障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の憩い

<<   作成日時 : 2017/02/04 21:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今、いちばんほっとするひとときは。

 「今日は楽しみにしていた本の発売日!」という日に本屋に行き、その入り口脇にある自動販売機で温かい缶コーヒーを買って空を見上げながら飲む、その3分間だ。 
 しんちゃんが風呂上がりに「プスライト」を飲んで「この一杯のためにオラは生きてるゾ」というのと同じ・・・かな。

 飲み終わって空き缶を処理BOXに投げ入れ、店に足を踏み入れる時の高揚感はたまらない。このところ、文庫や漫画の新刊が私的に豊作で嬉しい。お小遣いが・・・

● 「幼女戦記」
 アニメをたまたま見てすごく面白かったので原作や漫画を読みたくなった作品。処世術ってなんだろうな、と思いつつ戦記物としても楽しめる。アニメの中の浮遊シーンがとてもきれいで、夢でもいいからこんなふうに空を飛んでみたいと思う。タイトルで引いちゃって手が伸びない人もいるだろうな。もったいない。

● 「サユリ」
 家に憑く悪霊が、引っ越してきた家族を次々と・・・・という定番の怪談、かと思いきや、まさかの大どんでん返し。昔、「じゃりン子チエ」で見た「不幸は、寒い、ひもじい、もう死にたい、って順番でくる」というおばあはんの言葉を思い出した。人はいうほど弱くない。
 絵が、とにかく怖い。夜ひとりで読みたくはないです。

「31アイドリーム」 
  控えめな31歳の女性が、不思議な薬で15歳に若返ってアイドルに!
  ありえねー、と切り捨てるには惜しい設定。素直に展開が楽しみ。キラキラとふわふわとヒラヒラと夢とあこがれにまみれたご都合主義の面白さを素直に大絶賛できるのは、少女とおばちゃん。

「Infini-T Force (インフィニティフォース) 未来の描線」
 ガッチャマン(G1号)・・・おっさん   キャシャーン・・・繊細少年  ポリマー・・・謎のちょい悪  テッカマン・・・冷静メガネ教師
 こんなヒーロー達を召喚できる女子高生。タツノコ女子のハーレム漫画。

● 「ウルトラマン ビジュアルブック」
 芸能人の写真集のウルトラ戦士版、でいいのかな。一枚一枚がとにかくきれいなので買ってしまった。もうね、物憂げなキングとか夕日に映えるゼアスとか爽やかなナイスとか、マイナーどころに意外な見応えがある。更年期は人外萌え。堂々と言うことでもないけど。

● 「人間仮免中つづき」
 昔、著者の卯月妙子氏の「実録企画モノ」を読んだ。統合失調症と戦い、企画物AV女優、ストリッパー等の仕事をしつつ漫画を描き子育てをする卯月氏の壮絶な生き様は初版当時(2000年)の私には衝撃的すぎて、続編にあたる「人間仮免中」を読むことができなかった。しかし、「・・・つづき」はいろいろあって平穏な生活にたどりつく内容と聞いて手に取ることができました。自分を大切に思ってくれる人がいると自覚することで、自分も自分を大切にできるのだなとわかる一冊です。

 その他、平山夢明編集の怪談本や本格ミステリ作品(いわゆる吹雪の山荘ジャンルか倒叙もの)文庫数冊が、冬の炬燵の友となりました。

 ところで。
 Kのお気に入り絵本のひとつが、機関車トーマスのムック本。幼い頃から古くなって破いてしまうたびに同じものを何度も買い与えてきたが、最近あまり見なくなってきた。

 これは一大事。このところ、いろいろな書店に行って見かけるたびに一冊買ってしまう。妖怪ウォッチかポケモンあたりでごまかせないものか、と悩んでいます。アンパンマンは不滅で鉄板。

 
幼女戦記(1)<幼女戦記> (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店
2016-12-10
東條 チカ

Amazonアソシエイト by 幼女戦記(1)<幼女戦記> (角川コミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冬の憩い 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる