障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS そして静かに暮れる

<<   作成日時 : 2012/12/29 20:08   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 めまぐるしい、でもなんとなく安心できるようになったかな、という1年だった。ほぼすべて、Kに関することなのだが。
 支援学校の高等部を卒業し、生活介護通所施設に通い、なんだかんだと手を焼かせつつも馴染んできたかな、と思ったらもう年末。

 安心・・・というのは以前よりはまし、というくらいのもの。行き先とか居場所探しに奔走していた日々を思うと、とりあえずしばらくは落ち着ける場所を得たことは大きい。ほんの数年前に比べれば夢のように「普通」だ。Kと一緒に生活している限り、平和とは無縁と思っていたから。
 
 傍から見ればどこが普通でどこが平和なんだか、てなものだろう。買い物にも散歩にも連れて行けるようにはなったが、大きな荷物を引き摺っているようなものだ。ひとりで歩く、ひとりで家にいる、ただそれだけのことがどれほどありがたいことか。

 激しい自傷行為は減ったものの、全くなくなったわけじゃない。たまにではあるが、「今日はやっちゃいました」という日はある。そんな時はやはり落ち込むし、もしかしたらこれをきっかけにしてまたあの悪夢のような日々が始まるかも、などと悪い方への妄想が果てしなく広がってしまう。今のところ再発の兆候はないが、どうなることか。
 要するに、私はまだまだ彼の状態に怯えているのだ。どうなるかわからないなら良い方に考えてお気楽に、と思う。でも、青空を見上げる視界の隅にいつも黒雲が見えている。 
 
 学生の頃と違い、「何年生で卒業」と決まってはいないから先の見通しはつけにくい。それでも、この平和が明日くらいまでは続くだろうと思えるだけで幸せだ。明日も明後日もそう思えますように。そして、来年もそんな1年でありますように。
 無欲なようで最高に欲張りな新年への願いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。今年はあとわずか
冬休み中の我が家はダラダラ、ユルユル生活です。
tomokoさんにお聞きしたいことがあるんです。
来年の私の心構えというか、あと2年、いや先々も
私が、大の苦手な担任とのコミュニケーションなんです。
毎年担任が変わるんですが、なんにもない年もあれば
担任の口の訊き方?がとても傷付いたり

不愉快な気持ちになるときがあるんです。
他の保護者は、我慢してたり聞き流してしまったり
上手にこなしてるんだけど
なんて失礼なこというんだろう、と考えると
モヤモヤしちゃって。
tomokoさんは、こんな経験あるかわかりませんが
こんなとき、どうやって上手くかわすんだろう、と質問したくなりました。
面倒な質問でごめんなさい。

2012/12/30 00:53
娘は来年6年生。「無事に1つ歳をとること」を素直に喜べたのは小学低学年までだったかなぁ〜。
それからはもうカウントダウンの音しか聞こえない…。どんどんその音は大きくなっていくんだろうなぁ〜と恐怖です。

>この平和が明日くらいまでは続くだろうと思えるだけで幸せだ。

そうなんですよねぇ。沢山不安はあるけど、平穏な日々もあり、幸せかと問われれば私も「幸せ」です。あまり先を見過ぎるのもいけませんね…(?)

>明日も明後日もそう思えますように。そして、来年もそんな1年でありますように。

私もそう願って過ごしていきたいです。
tomokoさんの言葉にいつも勇気づけられます。ありがとうございます。
よいお年をお迎え下さい!!

2012/12/30 11:16
桃様
 ダラダラ、ユルユル、いいことですよ。
さてご質問の件ですが、うちはこれまで先生には恵まれていたようでこれといって嫌な気持ちになった記憶がないのです。あと、私は割と鈍いようで他の人から「あんなこと言われてよく腹が立たないね」と言われることはあったので、意識していないのかもしれません。面倒なことも嫌いでした。鈍感力、というのか自分の性分と運に感謝しています。
 ただ、子供本人の為にこれは言いたいということは何度も考えて伝えました。そのかわり、取るに足らないことと思ったら放置するなり大人の対応、それですっぱり忘れる、でおしまい。何か引っかかった時、それはお子さんにとって大切なことかどうか。その一点だけ考えるようにしてはいかがでしょう。でも、相性とか性格とかで一概にいえることではないですね。前向きにいきましょう。
tomoko
2012/12/30 19:39
花様
 そういえば、カウントダウンが聞こえ始めたのは中学生になる頃でした。どうなるのか不安で仕方なくなったり、なるようにしかならないと開き直ったり、子供の思春期と一緒に迷っていたような気がします。
 高望みはしないから、そこそこ楽しいこともあって子供も可愛いと思える毎日が長く続けば、それが理想です。よいお年を!
tomoko
2012/12/30 19:46
ありがとうございます!
tomokoさんの言葉で
自分がどう動いたらよいか、整理ができました。
あ、担任と喧嘩なんてしませんよ(笑)
ひらめいたことがあったので!フフフッ(不気味?)

良いお年をお迎えください。

息子はこれからお散歩です。

2012/12/31 13:27
桃様
 お役に立てたなら嬉しいです。いい方向にいくといいですね。すっきりと新年を迎えられますように。
 
tomoko
2012/12/31 20:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そして静かに暮れる 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる