障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 家族と愛着

<<   作成日時 : 2014/10/16 13:27   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 前回、Kは反応が少ない子どもだった、と書いた。

 今でも憶えている。療育園の保護者会に参加した時の事。Kは4歳くらいだったろうか。
 会場まで移動する時に、たまたま子ども達が園庭で遊んでいるところを横切らねばならなかった。どのお母さんも、自分の子に見つかって面倒なことにならないように物陰に身を隠しながら、まさに忍者のごとき身のこなしで移動する。
 私も真似してみたものの、生来のドン臭さからみごとにKと正面からコンニチハ、という体制になってしまった。これはまずい、と観念したのに。

 Kは、ほぼガン無視でふらふら〜と去っていく。
 え、何、これ。私は透明人間になっちゃったの?

 面倒な状況は避けられたが、なんだか納得いかなかった。何もわからない子、とはわかっていたが母親すら認識できないのかこいつは・・・と、力が抜けました。

 で、今。
 通所や日中一時支援のお迎えに行くと、どこであろうと必ず出入り口近くの椅子とかソファーに座っている。「お母さんのお迎えを待っているんじゃないかしら。お家が好きなのね。」と笑顔で話す職員さん。

 始めのうちは、私もそう思っていた。しかし、ある時判明する。
 自宅でも、このところ玄関先を好んでよく座っている。
 自宅を恋しがっている、というより出入り口付近が好きなのか?

 でも最近、日中一時支援の施設に行って室内に入る時少し抵抗するようになった。もうずっと同じように利用している所だし、迎えに行った時に様子を聞いても特に荒れてはいないという。
 いつの日か、ここに入ったが最後、お迎えが来ない日がくるのかな・・・・・と予感しているのか。その通りなんだけどね。

 家や家族への愛着は、幼い頃からあったのだと思う。ただ、それをわかり易く表現してくれなかっただけ。
 そろそろ親離れの練習を、という時になってそれを伝えてくれても辛い。

 危ないから、と道路で手を取ろうとすると振り払うのは、大人になったからだろうか。でも、ぼーっとしていると「こっちを向け」と顔に手をあててくる。本当に、よくわからない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うちもガン無視だったです。
ところが、通園施設に通いだして
園長先生から、お子さんは変わってる(笑)って言われて
理由を聞いたら、ほとんどの幼児の子は
ガン無視だし、母親がお迎えに来ても
表情ひとつ変えないけれど
うちの子は違うって。
お母さんが現れると、明らかに母親を見て
認識し、嬉しそうな態度をしていますって言われて
私は息子のどこをみていたのかと反省しました。
でも!そこだけ。
あとはガン無視なんですよね(^_^;)
ただ息子には、仲良くしようね!って感じで
いつもふざけまくって遊んでいました。
今は、手を繋がなくなり、触られるのも嫌がります。
ちょっとさびしい(笑)

お迎えが来ない日
なんだかせつないなー‥
お家が好きって、ネコみたい(笑)

2014/10/18 00:07
桃様
 そう、まさに猫なんです、うちの子は。こたつにもぐりたがる、ストーブの前から離れない。猫に取り憑かれているのでは、と本気で思ったこともありました。今は、施設に迎えに行って手を振るとこちらに駆けてきますがいろいろと複雑な思いはありますね。
tomoko
2014/10/18 20:20
リチャードギア主演の『HACHI 約束の犬』を見たとき、ハチ公がうちの子に見えて涙しました…(笑?)
桃さん同様、切ないです…
ちょっと違う話ですが、犬とか猫とか、いろんな場面で子供とかぶり、うるうるした気持ちになったりかわいすぎると思ったりすることが良くあります(笑)
みま
2014/10/20 09:06
みま様
 ありますよ、小動物と我が子のかぶり!ストーブの前で背中を丸めている姿とか、大好物を食べる時の一心不乱ぶりとか。もし将来入所とかしたら、ハチのようにしばらくは待っているのかな、と思うとせつないですねえ・・・
tomoko
2014/10/20 11:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
家族と愛着 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる