障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱唱ドライブ

<<   作成日時 : 2017/05/10 12:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 以前、テレビ番組の企画か何かで「ドライブ中に不快に感じることは何か」というアンケートを取り上げていた。子ども達の回答で多かったのが、「親の歌声」だとか。

 これについては、私はKに心から謝罪したい。(笑)
 何も文句を言わない(言えない)のをいいことに、送迎や二人で外出する時の車中でついカーステレオに合わせて歌うことはよくある。居眠り防止の意味もあるが、時に鼻歌レベルをこえて熱唱してしまったりする。もちろん車窓はぴったり閉めて。

 最近のヘビーローテーションは、amazarashiのベストアルバム。「命にふさわしい」「つじつま合わせに生まれた僕等」「ヒーロー」「僕が死のうと思ったのは」等をつい一緒に口ずさんでしまう。
 歌詞は重いけれど、聴いていて不思議と「よし、負けるもんか!」という気になるのはなぜだろう。
 そういえば昔、憂歌団 とかSIONとかも割と好きでライブにも行ったしCDも買った。そういう系統かな、とも考えたが違う気もする。

 「ヒーロー」の歌詞の中に、こんな一節がある。

 孤独になっても夢があれば   夢破れても元気があれば
 元気がなくても生きていれば
 「生きていなくても」とかあいつらそろそろ言い出すぞ


 これを初めて聞いた時、思わず笑ってしまった。
 ああ、そういうことか。やっと気づいた、というか思い出した。

 私はずっと昔から、この「あいつら」が大っ嫌いだったのだ。

 なんかすごく痛快で、もしカラオケに入っていたら次回のお母さんカラオケ会で絶唱したい。Kには、もう少しの間車内で私の歌声騒音に付き合ってもらうことになりそうだ。ボリュームは落とします、ごめんなさい。
 でも、結構ニコニコしてることが多いから意外と不快ではないのかも・・・・と思いたいです。


メッセージボトル
SMAR
2017-03-29
amazarashi

Amazonアソシエイト by メッセージボトル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熱唱ドライブ 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる