障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ひたすら、走れ

<<   作成日時 : 2017/11/09 12:46   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 忙しさと睡眠不足で歯肉炎をこじらせて地獄を見たり、いきなりメーラーが開かなくなって修復に夜中までかかったり、可愛いNexus7が起動しなくなったり・・・と、このところしばらくてんやわんや(とか言うかな、今)だった。いい年して子供みたいに頬を腫らしたり、最新バックアップを取っていなかったアドレス帳の消失に震えたり。心身共に消耗しました。

 更年期。やる気が出ない。
 なんとなく、常に体調がよくない気がする。
 多種多様な心身の不調がかわるがわる訪れる。


 障害者母同士でも、同年代が集まるとどうしてもこっちの話題になりがちだ。もちろん子どもについてもあれこれ語ったり愚痴ったりするが、20年以上続く既に日常化した苦悩より近年襲ってきた新鮮な(?)悩みを語りたくなるのは必然。

 第一、その子どもらは母の苦しみなど全く忖度してはくれませんから。

 そんな中で。
 先日、わくわくしながらSwitchに初めてマリオカートのカードを入れた。キャラはしずえさんを、もちろんコースは「どうぶつの森」を選んでスタート! ハンドルはまだ持っていないので付属のグリップを使う。
 最初は加減を探りながら走り、あちこちクラッシュしたり落ちたり。
 おお、たぬ吉が応援してくれている! リセットさんがコースに飛び出す! 
 慣れてくるとついJoy-Conを傾けたり握りしめたり(意味ない)。

 しまいには「イヤッホー!」「よっしゃあ!」とか叫びだす始末。その時、室内には私ひとり。


 気が付けば結構爽快な気分になっている。
 やれやれ、もうひと頑張りしますかね、と立ち上がり、夕食の支度に取り掛かった。

 ついつい「もう一度!」となりがちだから切り上げるタイミングに気をつけなくちゃ。他のコースもきれいで、走り抜けると本当にスカッとします。

 嬉しいことに、このプレイ画面をKも結構楽しそうに見てくれる。くるくる変わるコースの風景が目を引くらしい。たまには一緒に楽しめるかもしれません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
選定委員
障害者というのは、この社会基準の、つまり多数であり、普通の、と自称する定型発達者がきめた基準にたいする「障害」のある者で、障害者などと称するのは多数で普通の傲慢である、と言ってみたところで、現実には障害者には生活しにくい世界がひろがっている。 ...続きを見る
毒多の戯れ言
2017/11/10 09:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ひたすら、走れ 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる