障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS いろいろその後

<<   作成日時 : 2017/04/27 14:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 前回の、その後。
 Kが早退して診断された翌日に夫が発症した。恐るべし、B型インフル
 しかし、二人で療養していてくれるということは、私が必要な買い物や用足しに余裕をもって出掛けられるということだ。結構元気なKの隙を見て時間を気にする必要はない。夫本人も割と元気。
 うん、いい方に考えよう。

 それでも、大の男が枕を並べて・・・高熱で唸っているならまだ気の毒にもなるが、最初の2日くらいは寝込んだものの、その後はちょっとウトウトしたかと思えば二人ともそれぞれ好きなテレビ番組やDVDを見たり、おやつを食べたり・・・。
 なんか羨ましいぞ。

 夫 「体調はそれほど悪くないのに家に籠らないといけないというのは辛いな。」
 弟君「いいなー。俺と代わってよ。」
 
 私 「・・・・少しくらい体調が悪くても休めないお母さんは、どうしたらいいのかしら?」

 
 全員沈黙。

 私と弟君はなんとか感染を免れた。K達が休んでいる間に弟君の仕事が平日休みの日があったが、夏休みとか以外のど平日に家族全員が雁首揃えて在宅、という状況にもちょっと戸惑った。

 二人とも、ほぼ一週間の休養の後復帰。Kは、食へて寝て、の生活を堪能していたらしく最初は仏頂面でバスに乗ったがなんとかなりそうだ。とにかく、よくわからない、フワフワした一週間でした。

 どうでもいいことだけど、ついでの「その後」。

 迷ったけれど、結局、見に行った映画は「キングコング・・」ではなく「ゴースト・イン・ザ・シェル」だった。「キングコング」は地元では吹替え版しか上映していなかったから。

 スカーレット・ヨハンソンの素子さんもかっこよかったし、(私は外国人が演じるならケイト・ベッキンセイルをイメージしていたけど)雰囲気を損ねない程度に物語が分かり易くなっていた。分かり易く、というより別物かもしれないけれど、あれは「あり」だと思う。私基準では、ね。
 ひとつ不満があるとすれば、「タチコマちゃんがいない」。それだけ。

 さて、次に迷うのは「破裏拳ポリマー」「スペーススクワッド」あたりかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いろいろその後 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる