PTA歓送迎会
 養護学校の先生方とPTAの歓送迎会に出席した。転出・転入した先生方と卒業した生徒の保護者の懇親会だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/28 12:49
災害時の障害者援護
 先日、民生委員さんから我が家を訪問したい旨の連絡を受けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/26 12:52
障害と味覚の謎
 そりゃ、好みっていうのはそれぞれだから、っていうことは知ってる。食べ物とか味覚とかだって、人により多種多様だということも。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/09 12:38
卒業式もいろいろで
 初めて、「一般の小学校の健常な卒業生」の保護者として卒業式に出席した。  弟君が地元の小学校を卒業したのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/31 11:36
障害児のおしゃれ・再考
 前にも書いたけど、とにかく最近Kの洋服を選ぶのが楽しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/03/24 13:53
託す希望・・・施設見学
 養護学校のPTA行事で恒例の施設見学に行った。市内でも歴史のある福祉法人が運営する福祉作業所だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2008/03/17 12:30
養護学校発表会2008
 今年もなんとか無事に終わった養護学校の発表会。三学期開始と共に繰り返される練習の日々に落ち着きをなくしたり荒れたりしがちな子供達でしたが、皆立派にステージに立っていた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2008/03/05 11:35
エコと介護
 買い物にエコバッグ持参という人が増えている。私も、ずいぶん前からそうしたい、と思っていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/25 12:43
因果は巡る、と言われたら
 「障害のある子を授かったのは、あなたの前世に罪業があるからです」  ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 18

2008/02/20 12:25
遠回り
 可能であれば期限をきらない、焦らない。  結果だけを重視せず、過程を大切に。  段階を踏み、積み上げながら進んでいく。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/18 12:12
黄色い傘
 雨の日は子供に黄色い傘を持たせていたお母さんが、学童クラブの指導員さんから言われたそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/02/13 11:58
扉の向こう
 子供の障害を知り、落ち込みつつもなんとかしようと考え、役所や児童相談所に紹介された療育機関や福祉施設を見学に行った時に受ける、軽いけどかなり効く最初の衝撃。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 16

2008/02/04 11:36
すべてが、想定外
PL法の施行からこっち、製造者はその製品の安全性等に対してかなり気を配っていると思う。取り扱い説明などにも、想定できることから、まさかそれはないだろう、ということまでさまざまな注意を書き連ねている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/01/30 12:05
もう、忘れないから。
 小学校低学年の頃、同じクラスに知的障害を持った女の子がいた。30数年前、どんないきさつで彼女がそこにいたのかは全くわからない。でも、彼女が「ちょっと違う子」であることは皆わかっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/01/28 13:09
障害者のドラマ
 はっきりそれをテーマにしているものもあれば「そういう方向」を匂わせているものまで。このところ、障害者をテーマにしたドラマが増えてきました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 14

2008/01/21 12:14
じっと、足元を見る。
 「あなたは前向きなようだけど、けっこうネガティブよね。」 ・・・・・みたいなことを言われたことがある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 18

2008/01/09 11:24
本当の新年
 新学期だ。めでたい。  明日から子供達は毎日学校に行ってくれる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/07 12:48
望んでいた「普通」と手に入れた「普通」
 本当に、静かな新年だ。  とりたてて楽しくもなく、かといって不満もない。時間が一定のリズムできっちり過ぎていく。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2008/01/05 20:18
外から見た親たち
 公立校PTA会長会の役員を引き受けてから、学校教育関連のさまざまな会議やら研修やらに参加した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/12/05 10:04
先生のやる気、親のキモチ
 「今年は、子供達と担任の相性、というか組み合わせがいいみたいなんだよね。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/12/03 12:05
学校から電話・・その一瞬
 家族を送り出した平日の真昼間。電話が鳴り、相手先表示に「ヨウゴガッコウ」の文字。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 18

2007/11/28 12:08
養護学校のマラソン大会
 養護学校でも毎年あります。マラソン(もしくは持久走)大会。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/26 13:10
努力の転機
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/21 12:28
努力の中で
 Kを映画館に連れて行けるということについては、羨ましいといわれることが多い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/19 12:02
障害の体験
 弟君が学校で「障害を擬似体験する」という体験学習をしたそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 20

2007/11/14 12:23
差別と区別
 だから、挑発的なタイトルは自重・・・まあいいや。  ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 8

2007/11/12 12:38
障害者ウォーキング
 毎年、障害者のウォーキングに参加している。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2007/11/07 09:43
就学検診の季節に
 先週、弟君は六年生として小学校の就学検診のお手伝いをしたそうだ。小さい子が喜びそうな絵本を持参し、かわいい年長児たちのお相手をしたらしい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2007/10/24 11:42
養護学校の運動会 2007
 毎年の恒例行事をテーマにする場合、考えるのが面倒なので「2007」をつけるだけになっている。安直な人間性が丸見え。  来年もここを継続していれば多分「2008」になるだけでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2007/10/10 12:11
本人の、幸せ
 何年か前に、脳性マヒのご本人の講演を聞いた。体は不自由だが知的な面ではとても優れた方で、生活も経済面もしっかりと自立していらっしゃる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2007/10/08 11:51
ひとつ積んでは・・の親修行
 小さなことから少しずつ。毎日の全てが積み重ね。重度障害児の親として、これらの言葉を金科玉条、座右の銘と決め、常におまじないのように唱える日々であります。気分は修行僧。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2007/09/27 13:13
障害児とお医者様の、いろいろなこと
 先日、障害児者医療に関する意見発表会のようなものを聞いてきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/23 16:36
知的障害者福祉月間
 ・・・だそうです。毎年9月。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 10

2007/09/19 12:17
通学の自立
 先週の台風の時、一般の地元公立小中学校のほとんどが登下校時刻を変更したが、Kの養護学校は定刻どおりだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/09/10 11:11
振り向くのが、こわい
新学期もはじまり、自由になる時間が増えた。ありがたい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/27 13:16
障害児と旅行2007・「700キロを突っ走れ!」
 いや、別に高性能火薬を積んでラリーに出場したとかいうわけではなくて、単に家族でドライブ旅行をしたというだけで。もちろん恐竜戦車にも襲われていません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/08/25 14:40
「24時間テレビ・マラソンに想う。」について
「24時間テレビ・マラソンに想う。」について。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 12

2007/08/23 13:37
映画鑑賞留意点
 恒例、夏休みの家族揃って映画鑑賞。今年は全員一致で(昨年は弟君がNARUTOに転んだ)ポケモンです。DSも持ってないのに。(来場者にはダークライが配信される) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2007/08/09 13:17
淡々と、夏休み。
 7月が終わった。あれほど恐れていた夏休みなのに、今年は何故かそれほどストレスを感じない。・・・いまのところは。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2007/08/03 11:14
子殺しの、罪と罰
 人間は、神様の人生ゲームのコマに過ぎないのかもしれない。こういうニュースを見るとそう思います。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 14

2007/07/27 19:54
障害児とお楽しみ行事
 始まっちゃいましたよ、夏休み。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/07/23 12:22
災害の中の障害児者・・どうしてますか
 三年前の新潟県中越地震の時、重度の自閉症者親子を取材した記事を読んだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2007/07/16 20:49
障害児者と歯医者さん
 養護学校の春の健康診断の日の連絡帳に、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/09 12:45
朝の挨拶
 Kの養護学校スクールバスの指定停留所 は、自宅から徒歩10分足らず。これは、非常に恵まれているといえます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2007/06/28 13:39
障害児テーブル・マナー
 いや、テーブル・マナーなんてもの以前の問題です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/22 12:31
手のかからない子
  「おたくのお子さんは、手のかからない、いい子ですね。助かります。」 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 14

2007/06/18 11:03
知的障害児の放火事件
 こんなニュースがありました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 14

2007/06/15 12:48
試行錯誤の協力体制
 養護学校の先生とは、連絡帳等で日々の様子を互いに報告しています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/06/11 12:22
ひまわりのかっちゃん
 「特殊学級への編入を勧められた子供が、ひとりの素晴らしい先生と出会い、めざましい成長を遂げて卒業式の答辞を読むまでになるお話の本」を読みました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2007/06/06 13:31
問題行動、の問題点再考
 「K君は、優しい子ですね。」学童クラブの指導員さんに突然言われた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/06/04 12:42
書類と手帳
 障害児を育てていると、保管書類が多いです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/01 12:42
着る物が、ない!
PTA会長って・・・何なの? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/05/30 11:55
子育てとお金、の意識
 養護学校の進路指導の先生と親との雑談で盛り上がった、障害者と家族の家計のお話。ちょっとややこしいです。また、制度の名称や金額は、聞いたままの表現で正確ではありません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/28 12:33
「どんぐりの家 〜それから〜」
 以前にもちょっと取り上げましたね、あの「どんぐりの家」の続編が今、ビッグコミックの増刊号で連載中です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/25 12:03
本番は、これからなのです。
 先月のお話です。新学期早々、家庭の事情で養護学校から転校するかもしれない生徒がいるらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/05/23 12:55
親だって・・世代・感覚の壁
 割と規模が大きく歴史も古い地元の知的障害者の会がある。養護学校のPTA役員になると、この会のお手伝いもまわってきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2007/05/21 12:40
立場変われば
 親の会で毎年参加している地元の福祉イベント(市民団体に活動報告やバザーをやらせてくれる)の実行委員会に参加。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 8

2007/05/14 13:40
プロジェクト・連休ドライブ
 今年の連休決算、毎度おなじみ、障害児おでかけ話。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/09 13:49
障害児と五月病、そしてG.W
 あるみたいなんですよ。障害児の五月病。この連休が憂鬱になる、大きな理由のひとつです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/05 14:20
現在、過去、未来
 ごったがえす人波に飛び込む気にもならないが、そこそこの人出に混じって少しは連休気分を味わおう、とは思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/30 17:11
知らない、ということ。
 先日開かれた、弟君の学校の保護者会。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 14

2007/04/23 12:16
甘さ、厳しさ、境界線
 「よくできたねー」「すごい、上手!」 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2007/04/20 12:17
波乱の予感
 自治体にも、公立校のPTAの集合体のような団体があります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/04/18 15:12
許さない、人々
 最近、「許さない人」を時々見かけます。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 12

2007/04/16 14:03
障害者の経済学
 障害児者の保護者として、本人達の幸せのために学び、動く。それは当然彼ら本人のため、彼らの利害を念頭においてのことです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 8

2007/04/13 13:29
携帯電話活用
 養護学校の保護者同士の集まりの時、誰かの携帯電話の着信音が流れた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/21 15:06
一般就労
 今日もラジオ番組で「障害者雇用」について討論していた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 6

2007/03/19 12:40
障害児、思春期彷徨
 親同士の会話で最近盛り上がる話題。ずばり、「我が家の思春期」。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/16 11:53
施設見学・・・不安拡大
 養護学校主催の施設見学に参加しました。毎年近郊のさまざまな施設を、保護者と校長先生・進路指導担当の先生で見学します。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 8

2007/03/12 12:46
人生の選択・・障害者か健常者か
 「もう、療育手帳なんかいらない。次の更新はしたくないわ。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/07 11:59
養護学校発表会を終えて・・春に憩う
 年度末が見えてきた今になって、学校行事のスケジュールが妙にタイトなのはなぜだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/05 12:39
障害児おしゃれ考
 冬物バーゲンもさすがに底払い感のある今日この頃。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/03/01 12:46
児童相談所と障害者自立支援法
 療育手帳の交付を受けるとき初めてその門を叩いた児童相談所、略して「児相」。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/26 12:29
介護施設の虐待疑惑事件
 このニュース自体は、氷山の一角がまたぽっかり浮いてきたんだな、という印象です。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/23 12:16
養護学校の授業参観
 Kの通う養護学校では、授業参観は「自由参観」です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/19 12:27
知的障害者と労働
 「三歳児投げ落とし事件」の報道の時に流れた一般の人の声の中で、気になったもの。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2007/02/16 12:28
養護学校児童行方不明、のニュースから
 岩手県で、養護学校小学部一年生の男の子が一週間前から行方不明、というニュースを聞きました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2007/02/12 14:13
養護学校、15の春
 地元の養護学校高等部の入試・合格発表が終わりました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2007/02/09 12:46
「発表会」がくるたびに
 Kが不安定になる時期は、幼児の頃からだいたい決まっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/05 10:42
すごいぞ攻殻、今度は発達障害?
 またまた「攻殻機動隊」。すいませんね、今回は私がちょっと気になっただけ、というくらいのものですが。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2007/01/31 12:48
市民と行政の間には
 深くて暗い河、といかないまでも、何か隔てているものがあるな。やはり。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/29 12:29
養護から特学へ
 「次年度から地元の特学へ転校しませんか。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/01/26 13:12
三歳児投げ落とし事件、続き・・知的障害者と犯罪
 前回の続き。  ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 6

2007/01/22 13:12
三歳児投げ落としと「検証・障害者自立支援法」
 「検証・・」はNHK教育テレビで3回にわたって放送された番組。2回目後半と3回目しか見られませんでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/20 21:30
障害児と就学免除
 就学を控えた障害児の親御さん、そろそ落ち着かれた頃でしょうか。  ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2007/01/15 12:24
無回答、という優しさ
  ようやく新学期が始まり、肩の荷が下りたと同時にドッと襲ってくる疲労感。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/10 13:52
障害児学童クラブの設立
 おせちもからっぽ、お餅も食べつくした。そんな今頃、冬休みの学童クラブが再会されます。ありがたや。    障害児学童クラブ。長期休み期間中は、お昼をはさんで朝から午後までの活動です。  お料理、外出(外食やカラオケ)、各種製作。本当に、指導員とボランティアの皆さんには感謝してもしきれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/04 13:24
福祉と施し
 年末近くなると、Kは学校からいろいろな物を持ち帰ってきます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2006/12/27 13:01
聖夜・・・贈り物は「希望」
 スポンジやクリームを買い、弟君に自由にデコレーションさせたケーキ。彼のセンスに期待などしませんでしたが。・・・まあ、おいしかったからいいや。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/25 12:06
障害者自立支援法と子供達
 もうすぐ冬休み。障害児を持つ家庭にとって、年末年始の気掛かりはクリスマスでもお正月でもなく、「長い休みをこの子にどう過ごさせるか」ということです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2006/12/18 14:56
気が付けば年末・・・個人面談など
 渋滞の中、わき道から合流しようとしていた軽トラを割り込ませてあげたら、運転席から「作業着・タオル鉢巻姿の小池徹平」みたいな男の子がさわやかな笑顔で会釈してくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/13 12:32
障害児親、願いの行方
 障害児の療育の大きな目標。「成人後の自立」。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 12

2006/12/11 12:46
障害児の就学と特別支援教育
 就学検診・就学相談を経て就学先の決定。この時期、心迷われている親御さんの心中は穏やかでないことでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/11/30 20:09
感動って何だろう
以前、雑誌に障害者のドキュメンタリー映画のレビューが掲載されていました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2006/11/28 13:42
発達障害(?)とミステリー
 京極夏彦邪魅の雫」。暇を見つけての細切れ読みで読了し、やはりこのシリーズにハズレはないなと確認。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/25 14:46
障害者自立支援法狂奏曲
 申請・認定も一段落、新しい受給者証も受け取り、それぞれの家庭で必要なサービスの事業者と契約を交わしています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/24 13:17
障害児と鍼・整体治療
 昨夜のショックがなかなか抜けない。おまけに、弟君と必勝を誓って早朝から臨んだW○iのオンライン予約にも出遅れた。ダウンしたまま立ち直れない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/11/17 12:51
障害者と犯罪・・「累犯障害者」
 詐欺とか性犯罪等の被害者にならないように。障害者の保護者は常に警戒しています。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 11

2006/11/08 13:13
障害児を就学させるということ
 就学年齢の障害児を育てている親御さんには、心休まらぬ季節。今頃になると、Kの就学で悩んだ日々が思い出されます。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/11/06 13:09
障害者自立支援法のキモは
 ・・・「障害を持つ人にも、可能な方には働いていただく。納税者になってもらい、サービスに対する負担をしていただく」・・・・だそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/01 12:32
口コミの落とし穴U
 昨日の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/10/28 11:20
口コミの落とし穴
 先日、Kを歯医者に連れて行きました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/27 12:45
障害児の「楽しい」の変化
 前に書いた「障害児の『楽しい』」。楽しみ方の進歩(?)が遅いKですが、全く変化がないわけではありません。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/18 13:03
「僕の歩く道」
 遅ればせながら、例の草薙君のドラマ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2006/10/16 12:43
障害者自立支援法・・・混乱の中で
  Kにも新しい受給者証が届きました。真剣な訴えが功を奏したのか、障害「児」の区分では重度のランク。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2006/10/13 12:37
自立支援法、やはり・・・障害程度認定区分
まあ、予想通りです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2006/10/09 14:08
養護学校の運動会
京極夏彦の新刊を寝る前に貪り読む。レンガかブロックのような本を、寝転がって深夜まで読んでいた当然の結果として・・・・手首が痛い。少し寝過ごした。・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2006/10/05 12:13
障害児の「楽しい」を探す
 「おかあさんといっしょ」を10年視聴し続けるなんて思いませんでした。(兄弟が多い場合は長く見続けることもあるかもしれないけど) ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 6

2006/10/02 12:27
「契約」の時代・・ヘルパーさん
 自立支援法に先駆けて施行されていた支援費制度をきっかけに、いくつかのヘルパー事業所を利用するようになりました。  ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 2

2006/09/25 12:02
お薬、の問題
 お彼岸。今回は、春の時みたいに「キシリトールぶち込み極道粒あん」ではなく黒砂糖のやわらかい甘みのおはぎができました。  Kも一緒に家族でお墓参り。他家の墓石にちょっかいを出さぬよう注意し、手を合わせることを教えます。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/23 14:37
障害児 vs スーパーロボット
 今日の収穫 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/22 12:27
障害者自立支援法U・・・何をもって測る
 前回の続きです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 16

2006/09/18 20:15
障害者自立支援法T・・・申請で
 さて、先日ちょっと触れました障害者自立支援法の支援申請について。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/17 13:28
経験、そして、障害ゆえのこだわり。
 先日故障した我が家の温水洗浄便座。 Kの、「狙いの定まらぬ用足し」が原因らしい。修理に来てくれたお兄さん、「トイレトレーニング中の男の子さん、いらっしゃるのでは?」・・・さすがプロ。こちらも事情を話しましたが、「仕方ないですよね、またいつでも修理に伺いますから、大丈夫ですよ。」と明るく言ってくれました。 ありがとう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2006/09/13 13:04
反省・・・「重度」の思い上がり
 Kは最重度の障害者だから。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/12 12:39
障害児は天使・・・だとしたら
  テレビ雑誌の秋の新番組情報を見ていたら、草薙君が重度自閉症者を演じるドラマがちょっと紹介されていました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2006/09/09 14:00
養われてしまった「目」
Kの発達に疑いを抱き、専門機関に相談に出向いたのは彼が2歳になる少し前。その時出合った障害児を見て、「うちの子も、この子のようになるのか」と複雑な気持ちになっていたことを思い出す。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2006/08/30 12:19
養護と特学・・・情報格差
 夏休みも大詰めの先日。毎年この時期に地元で開催されている、障害児の保護者と学校関係者・行政担当者の交流会のようなものに参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 13

2006/08/24 13:22
障害児学童クラブ
 今日の作品 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/08/16 12:15
ぽつりとひとこと・・・せつない、思春期
ある程度成長しても、親には甘えたいと思うのが子供でしょう。しがみついてきたり、手をつないで欲しがったり。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/08/14 09:52
世間との温度差自覚
地元で開催されたイベントで、以前Kと同じ療育を受けていた障害を持つお子さんと、そのお母さんに会いました。「久しぶり」と近況を語り合い、一旦離れて会場を見ていた時です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2006/08/11 12:22
自閉モード、その後・・・自粛は想定内?
 実は、ハマってしまいました。「攻殻機動隊」。 アニメも全話見ました。当然押井守監督の劇場版も。(過去記事「自閉症モードのフチコマちゃん」参照) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2006/08/04 12:58
障害児の夏休みU・・中盤へ向けて
 気がつけば、記事のカテゴリのなかで「障害」だけが突出していました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/03 12:12
障害児と旅行T・・・無事帰還 
今日のおみやげ その1 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/25 22:45
障害児は変温系
 七夕は過ぎましたが、一応飾りは作りました。    Kは鋏で短冊に切り込みを入れました。それが精一杯というのも正直情けないですが。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2006/07/10 12:59
20年目
 戦隊物はDVD焼きしたら元のビデオを知人の息子さん(養護学校高等部生徒、ヒーローにこだわりあり)にすべて差し上げています。彼は、「今度は○○レンジャーね」と、生まれていない頃の作品からきっちり放送順に憶えており、手紙で催促してきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/08 15:23
NHK「障害者自立支援法3ヵ月」を見て
 どこぞからミサイルが何発飛んでこようが、とりあえず私が今考えているのは昨夜のこの番組についてです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 12

2006/07/05 13:03
ぽつりと一言・・・小心者の矛盾
 本屋のレジにおたく系書籍を出すのはちょっと、とか、若い頃着ていた服は恥ずかしくて着られないとかここでちまちまと書いてきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/04 13:00
障害児の夏休み
 さて、長い夏を無事に乗り切るための計画は、お進みでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2006/07/03 13:12
「自立」を「支援」してくださるのなら 
 障害者自立支援法の時代に向け、親も本人も今後の生活を見直しています。負担が増えることも、受け入れましょう。脱施設への道も考えます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2006/06/28 13:17
父の日だけど、お父さんにお願い!
 父の日イブです。おたくなお父さんに、ガンプラとか超合金とかを用意しながら感謝の気持ちを伝える言葉を考えているよいこはいるのでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/17 14:58
悲しい「障害者間差別」
 昔、やはり障害児を持つ親が育児雑誌に投稿した文章の中にこんな意味の記述がありました。うろおぼえですが。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 27

2006/06/14 13:21
施設における身体拘束の判断
    以下青字、毎日新聞より引用。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/30 12:22
赤い血に押された刻印は・・・
        今日の掘り出し物    ウルトラマンの扇子。ワンタッチで扇部分が飛び出します。仮面ライダーバージョンはとっくの昔にKに壊されました。これからの季節、活躍しそうな・・・と言いたいのですが、実際あまり実用的なものではありません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/29 13:09
障害児の思春期、大嵐 その2(高学年から)
 前回の続きです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2006/05/26 12:31
障害児の思春期、大嵐  その1(幼児期のこと)
 気がつけば、 障害児ブログ(半分オタブログだけど)の癖に子供本人のことをあまり書いていない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/24 12:21
障害者自立支援法と味噌田楽
 なんだか大喜利のなぞかけのような。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2006/05/21 12:23
養護学校の先生の「当たり」と「はずれ」
 Kも弟君も、新年度の環境に慣れてきたようでひとまず安心しています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2006/05/12 12:04
戦い済んで、休み明け
        今日の「おみやげ」 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/08 13:01
連休親子戦線、戦場ルポ
 いいかげん弱音も出てくる5連休の最終日です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/05/07 12:09
大画面でいこう!・・・障害児もわくわくシアター
     今日の掘り出し物 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/05/01 13:19
家庭訪問・・・養護学校の新学期
 突入しました、恐怖の(?)GW。、計画性とど根性を肝に、腹をくくって乗り切ります。    春の学校行事も大きなものはほとんどクリア。 今年は、いろいろな都合からKと弟君の家庭訪問を2日続きで設定しました。疲れるな、と思いましたが、念入りな掃除が一度で済む! というメリットもあります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/30 13:14
少女マンガの「知的障害児」
      今日の掘り出し物    「LaLa」 白泉社 1979年2月号。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/04/28 12:21
障害者自立支援法が考えさせてくれること
 前回の続き。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2006/04/24 11:54
障害児の手当は「誰」の為
Kが療育手帳を交付され、正式に「障害児」の仲間入りをしたのは3歳の時。12歳の現在も、貼付写真が当時のまま。(顔は変わってしまったのに)そしてそれが通用するというのもなんだかな。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 34

2006/04/22 13:10
いいことは、いつも空から
一週間の間に、自販機の飲み物の「もう1本」の当たりに3回ヒットしてしまいました。しかも、うち2回は同じ機械。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2006/04/19 13:01
障害児にとっての「名前」
空を見上げて歩いていたら、よそのお宅の庭先でふと気付く・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/17 12:41
自閉症モードのフチコマちゃん
近頃やっと自閉症という言葉が世間にちょくちょく登場し、話題にもされるようになりました。そんな今。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/14 13:04
障害・・・壁は、知らぬ間にそこにある
 Kの卒業式で撮りまくったビデオや写真。親バカのそしりを覚悟で見せまくりました。その感想の第一声。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2006/04/10 13:17
新学期はウルトラマンメビウスから
   今日の掘り出し物 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/09 14:36
障害児を預ける、ということ
 Kが「親、先生以外の人」と過ごす練習のために。  たくさんの人にKを知ってもらい、介護に慣れてもらうために。  親が病気のときなど、緊急時のKの居場所を確保するために。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2006/04/06 13:25
おい、鬼太郎。もう新学期じゃ。
    今日の「おみやげ」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/04/05 12:37
終了、養護学校卒業式
 終了、終了!  やれやれ、です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2006/03/27 12:43
秒読み、養護学校卒業式!
 さあ、学生服も準備OK、母の訪問着も虫食いはなし!もう、漏れはないか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/03/19 13:16
知的障害児に、お受験?
 春、新学期間近。 学用品や学習雑誌のCMも桜をバックにはなやかです。そして、うるさいくらいに頻繁なのが、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/03/17 12:13
障害者にぬるく優しい街
Kが訓練を受けたり薬を処方してもらっている郊外の療育病院の近くには、ショッピングセンターやファミレス等が建ち並んでいます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/03/09 13:26
喋れないけど、中学生です
  「鉄人タイガーセブン」DVD焼き。いいなあ、この頃のこういう作品。ピープロ作品の独特の味を堪能しました。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/03/03 12:39
養護、特学それぞれの日々(特学編)
 昨日の続き。    特学に子供を通わせている人も悩みは多いようです。  愚痴をこぼしたり、福祉制度や法律、就業等についての情報を交換する仲間ができにくいことに不安を感じる、という人もいました。運動会等の行事での孤立感を訴える人もいました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/28 13:07
養護、特学、それぞれの日々(養護学校編)
 Kの障害は重いので、就学時に養護学校を選択することにためらいはありませんでした。健常児との交流が、いい方に作用するタイプの子ではありませんでしたから。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2006/02/27 12:54
親の生活歴と、障害児の出生は・・
子供が減っているにもかかわらず、障害児の割合は増えているのはなぜか。  これから書くことは、昔Kの療育や診断のために走り回っていた施設等の先生方から雑談の中でぽつりぽつりと聞いた話です。あきらかなデータ等の存在も不明なのですが、その後に読んだ本の中にも時折似たような説を見ました。  根拠をつきつけることはできませんが、ずっと気になっていた話です。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/02/13 13:35
知的障害者と不審者 その2
 一昨日の記事をUPしてから、実はちょっと後悔しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/08 13:06
 知的障害者と不審者
 子供の受難が相次ぐ昨今、弟君の通う地元の小学校でも時々PTAのパトロールが実施され、(私はこれを勝手に**小学校防衛隊と呼んでいます)以前、「不審者情報」なるプリントが配布されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/06 13:36
「言葉狩り」・・・障害者とその家族から
 先日、障害者の家族宛に届いた行政からの通知に不思議な一文がありました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/23 13:38
障害児親子の医者選び
 正確には、「重度知的障害児親子」でしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/01/20 13:15
障害児者のプライド (どこに存在し、誰が守るのか)
 Kの服装について触れた時、 身なりに気を使わな過ぎるのも、親の趣味の押し付けすぎもどうかと思う、と書きました。彼らにも、人格というものがあります。本人が好んでならともかく、趣味や好みがわからないなら、せめて後ろ指さされることのない容姿を整えてあげるのが保護者の義務だと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/12 14:42
私達、「かわいそう」ですか・・障害児親子の再認識
 たとえば、共同募金とか「恵まれない子供に愛の手を」的な募金が我が子の所属する団体に分配されることを初めて知った時。一瞬、「えっ」と思ったけど、まあ納得はできました。実際に必要であり、かつ具体的な支援ですから。しかし・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/03 19:36
障害児の思春期と性 その1
 今ファイナル・ゴジラをKと一緒に見ています。最初から轟天号と水野久美登場で感激したのでそっちの話題を選ぼうかと思ったのですが・・   昨日書いたトイレの件から、いろいろなこと考えてしまいました。文章にして、自分の頭を整理したいです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/30 20:42
 ああ、今日コミケやってるんだ・・・(遠い目)
 Kは今情緒不安定。夫が年末休暇に入り、同行してもらえることを頼りにKも連れておせちの買出しに出撃! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2005/12/29 21:08
冬休み難民・・・障害児親子、どこへ行く  
 冬休みです。 長期の休みにはいると、重度障害児の親はたいてい外出難民になります。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/12/28 20:19
 NSビルのヒーローショー
新宿の高層ビルで実際にのぼったことあるのはあそこだけです。そう、昔はたしか毎年のようにやっていた戦隊やメタルヒーローのショーを見るために。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/27 01:15
「ウルトラセブン」で英会話
 やはり英語でで主題歌を歌っている子門真人氏の声がまた素晴らしいですね。歌詞は、ささきいさお氏のマジンガーZより直訳に近いです。  今日の ”まだあったのかこういうの” な掘り出し物  「勇気ある戦い」「史上最大の侵略」の英語吹き替え版ドラマ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/22 20:55
「月刊OUT」・・・なにもかも、懐かしい・・・
 寒さがちょっとゆるんだので、暖房もきかない「開かずの間」をまたまた探検。雑誌類が詰め込まれた棚からあらわれたのがこれです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/20 21:42
まいりました、ガンダム様。
  「ロボットアニメ好きだったんですか。じゃ、ガンダムとか詳しいんでしょう。」  よく言われます。けど、すみません、私ガンダムほとんど知りません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/18 21:06
ドラゴンは紫
 フリマ行きました。 ここのところ、施設や養護学校のバザーみたいな催しばかり参加していたので、雰囲気の違いにとまどいましたが。    意外なところにいました、意外なゲッタードラゴン。石川賢先生の漫画「スーパーロボット列伝」付きです。 「絶版」「限定カラー」「未開封」の手書きラベルが神々しい。(写真ではわかりにくいですが) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/16 20:54
やっぱりウルトラ警備隊
  昭和の特オタ乙女(円谷系)なら、ウルトラシリーズの隊員服にはときめきますね。あ、こういうの「萌え」っていうんですかね。「現代オタ用語」少しずつ使えるようになってます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/15 20:37

トップへ | みんなの「障害」ブログ

障害児Kとおたく母の疾走日記 障害のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる