障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 減薬

<<   作成日時 : 2015/11/12 13:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 不思議なことに、現在Kは好調だ。不思議とか言っちゃダメでしょ。でも去年の今頃はかなり荒れていて、結局春までどよーんと沈んでいたので今年も腹をくくっていたのに。
 拍子抜け、というかやはり不思議。成長過程とかいろいろあるのかもしれないし、これからどうなるかもわからないがとりあえず好調な今を楽しく過すことにした。

 去年不調になった時に投薬を少し増やしていた。今安定してきたこともあり、その時増やした分を元に戻せないか・・・という旨、主治医に相談した。
 好調・不調は波のように繰り返して訪れる。調子が悪くなって増やした分を回復してもそのままにしておいたら、また悪くなってまた増やす・・・という具合に際限がなくなってしまうのが不安だったから

 「そーねえ・・・うん、今の感じだと、増やした分はそのままで、ずっと飲んでた別の薬を減らしてみましょう。」

 投薬開始からほぼ10年。
 純粋に「減らすだけ」の減薬は初めてなのだ。胸熱。

 精神の薬は、増やすのはもちろん減らす場合も医師の指導で慎重に少しずつ・・・というのが常識なので、簡単ではない。本人の状態に合った処方を見極めるまでの道も長かった。
 
 状態によって薬の種類を変えたりひとつの種類の量を減らしてその分別の種類を増やしたり。仕方ないとは思いつつ、このまま薬の量が増えたりさらに強い薬を使ったりすることには抵抗があった。
 だから、減らせる可能性がでてきただけで嬉しい。

 薬を減らして二週間余。特に問題はなく、この調子なら継続できるかもしれない。
 不調になればまた量や種類も増えるかもしれないが、今回減らしたマイナス分があると思えば不安は少し軽くなる。

 以前、投薬は全くしていなかった人が施設入所したら投薬を勧められた・・という話を聞いた。集団生活に入ると難しい部分がいろいろあるのかな、とは思うけれど保護者はかなり驚いたらしい。
 
 なんにせよ、本人が楽になってくれればいい。最近、Kはとてもいい笑顔を見せてくれます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
減薬って難しいっていいますよね、うちはいまのところアレルギーの漢方だけで、精神の薬はないのですが、段々薬が増える〜なんていう話を聞くことが多いので、減らせるってすごいなあと思います。良かったですね♪
以前、カリスマ自閉症保護者の明石洋子さんが「リタリンよりお友達」って著書のなかで書いていました。いまの環境がお子さんにとって居心地が良いのかもしれませんね、ママの頑張りですね♪(^^)♪
ちえのすけ
2015/11/14 19:35
ちえのすけ様
 薬は減らしたい、でも今の量を飲んでいるから安定しているだけで、減らしたとたん落ち込んだらどうしよう・・・・というのが多くの親の迷いです。不安になると、自分からとんぷくの安定剤をせがむ人もいるとか。
 環境が合っている、というより本人が環境に慣れてくれた、慣れる努力をしてくれたのではないかと思います。まだまだ、お薬との付き合いは長そうです。
tomoko
2015/11/14 20:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
減薬 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる