障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本格スタート

<<   作成日時 : 2013/01/07 12:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 4日、Kは「初通所」だった。昨年まではびっちり「学生の冬休み」だったから、ありがたい。と同時に、なんとなくお正月が早く終わってしまうようで慌ただしいような寂しいような。そんなことを思えるのは、昔よりも多少余裕があるせいだろうか。

 福袋をひとつ買う、というのがお正月の楽しみのひとつだったのだが、最近は中身がわかるのは当たり前、年末から売り出したりもしていて既にバクチ的、もとい運だめし要素がないのが寂しい。
 そこで最近は3日くらいになってからお店に行き、たまに残っている福袋の落ち穂拾いをする。割と「残りものには福がある」的な拾いものもあり、運だめしができます。中身がわかるので、これはというものがなければ買わない。お金を無駄にすることはないので、バクチではなくなったけど。

 おせちも食べ終わり、テレビやラジオの番組もレギュラー放送になり。
 いつのまにか日常が戻っていた。

 4日は金曜日で、その後はまた土日。施設によっては利用者の混乱を避けるためにお休みにしたり希望者のみの利用にしたり、ということもあったらしいがKの施設は普通に初日。

 Kには、朝から「今日からまた、※※(施設名)に行くのよ」と何度も告げた。迎える職員さんと私の顔を見比べ、なんか納得いかないというような表情だったが、問題なく過ごして機嫌よく帰宅したのでひと安心。 

 Kは今年二十歳になる。年金の申請や療育手帳の更新のために動き回らねばならない。慌ただしくなりそうだ。

 いちばん最初に貼った3歳の頃の写真のままの療育手帳。これ本人確認できるのか、といつも疑問に思うのだが面影ははっきり残っている。正面から普通の顔をした写真を撮るのは難しかったので、顔が判別できるスナップ写真を使ったから無駄にいい笑顔。
 いろいろな記入欄もいっぱいになりつつあるし、この機会に新しくしてもらおう。

 高等部入学の時に、生徒手帳作成のための写真をよくスーパーなどの前にある証明写真撮影ボックスで撮った。
 「ほら、前を見て!背筋を伸ばして!」などと指示したり体を支えたりしながら、自分が写らないように椅子の後方足元で窮屈そうに屈んでいる母。前を通った人がいたら、不審極まりない様相だったろう。

 懸案だったスーツの新調は、来年迎える成人式前に。とにかく、これまでとはまた違った忙しさが待つ1年の本格的スタートです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もう来年は成人ですかー、早いものですね、最初にコメント頂いたころは中学生?だったのに。お互いそれだけの年月のあれこれをここで綴ってきたのですね。長いような短いようなー。

福袋、私は滅多に買わないのです、あの人混みが苦手で!でも、落穂拾いなら混まないのかな?今度買ってみようかな、と思います(^o^)
ちえのすけ
2013/01/10 22:14
ちえのすけ様
 いつのまにかここまで・・・という感じですね、お互いに。いろいろあったけど子供は確実に成長してくれるのだとわかりました。
 意外と掘り出し物がありますよ、落ち穂拾い(笑)松の内くらいまでなら余っていれば店頭にでていることもあるので、来年はぜひ。
tomoko
2013/01/11 12:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
本格スタート 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる