障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己主張

<<   作成日時 : 2015/04/21 12:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 このところのKについて、さまざまな場面で不安定とか不調とかの表現をしていた。しかし、それだけではないのでは・・・とも思えてきた。

 以前よりもはるかに「主張する」ようになってきたのだ。
 思えば、ずっと買い物や外出先ではほとんど抵抗することなく後をついてきた。出された食事を素直に食べた。しかし、このところこちらの指示をしっかりと拒否することが多い。

 そう、指示が理解できないのではない。あきらかな「拒否」なのだ。

 天気がいいから、とおやつを持って広い公園に車で出掛ける。到着して車のドアを開けてやろうとすると、内側からぎっちり押さえている。なんとか開けて外へ誘っても、シートベルトをはずそうともしない。
 仕方ないとあきらめて、車内でおやつを食べる。なんだ、その満足そうな顔は。

 買い物に連れ出したがスーパーの駐車場でやはり降車拒否。しかし、どうしても必要な買い物もあるし車内に置いて行くわけにもいかない。暑い寒いではなく、車中で窓ガラスをコツコツたたき続けられると「拉致されかけている人が助けを求める図」になってしまうのだ。
 力関係も逆転しているから、無理やり引っ張り出すわけにもいかない。身振り手振りで説得しなんとか入店すると、10mも歩かないうちに笑顔になって私をお菓子のコーナーへと引っ張っていく。

 ああ、もう買い物ついでに私の服選びに付き合わせるのも難しいかも。でも普通そういうのはもっと前から拒否されても不思議じゃないよね。ごめんよ。

 これまでは、好きなお菓子も「もうおしまい」と言えば従っていた。最近は「もっと」とばかりにおかわりの皿を差しだして引っ込めない。納得して素直に従っていたわけじゃなく、要求の仕方がわからなかったのかもしれない。

 ゆっくり成長してようやく見えてきたものが、どれだけあるのだろう。伝えたいことが増えた、でもわかってもらい難い。そんなことも不満の種なのだろう。20年たってようやく幼児の反抗期もどき、か。

 嫌なものは嫌。理由まで理解できなくても、できる限りその意志は尊重してやりたいが・・・・野菜のおかずのお残しは許しまへんで〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
主張が出てきたのですね、「嫌なものは嫌」って言えることって、障害児のみならず大人でも誰でも大事なんじゃないかと思ったりします。大事な成長の証ですものね。
(特に姑にこれが言えたらどんなに楽かと思う嫁はきっと世間にごまんといるはずです・・・(^^;)
でもこちらの都合に付き合ってくれないときは困りますよねえ

同じく我が家の息子、親の都合を断固拒否すること多々あります(^^;)「ここは嫌い」「あそこは五月蠅い」「早く帰ろう」たまには素直についてきてよと言いたくなりますが、これも成長ですかね(^^;)
ちえのすけ
2015/04/22 14:44
ちえのすけ様
 嫌なことを嫌と伝えられること、いろいろ面倒になるけれど、大切なことなんですよね。親の都合ばかり優先してはいない、それはよくわかっているのですが・・・・大変だけど成長なんだ、そう思うことにしました。これからもこういう「成長」があるのかと思うと嬉しいような疲れるような、ですわ。
tomoko
2015/04/23 14:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自己主張 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる