障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活音ではあるけれど

<<   作成日時 : 2017/07/31 13:54   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 「いや、驚いたわ。結構聞こえてるのね。」 

 この季節、エアコンを使わない時間帯は窓を網戸にしてできるだけ自然の風を入れるというご家庭も多いと思う。ちょうどそのくらいの時刻に庭に出ると、室内のテレビの音や高いトーンの話し声などが、音量はさほど大きくないが意外と漏れ聞こえているのに気付く。

 保護者間の世間話だが、一般家庭と事情が違ってくるのはここから。

 「うちの子(成人)が時々あげる奇声」
 「うちの子(成人)がひたすらしゃべり続ける意味のない言葉」
 「うちの子(成人)が狭い室内をドタバタ走り回る足音」


 そして、

 「何かやらかされた時に自分が発する悲鳴や怒声」

 それらは多分かなりの高確率で室外に届き、もしかしたらご近所さんにもしっかり聞かれているかもしれない。
 毎日四六時中というわけではないし、苦情を入れたくなるような騒音でもないとしても・・・やはり恥ずかしい。  

 「そりゃねー、絶対聞こえてると思うよ。」
 「うん、大変ねえ、とか同情されたり呆れられたりしてるよね。」


 窓の二重サッシ化を検討したりずっとエアコンつけっぱなしにしたり、という家もあった。
 自分達も重々承知しているし、気を付けてもいる・・・はずなのですが。

 20余年を経ても、時には「何やってんの!」「いい加減にしなさい!」などと声を荒げてしまう場面はある。物静かな雰囲気のお母さんでも、時に大声で怒鳴ってしまうことはあるという。そんな母達のブチ切れ音声をよそ様に聞かれている可能性があるわけだ。
 考えただけでトリハダものだ。この季節、どんな怪談を聞くよりはるかに恐ろしい。

 しかし長いお付き合いでKにもいつも笑って挨拶してくれるご近所の皆さんは、そんな雑音(?)が聞こえていたとしてもあれこれと冷静かつ総合的に判断し、対応してくれているのだろう。ありがとうございます。

 エアコンのスイッチを入れて涼しい環境の中にいると、やはり落ち着いて対応することができる。熱中症対策のみでなく、障害者介助の面でも「エアコンの適切な使用」は重要である、という結論に達しました。

 ただ、田舎町なので生活音や住人の存在感が皆無という方が不自然に思われてしまうこともある。ほどほどの繋がりがある、という点では理想的なのかもしれない。

 ああ、移動中に車の窓全開で歌うのも最近さすがに控えています。今頃になって・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うちも結構早い時期から窓閉めきって
エアコン使ってます。
道路に面した部屋に娘が寝起きしてるので、寝起きのギャン泣きが外に漏れるのを恐れております。
ご近所の皆さんはご理解いただいてるので、大丈夫ですが
通りすがりの通行人が児相に通報しちゃいそうで(^-^;
ペアガラスですが、窓閉めてても結構聞こえるもんです(ToT)
最近は何かやらかしてくれても、叫んだり怒鳴ったりしなくなりました。
黙々と後始末しております。
ま、動きが少ない分被害が少ないんで、
助かってる部分もありますが(笑)
リンコ
2017/08/01 16:29
はじめまして

リンコさんのサイトから経由してきました
私も22歳の障害児
がいるアラフィフ母です

子供の声・・・ホントよくわかります
うちは特に朝機嫌が悪いので
近所がまだ静かな時間帯にギャーギャーやら
注意する私のイライラ声とか・・
すごく気をつかいます

みなさん わかってくれてるので
いいんですが
最近は暑い・・の理由で 窓しめて
一日中エアコンかけてます

ご近所も昔はお互い様なトコあったんですが
成人してる子供さんらは
ギャーギャーは ない・・ですよね

ギャーギャーはもう仕方ないとして
私の怒り声は 意識して小さい声に
してる今日このごろ

KAI
URL
2017/08/02 22:05
リンコ様
 最近のサッシは分厚いから、と安心していたら結構音や声は漏れるんですよね。愕然としました。
 うちは本人の声よりも、いきなりお漏らしをされたりした時の私の悲鳴がヤバい。何か事件が?! という方向で通報されそうです。
tomoko
2017/08/03 12:43
KAI様
 はじめまして。親も子もほぼ同世代ですね。
 子どもが小さいうちは笑い話にもなるけれど、さすがに現在の状態だとお互いそうはいきません。完全防音、空調完備の豪邸に住みたい・・・宝くじでも買うしかないです。
tomoko
2017/08/03 12:46
こんにちは。
うちは、凶暴不眠時代に、寝室のある二階は全部ペアガラスの二重サッシにして、トイレの換気扇も防音性の高い物にしました〜。それでもドンドンという低い音や振動は聞こえるというか響くけど、それでもだいぶ気持ちは楽になりました。大出費だったけど、親の私の精神面はだいぶ楽に(笑)。ついつい怒鳴っちゃう声もほとんど聞こえまい!
昼間は、不穏な気配がある時は一階も窓締め切りです。換気扇やらサッシの隙間やら色々な所から音は漏れているけど、普通の生活音位にはなっているはず(笑)。たぶん。
今になって振り返ると、健常なお子さんの家からも、子供時代も大人になってからも結構な声や音が聞こえてくるし、気にしすぎだったかも?なーんて少し思うけど、今もこれからも、きっとずっと気を使っちゃうんだろうなぁ。
ところん
2017/08/03 17:43
ところん様
 多少響いてもそれが納得できる、理解できる音声(幼児が泣いたりはしゃいだりする声等)ならあまり気にならないかもしれないけれど、私たちの家から漏れるのは「謎の音声」が多いですよね。どうしても気を遣ってしまいます。防音豪邸が無理なら、大草原の真ん中で思い切り怒鳴ってみたいです・・・
 怒鳴らない、という選択肢はないです。まず、無理。(笑)
tomoko
2017/08/04 13:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生活音ではあるけれど 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる