障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 出てきた、親知らず

<<   作成日時 : 2015/03/04 11:28   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 定期の歯科検診で、Kの奥歯に軽い虫歯が発見された。まだ浅いので、薬を塗って少し削るだけでいい、とのことでひと安心。このところ療育病院の歯科ではそれなりにおとなしく口を開けてくれるので、無事に治療を終えました。胴体は拘束されてますが。頭を動かさないという点では合格。

 問題は、以前にも心配していた「親知らず」。現在のところ、3本顔をのぞかせているらしい。このところイラついているのは、もしや虫歯とこの親知らずのせいではなかろうか、と医師に相談してみたところ。

 「この程度の虫歯は、痛みはないと思います。親知らずも、生えている位置や角度が異常というわけではないし歯茎の腫れもない。今の段階ですぐ抜歯、という判断は難しいですね。」

 ただ、親知らずは普通に生えても既に固くなった歯茎を破るわけなので、多少の違和感や不快感はあるらしい。
 また、位置的に治療が難しいのでそれが虫歯になったら抜歯。レントゲンで確認が必要だが、素直な生え方なので大病院の口腔外科で全身麻酔・・・の必要はないのでは、と言われた。

 「今のK君なら、頑張れると思いますよ。」

 看護師さん、その信頼はすごくありがたいのですが、親はかなり不安です。同じ施設を利用している同年代の人やその保護者もけっこう悩んでいるらしい。
 親知らずを抜くのは健常者だってかなり辛い。私も20代の時に抜いたが、かなり怖かった。痛い経験をすると、その後診察台に座ってくれなくなるのでは、という恐れもある。この後の人生、ずっと歯医者にかからずに過ごせるとは思えない。
 そういえば、「まずレントゲンを撮らせてくれなかった」という人もいたし。

 せめて今は仕上げ磨きを丁寧に。奥まで歯ブラシ突っ込まれるのは辛いよね。でも、我慢。

 歯の治療の後「30分くらい飲食はしないでね」と言われることがある。15分で帰宅できるのだが、帰ればすぐにおやつを要求されるのはわかりきっているのであえて遠回りの無駄ドライブをする。これは、障害児者歯科通院あるある・・・・らしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!!
5歳の障害児(療育A1、身体2級)のいる30歳母です。
私もあるアニメのオンリーイベントに行ったりミュージカルに行ったりコスプレをすることをライフワークとしているものです。
障害児blogは今まであまり見て来ませんでしたが、娘との生活を楽しめるようになってきたので他所のお宅も覗いてみようという気になったところでこちらに参りました。
他者が参考にならない、何をしてあげれば良いのかわからないという気持ちとてもよくわかります。うちの子はまだアンパンマンに突入していません。一緒に日曜日の朝仮面ライダーやプリキュアを観たりするのが理想なんですが。
すべての記事はまだ読んでいませんが、とても大変な思いでお兄ちゃんを育てられているご様子。
娘もこれからどんな風に成長するのかわかりませんが、息抜きしながら(笑)子育て頑張ります。
ガメス
2015/03/04 12:43
ガメス様
 はじめまして。お子さんもまだ小さいし、ガメスさんご本人が自分の娘といってもおかしくない年齢なのですね。若い力があるうちにできることをバリバリやっちゃってください。自分の楽しみも、もちろん含めて。
 障害を持つ子と長く接してはいるけれど、いまだに「これでよかったのか」と何度も思います。でも、少しでも笑ってくれた、楽しそうだった、というだけで少し安心する、その繰り返しです。アンパンマンに突入したものの卒業の気配はないし、次男はポケモン男子だったので子供と一緒にヒーローショーに行きたい、という夢もかないませんでした。でも、それぞれの成長を見るのは何より楽しかったです。
 娘さんがぐんぐん成長するのはこれからですね。息抜きもたくさんして、見守ってあげてください。
tomoko
2015/03/05 11:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
出てきた、親知らず 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる