障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 健康管理

<<   作成日時 : 2015/01/20 12:41   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 言葉もなく指差しもしない、というKの体に異常があった場合、どのように察知されているか。あきらかな傷やあざなどがあればさすがにわかる。ただし、絆創膏も包帯も嫌がってはずしてしまうのその後の治療はかなり困難だ。

 発熱、下痢、嘔吐などでもわかる。しかし、わからない異常は山ほどある。
 外から見えない部分の痛い・苦しいを表現しているのはわかっても、どこが痛いのかわからない。痛いところを自分で押さえたりもするが、どう痛いのか、苦しいのか説明してはくれないし。

 とりあえず病院に駆けこむ。しかし、各種の検査をおとなしく受けてくれるわけではない。原因が掴めるまでの間、お医者様と看護師さんを巻き込んでのドタバタ劇。たいしたことはなかったとしても、この時点で私のエネルギーはすっからかん。

 知り合いの障害者母は、息子さんに生えてきた「親知らず」を抜歯しなければならないかも、と言われて途方に暮れている。「おとなしくしてくれるわけがない。」と。
 Kも前回の歯科検診で「親知らずが生えてきましたね。丁寧に磨いてあげてください」と言われた。他人事ではない。

 親同士で時々話す。「一度、全身麻酔でMRIとか普段できない精密検査を徹底的にやって、要治療の部分をその時全部処置してしまえないものかしら」
 人間ドックではない、集中メンテナンスだ。

 Kは三歳児検診の後くらいだったか、念のために脳波、聴力、眼底検査、MRI、血液、尿などその時にできるさまざまな検査を受けた。結果、その時点では異常なし。
 でも、機嫌が悪い時など発熱等はなくてもなにかしら不快な自覚症状があるのでは、と思えて仕方ない。全身麻酔はさすがにリスクが高いが、何らかの形でそういう検査と治療はできないものか。

 大病ではないとしても、ありがちな頭痛とか肩こりとかは見た目ではわからないがそれなりに辛いし。察しも勘も悪いかーちゃんでごめんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
親知らずですかあ〜(><)私、全部抜きました。理由は「腫れて痛んでどうしようもないから」です。
最初はまっすぐ生えていた上を抜いて大分腫れなくなりました。でも疲れると、うまく生えきってない下の歯の歯茎が腫れてきて、かみ合わせにまで影響を及ぼすようになり、かかりつけの勧めで大学病院で抜いてもらいました、いまは腫れることなく天国のようです(^^)♪

大学病院だと「障害のあるかた、及び不安の強いかたに全身麻酔で抜歯します」ってあるようです。ちなみに「親知らずは年齢が重なるほど抜きづらくなる」そうなんで、早めに考えたほうがいいかもですね。

あ、友達の主治医は「抜かないほうがいい」という考えで、うまく削ってもらったようです。いい対処法がみつかるといいですね。
ちえのすけ
2015/01/20 20:18
病院にかかった時のエピソードは
たっくさんあります。
たかだか、ものもらいが腫れてお岩さんのように腫れたとき
全身麻酔しました、なかなか麻酔がきかなくて
オペ室で酔っ払ったようなフラフラ状態の息子が
まだまだ、俺は行くぜ!俺は行くぜ!
みたいになり起き上がった時は
恐れ入りました(笑)
この全身麻酔に漕ぎ着けるまで
障害(自閉)の子を診察したくない&
手術したくない、と言う医者を説得するのに
半年かかりました(^_^;)
えぇ、粘りましたし、アチコチ悪口言いふらしました(汗)
どこの病院も診察拒否でしたので
必死だったです。
ところでいまだにわからないのは
頭痛とか痛み。
きっと成長痛とかあるはずなのに
わからない、わかりにくい。
インフルエンザとかはすぐにわかりましたが。
不便ですよね〜本人も辛いだろうな。


2015/01/20 20:36
治療でも(親知らずとかではなくても)全身麻酔で治療することが多くあります。アメリカは強い薬を使用することに対する抵抗があまりないということもあるのでしょうが・・。 実際、私の息子も親知らずを抜くときには、障碍がある=全身麻酔 での処理を薦められました。 我が家の場合、今はだいぶよくなりましたが、彼が小さい頃は、年に一度の健康診断も大変なくらいでした。注射一本打つのに、男性ナース二人が連れて来られたり・・・ということもありました。良くなった今でも、言葉できちんと表現できなかったり、忘れてしまうことが多い息子のケアはやはり近くで見ていてあげないと・・と思いますね。
imommy
URL
2015/01/21 07:10
ちえのすけ様
 私も20代のうちに全部抜いてしまいました。しょっちゅう歯茎の腫れと頭痛に悩まされていたのに、抜いたとたんにそれがなくなってすっきりしましたね。正しく(?)生えて虫歯に気をつければ抜かなくていいのかな、できればそうしたい・・・と願っているのですがどうなることか。
tomoko
2015/01/21 21:02
桃様
 大変な経験をされたのですね・・・うちもそういう状況になったらどうしよう。素直に診察や治療を受けてくれるとは限らないので医師のリスクが大きいのもわかりますが、悩みます。成長痛は思春期に多分あったのかな、と今になって思っています。
tomoko
2015/01/21 21:05
imommy様
 やはり抜歯は全身麻酔覚悟で臨まなくてはいけないかもしれませんね。ましてや親知らず。ああ、その時にCTで全身スキャンもしてほしい。
 うち注射は割と平気なのですが、耳鼻科には徹底的に抵抗するので困っています。本当に、いちばん近くにいる親の普段からの観察が大切ですね。
tomoko
2015/01/21 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
健康管理 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる