障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 謎の電話

<<   作成日時 : 2014/02/08 14:44   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 「もしもし、Kさんをお願いします。」

 若い女性からの電話。一瞬、迷う。
 施設の職員さん? 支援校の先生? 以前通っていた放課後デイサービスの指導員さん?
 いや、その中の誰であったとしても、いきなりKを電話口に呼び出すことはありえない。

 私「あの、どちら様ですか?」
 女性「●●(よくある苗字)です。」
 私「どちらの●●さん?」
 女性「Kさんの高校時代の友人です。


 この時点で、かなり不審度は上がる。だが支援学校高等部卒業生には、健常者とほぼ変わらない言動で普通に就労している人もいる。しかし、それならKの状態を知らないはずはない。
 
 落ち着け。慎重に対応するんだ。まだ、わからないぞ。
 そう思いつつ、この時点でもう私はわくわくしている。くるか?きちゃうのか?

 私「はあ・・・Kを直接ご存じで、お話をされたこともあるのですか?」
 女性「はい!」


 はい、ダウトーーーー!
 キター! とか ヒャッハー! とか 梨汁プッシャー! とか本気で叫びたくなる瞬間てあるのね。

 私「そうですか・・・あの、何かのお間違いではないでしょうか。」
 女性「・・・・(無言)」
 私「Kは重い病気で、学校にはほとんど行っていないのですが。」
 女性「・・・・いないのなら、またあとでかけますー。」


 ここで電話は切られる。てかお嬢さん、返しがおかしいわ。
 本当にまたかかってきたら、今度はどう答えようかという話題で家族の会話がしばらく盛り上がったのだがその後は音沙汰なし。

 後で知ったのだが、知人の息子さん(Kと同世代の健常者)にも似たような電話があったという。やはり不在時に親が電話を取ったが息子さん本人に心当たりはなく、話の内容もおかしかったので不審に思っていたとか。 「デート商法、とかいうやつのお誘いだったのかしらねえ」という推測で落ち着いたものの、いまだに謎は謎のまま。

 ダウト判定の後電話口で直接問い詰めることもできたかもしれない。しかし、得体の知れない相手だからこそ逆切れされて何か被害を被るのも嫌だった。理由はともかく、こちらの電話番号と名前は知られているのだから。また、「実は障害者で」などと新しい情報を渡すのも盗人に追い銭、と思い微妙にフェイクをかけた。
 とりあえず終始「わけわからなくてオロオロしている弱気なお母さん」みたいな口調で通したし、それほどご機嫌を損ねてはいないと思う。

 矛盾を指摘された時の逃げ口上マニュアルもあるのだろうが、それにしても「携帯の方が馴染んでるので固定電話向けの会話マナーはちよっと苦手なんですー 」な世代感覚は伝わってきた。かえってそこに妙なリアリティを感じましたが。

 個人情報を守るというのも限界はある。ある程度なら知られても大丈夫、という用意と心構えは必要かもしれません。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
えーそんな電話があったんですかー!
私も同じような事態になったら
( ̄ー ̄)ニヤリとしちゃって、笑いを抑えるのが大変そう(笑)
イヒヒー

でも、怖いですね
一瞬まさか?と思わせる手口
いや、うちはまさか?はありえませんが。
また似たような電話かかってきますかね?
なるほど、障害者と言わない方がいいですね。
私も気をつけます。

2014/02/09 13:00
うわあ〜〜〜!まさかのデート詐欺?
それは確かに梨汁ぶっ飛ばしたくなるような出来事ですねえ!!
しかし一体どこでどう調べて連絡をしてきたのでしょう?うちにも塾やら通信講座やらから電話がくることがあります。障がい児だと言えば塾は二度とかけてきませんので楽ではありますが(^^;)

ちなみに知人は、大学生4年のときにキャッチセールスに捕まりそうになり、「二十歳以上のかたにアンケートで」と言われて「すみません、私は19歳で、家に二人の子どもが待ってるので急いで帰宅しなくちゃなんです」と返して逆に同情されちゃったそうです(^^;)こんな強者もいるっていうことで。
ちえのすけ
2014/02/09 19:49
桃様
 やっぱりニヤリとしちゃいますよねえ。見え見えなんてもんじゃない。昔から早期教育やら七五三衣装、家庭教師に運転免許取得、といろいろな勧誘電話を受けましたが、堂々とお断りすることができるので気楽でした。多少複雑な気分ではありましたが。
tomoko
2014/02/09 20:39
ちえのすけ様
 もう、梨汁でもみかん汁でもぶっ飛ばしたかったです。よく使われる割引カードやお店の特典会員などから住所や名前が漏れることもあるそうで、できるだけそういうものを作らないようにはしているのですが全く使っていないわけでもなく・・・なので、ある程度の個人情報は流れているという前提で用心しています。クレジットカードなどの重要なものは絶対防御ですが。
 19歳で子持ち、そう言われたら確かにそれ以上押せないですよね。後味の悪くないお断りの仕方って難しいけれど、これはすっきりシャットアウトできそうです。
tomoko
2014/02/09 20:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
謎の電話 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる