障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 覚醒の予感

<<   作成日時 : 2016/12/02 14:26   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 妙だ。なんとなくおかしい。
 深く、静かに、何かが変わりつつある。

 少し前、「Kが少し変わってきた」というようなことを書いた。現在もその状況が超絶進行中なのだ。
 とにかく、以前よりしっかりと目の前の物を見ているのがよくわかる。回線が一本繋がった感じ。
 
 どこがどう、と具体的に挙げられる例は少ないし、大した事じゃない。
 
 食べこぼしたものを自分で拾い、テーブルに戻す。その後を布巾で拭こうとする。
 急須で湯飲みにお茶を注ぐ。
 「出かけるよ」と言うと、絵本を箱に片付ける。座布団の位置を正してから座る。
 買い物に行くと、「早く財布を出せ」とせかす。


 乳児が幼児になっただけだ。でも、20年以上も乳児を育てていたようなものだから、どうにも面白い。

 面倒なこだわりも出てきて焦ることもあるが、分かり易い反応があるというだけでそれさえも楽しい。

 ボタンを押すと音の出るおもちゃを持ってきて、「ここを押せ」と手をとる。自分から「関わってほしい」ということを訴えてくることも増えた。

 先輩お母さんから、「そうなると、二人きりの時に自分がよく喋るようになってない?」と言われた。
 確かに。

 Kは言葉で話しかけてはくれない。しかし、あれこれ要求されるとこちらは「はいはい、待っててね」とか「これでいいの?」とか「こうしてみようか」とか、何かしら言葉で応じている。
 傍から見たら独り言のようなものだが、そう思えない。これは、以前より確かな「関わり合い」だと思う。


 先日、最近はほとんど使っていないゲーム機のDSiを持ち出してKの前で開いた。子供向けのリズムゲームのタッチ画面に触れてもいたがまだ反応は今ひとつ。でも画面をよく見ていたし、私の3DSをのぞき込むこともあるので興味がないわけでもないらしい。
 
 昔から、難しいタイプの重度の子でもゲームやスマホを楽しんでいるのを見ていた。息子をゲーム漬けにしたいわけではないが、何を見せても全く興味を持つ様子がないというのも寂しかった。これからでも、時々でいい、一緒に楽しめるようになるかな。

 いつか施設入所したとしても、そこで自分で楽しめるものがあった方がいい。テレビやDVD機も持ち込み可能とのことだから、それらを自分で操作するのは無理としても、少なくとも「操作して」と要求できるようになれれば。

 これが良い方向に繋がるのか、その逆なのか。全く予想できない。でも、なんとしてもいい方向にもっていきたい。
 クリアできたりできなかったりで進めてきた親としての課題も、多分最終局面に近付いている。さて、どうなることか。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
良いニュースで心躍ります🎵ぜひ良い方向へ進みますように。
20年Kくん接してこられて、いまのこの良い変化に何が良い影響をもたらしたか、心当たりは、ありますか?ずっと続けて
きなた、アレかな?なんて思いあたることがあればお聞きしたいです。勿論、カンみたいなものでも(^o^)。
息子は11才で最重度の知的障がい児です。
なおけん
2016/12/19 00:43
なおけん様
 ありがとうございます。とりあえず切り抜けてきた、という感じなので特にこれといった心当たりはないですねー。面倒なこともあるけれど、今のところは反応が面白くなってきたな、という部分を楽しんでいます。息子さんも、きっとさりげない毎日の中で何かを感じながら成長されているのではないでしょうか。
tomoko
2016/12/19 14:03
お返事ありがとうございます!切り抜けてきた、、まさに我が家もそんな感じです。今までもできたので、これからも切り抜けていけそうだと希望をもらいました(^o^)
なおけん
2016/12/20 00:58
なおけん様  
 まだまだこれから、ですね。楽しみもたくさんあると思いますよ。
tomoko
2016/12/20 13:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
覚醒の予感 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる