障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ファッション事情

<<   作成日時 : 2017/03/14 12:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 Kが日常着る服を買うのは、私。彼がまだ子どもの頃から、ここで私なりの彼の服装に対するこだわりを披露しているが、基本的な部分は変わらない。

 ●とにかく清潔第一
 ●本人の着心地及び介助のし易さ(トイレ等)重視だが、それが許す範囲でしっかり「おしゃれ」をさせる


 そんなわけで、昔からKは私の趣味全開のコーディネートで過ごしているが意外とこれが好評らしく(言わせて、お願い)、「Kさんはいつもお洒落でかっこいいですよねー」と各事業所で言われる。
 お世辞だったり嫌味だったとしても、少なくとも「親が見た目に気を遣っている」ということは伝わっていると思います。

 高価なブランド品など手が出ないが、時々カジュアルであっても少しいいものを、という時にいつも利用するお店がある。デザインや柄も派手目でお値段も張るが、とにかく丈夫で洗濯にも耐え、形も色も崩れない高品質(ここ、切実に重要)。

 ピアスや金髪お兄さんに混じって貧相なおばさんがシャツなど選び、店員さんに「この柄で色違いはありますか?」とか聞いている。挙句の果てには「ボタンがついてないのがいい、って息子に言われたもので・・・

 しかし、これはかなり不自然な状況だ。
 だいたい、そういうお店の服を好む男子が、よりによって母親に好みの色やデザインまで託して買い物を頼むはずがないだろう、常識的に考えて(笑)。自分で選びたいわ、普通に。
 
 何か思うところはあるのかもしれないけど、愛想よく対応してくれる店員さん。
 引きこもりの息子を世話するお母さんか?、もしや既に息子はこの世には・・・とか、妄想がはかどる件ではあるかも。あえて事実をカミングアウトする必要もないですが。
 でも、もしKを連れている私をどこかで目撃していれば、一瞬で謎は解けますね。

 まあ、そんなこと、いちいち考えてない確率の方が高い。今度春物を物色に行こう。

 Kがまだ中学生になったばかりの頃、ここでこんなことを書いていた。 ↓ 

噓つきは夢見る・・・障害児母の隠れた願望

 基本的に、あまり進歩はないようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと状況は違いますが
うちも娘が子供服では無くなったので
若い女の子が着るような服を扱う
お店で、女子高生に混じって買い物してます。
まさか、このおばさんが着るわけないよね?という疑問の眼差しに晒されつつ
ピンクや赤のチュニックとか選んでます。
ついつい通販に頼りがちですが
生地の伸び具合とか、やっぱり手に取って確認したいですもんね。
リンコ
2017/03/19 15:55
リンコ様
 そうか、こういうケースで女の子だと「お母さんが着るのかな」と思われる可能性あり、ですね。でも、女の子ならなおのこと、可愛い、というか年相応のおしゃれをさせてあげたい。わかります。
 着脱のしやすさ、洗濯機で洗えるかどうか、デザイン以外の条件がありすぎるので、やはり基本的には手に取ってその辺を確認しています。
tomoko
2017/03/19 20:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ファッション事情 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる