障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大人と子供とサンタクロース

<<   作成日時 : 2013/12/19 10:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 夕方帰宅し、座布団にどっかりとあぐらをかいて座る。コーヒーを飲みながらテレビを見て、煎餅をかじる。
 どこのオヤジだ。はい、K君です。

 そんな姿をしみじみ眺めて「ああ、なんか一人前な感じ」と感慨に浸る。コーヒーはブラックでもOKだし。
 特に勧めたわけでもないのだが、私がコーヒーを飲んでいる時に欲しそうな仕草をしたのでわけてやった。それから気に入ってくれたらしい。あぐら座りも教えてはいないが自然に覚えたようだ。

 最近の、特に若い男性は煙草もほとんど吸わないし、どっかり座って何をしているかといえばゲームだったりする。Kの姿は「昭和のオヤジ」に近いのかもしれない。あ、喫煙は絶対させません。

 昔、何をしてもあまり反応してくれないKを見ていると大人になった時の姿など想像できなかった。いや、したくなかった、考えたくもなかった。「将来を考えて」と言われてもそんなものあるのかすら疑っていた。
 でも、少なくとも見てくれというか雰囲気はハタチのアンチャンぽい・・・気がする。このままいけば、いい味のオヤジになるかもしれない。重度知的障害者のまま、だけど。

 それでもクリスマスプレゼントは「おかあさんといっしょ」のDVD。笑っちゃうね。

 障害とか関係なく男はいくつになっても少年だよ、と人に言われた。少なくとも母親目線ならそのとおりだ。

 弟君も割と大きくなるまでサンタに手紙を書いていた。多分、うすうす感づき始めてからも。なんで日本全体でクリスマス、とよく言われるけれど、サンタクロースというものを介して親と子が心理戦を繰り広げつつお互いを思いやる・・・という機会を与えてくれるのはいいことじゃないの、と思えます。
 
 「どっかり座って」ゲームに熱中して見知らぬ誰かとWiFi対戦をしながら「しまったあっ!!ミスった!」とか騒ぐ弟君を見ていると、なんだかな、と思う。
 これからいろいろあるだろうけど、そんな少年の頃の気持ちだけはなくさないで。もっと大人になった時、大切な人の素敵なサンタになってください。

 今年も来たけれど
画像

 「誰だおまえ」
 いつもの父サンタもびっくり。どっかで会ったような会わないような。管轄違いでないかい。

 この子達の写真歳時記(?)もだいぶたまっており、リビングのフォトフレームに季節ごとに入れ替えて飾っています。「かわいい」とか思って下さったら、ブログ左上のアルバムで主だったものは見られます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
写真、これはレオですか?

このウルトラマンの人形、知り合いのお子さんは
両手の五本指の間にウルトラマン家族を挟んで
フォッフォッと上機嫌に笑っていました。
五本指全部って、スゴッ!(笑)

2013/12/21 14:44
桃様
 これは「ウルトラの父」ですね。公式でサンタコスプレをやってくれてます。五本指全部、きっと嬉しかったのでしょうね。目に浮かぶようです。フォッフォッと笑いたくなる気持ち、わかります。
tomoko
2013/12/21 19:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大人と子供とサンタクロース 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる