障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 支援区分審査 3回目・・・結果

<<   作成日時 : 2017/06/13 12:34   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 区分審査を受けた直後、Kと同世代でやはり区分5の判定を受けているA君のお母さんと話をした。

 私「どうなるかわからないけど、その時の状態によってこれからは区分5と6をいったりきたり・・・みたいな感じかな。」
 A君母「あー、それはないんじゃないの。6にしたら、その間は公的なお金が多くかかるわけだし。多分、ほぼ最重度のくくりにいて一度でも5になったら、よほどのことがない限りずーっと5だと思うよ。」

 正直、利用者にしてみれば区分5も6も受けられるサービスはあまり変わらない。区分1、2、3とかになると入所施設の利用ができなくなるが、Kの場合それは絶対ありえないし、もしそうなったらそれは普通のグループホームが利用できるくらいのスキルがあると認められたということだから・・・・

 あり得ない妄想をしているうちに、判定結果通知が郵送されてきた。

  区分5 のまま。A君お母さん、大当たり。
 
 今回、ずっと本人を同席させることは無理だったが、通所先の会議室で聞き取りをしたので最後に呼び出してもらって担当者さんとご対面。

 会議室が物珍しくキョロキョロしながらも、私やお馴染みの職員さんを見て明るい顔で入室したK。しかし、初めて会う担当者さんに「こんにちは」と声をかけられるとやや表情と動きが固くなる。
 そんな様子を観察した担当者さんが「お疲れ様でした。またね。」と笑顔で挨拶してくださり、審査は無事に終了しました。

 後で相談支援員さんに、「今、身体障害がない区分6ってどういうタイプの方が認定されているのですか。」と尋ねてみたところ。
 「そうですねえ、自傷や他害、徘徊といった問題行動がすごく激しいとか、かなり深刻な場合に限られているようですね。」(注・地域差あり)

 Kが最初に区分6と判定された時は、自傷で頭に傷があったり拳に叩きダコがあったりしたな。今思えば、初対面なら一瞬引くレベルで衝撃的なご面相だった。

 この後、支援会議を開いていただくことになっている。本人は最近またちょっと情緒不安定ぎみ。そんな時だからこそ、いろいろ話をしてアドバイスをいただいてきたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも貴重な情報をありがとうございますm(__)m
来年、小学校に進学する次男にはまだ先の話ですが、このブログでたくさん勉強させていただいております。
1つ質問なのですが、自傷行為は何歳くらいから表れましたか?
差し障りなかったらお教えください。
みお
2017/06/15 08:06
みお様
 小学校3〜4年くらいから自分の頭を叩き始めましたね。ピークは中学から高校のいわゆる思春期で、耳たぶとか髪の生え際から出血してかさぶたが乾くことがほとんどありませんでした。まさに壮絶。失明した方もいたので、眼科で押さえつけて検査しましたよ・・・
 今も時々ありますが、少したてば治まるという感じです。個性とかもあるし予防法などはわかりませんが、思春期にはどの方も多少の問題行動はあるようです。指導してくださる方としっかり連携して対応することをお勧めします。
 とりあえず、どんとこい!の意気込みで。(笑)
tomoko
2017/06/15 13:11
お返事ありがとうございます‼
詳しく教えていただき、大変有りがたいですm(__)m
思春期‼かなり怖いですが、誰もが通る道ですよね(^_^;)頑張ります‼
みお
2017/06/16 13:32
みお様
 思春期の変化も人により本当に様々で、意外とさらっと通り過ぎることもあるようです。大変なこともあるかもしれませんが、受け止めてあげてくださいね。
tomoko
2017/06/17 14:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
支援区分審査 3回目・・・結果 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる