障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 横断歩道

<<   作成日時 : 2015/05/13 13:18   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 毎日Kと送迎バス乗り場まで歩く。途中、信号機のない横断歩道を渡る。

 けっこう広い道で、朝は交通量も多い。横断する歩行者や自転車はじっくりタイミングを見て素早く渡ります。しかし、Kと私はそういうわけにいかない。横断途中で立ち止まったり、そうでなくてものんびり歩くKを連れていると、車の流れのあいまをぬって・・・・などという器用な真似は無理。左右に車の姿が完全にない、もしくは車がきっちり停車してくれている状態でなければ恐ろしくて足を踏み出せないのだ

 子どものように手をあげるのも気恥かしいので横断歩道の前でなんとなく待っていると、停車してくれる車は割と多い。まあ、具体的に表現はできないけれど「母親らしき人に腕を掴まれて妙な動きをしている人」はあきらかにアレだ。ドライバーもだいたいのところを察してくれるのだろう。

 車の運転を日常的にしていると、「信号のない横断歩道の手前で停車する」という基本的な交通ルールが意外と難しいと感じる。自分が停まっても対向車が停まらない、横断しようとしている人に気付いてもそこからブレーキをかけると後続車に追突されそう、とかさまざまな状況で判断しなければならないから。

 それでも普段停車してくれる車はとてもありがたいので、自分が運転していてそういう場面になったらできるだけ停車するようにしています。横断者がお年寄りだと、渡り終わるまでに時間がかかったりするけどそういうのもお互い様。

 でも、横断歩道で停車したら後ろからきた車が追い越してきて、渡り始めた人がもう少しで轢かれそうになった・・・などという話も聞いた。なんにしても余裕がほしいです。
 だから、Kがのんびり歩いてしまうことも計算してかなり早い時間に家を出ています。横断できるまで時間がかかっても、全然OKよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの子も単独は無理ですが
危ないなーと思うのはお年寄り。
歩きは遅いのに、どーしてそんなに
せっかちに信号待ちしてるバスの後ろを
横切るの!
と見てて怖かったです(^_^;)
私も息子と横断歩道信号待ちしてると
大型車の運転手さんが止まってくれます
優しいですよねー。


2015/05/13 19:25
桃様
 大型車、バス、タクシーなどの職業ドライバさんは停まってくれる方多いですね。あと、絶対停まってくれるのは路上教習車。停まらないわけにはいかないし。
 お年寄りはたまに堂々と信号無視したりする方もいて、要注意です。
tomoko
2015/05/14 13:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
横断歩道 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる