障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩いろいろ

<<   作成日時 : 2013/11/19 11:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 朝、Kを連れての公園・街中散歩もすっかり定着した。本当は少し早足の「ウォーキング」をやりたいのだが、Kと一緒だとやはり「散歩」にしかならない。しかもリラックスしてのんびりと・・・というわけにはいかず、あっちへフラフラこっちへフラフラ・・・というKを追いかけたり引っ張ったり、気を遣いながら歩く。それはまあ仕方ない。

 犬を散歩させている女性がいる。時々会う犬で、大切にされているらしくきれいで上品。リードを持つ女性の横を堂々と歩き、女性が止まると止まる。指示されれば従い、お行儀もいい。凛として、お利口そうだ。

 その姿を横目で追いつつ、歩き出したかと思うと立ち止まったり、小石を拾ったり水たまりにわざと入ろうとしたりするKを追う。

 ・・・・・人間サマ、それも大人を連れている私の方がどう見ても大変なんだよなぁ。

 深くは考えまい。いや、浅く考えても答えは明白だから。
 言葉が使えないのは一緒のはず。いやいや、犬は躾と訓練次第でいろいろな能力を発揮する動物だ。

 しばらくして、同じ公園を60代くらいの別の女性がのんびり歩いていた。その横には、かわいい首輪をつけた猫が一匹。なんとはなしに見ていると。
 女性が立ち止まると猫も止まる。歩き出すとまたついて行く。ベンチに座ると、その足元にちょこんと座り、女性が再び立ち上がるまでずっと待っている。長時間になると寝そべったりあくびをしたりするが、そこから離れることはない。

 ひえーっ 初めて見た、ノーリード飼い主同伴散歩猫!
 これは珍しいことなのか割とあることなのか。少なくとも私は初めて見たし驚きました。

 猫は人間の思うようにはならない、自分も昔飼ったことがあるしそれが当然と思っていたのに・・・躾とか習慣づけであれほど「よいこ」で従ってくれるのね。ご主人と一緒にその足元でぬくぬくと日向ぼっこしている「忠猫」をほのぼのと眺めていると、ちょっと幸せな気分になれた。

 ・・・・で。そうか。猫でさえあのように・・・・いやいやいやいや、もう本当に考えるのはよそう。
 その時私の「同伴者」は、落ち葉を拾いながらニコニコ笑っていました。

 毎朝こんなふうにKと歩くことについて、偉いとか大変だねとか言われるけれど自分も歩く機会を作って体力を維持したい。
 また、Kのような人にとって「街を歩く」というごく普通の行動は、この先団体生活を送るようになればかなり制限される。今のうち・・・と思えば、さりげなくも貴重な時間だ。

 その猫ではありませんが
画像

 自称猫パパラッチの私の、これまでの最高傑作写真です。とにかく美猫(びじん)。私的に奇蹟の一枚。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
先日はお返事ありがとうございます。新米ヘルパーです
あれからも、担当させてもらってる子供さんの介助をする時も頭の片隅に『わかりたい、と思う気持ちを大事に…』と時間を過ごしてます。
子供さん独特の言葉使いや、コミニケーションのとりかたも解らないながらも…楽しく過ごしてます。お母さんには『やっと意味がわかりましたゥ』って報告して笑ってもらったり。
少し自傷行為をされるので、手を握ったり肩をさすったり…それでもパニックになると見守るしか出来ませんが
それでも時々笑ってくれたり、寂しそうに別れを惜しんでくれたりするとうれしさ倍増です。(私が思ってるだけですが)
またブログ楽しみにしてます。
ハッチ
2013/11/20 20:48
ハッチ様
 わかりたい、と思う気持ちを持ち続けることで行動のひとつひとつからヒントを貰えることもありました。そういう関わり方をしてくださるヘルパーさんがいる、というだけで保護者も救われます。ご苦労も絶えないと思われますが、子供達の可能性を見出しながらお仕事をしてくださっているようで嬉しいです。これからも、よろしくお願いします。
tomoko
2013/11/21 10:04
私、ものすごーく親バカ発言しちゃうんですが
息子と歩いているとき、ハッとさせてくれる言葉を喋ってくれるんです
大きな空よ!
お月様キラリ
お日様ー!
唄を歌う(上を向いて歩こうとか)
なんだそんなことか、大げさって
思われちゃいますが
素敵な言葉を喋ってくれる息子に
元気をもらったりしています。
まぁ、でも身体のデカイ息子の独特な動作は
冷や汗かいてばかりですが(^_^;)

2013/11/21 11:34
桃様
 素敵なお散歩ですね。歩いている、ただそれだけで癒されるのがお散歩だと思うのですが、息子さんはその間にいろいろな発見をしているようで、楽しそう。独特な動作とかはうちの場合も同じです。親は既に周囲の視線に麻痺しているので今更、な感じで。
tomoko
2013/11/22 12:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
散歩いろいろ 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる