障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS わかっちゃいるけど

<<   作成日時 : 2012/12/17 12:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 いけません、と注意されてやめたらその後はやらない、というのは良い子。
 わかっていてもたまにやらかしてしまう、というのもありがち。ことによっては、次からは隠れて・・・ということもあるかもしれない。

 でも、注意されてやめた直後に隠そうともせず同じことをやる・・・という繰り返しにどれだけ付き合えるか。Kのような子を育てるのは、そういう忍耐を続けることだ。終わりなんか見えない。

 絵本を見ているうちにビリビリと破いてしまい、「元に戻せ」とセロテープを示す、ここまではいい。しかし、直して手渡してから30秒以内に再び破き、またセロテープ・・・っていうのはなんなんだ。

 風船が好きだが、歯で破いてしぼませてしまう。「直せ」と持ってくる。無理。
 ペットボトルの蓋をしめろ、と持ってくる。しめて手渡した、その直後にまた開けて持ってきて同じ要求をする。
 あげればきりがない。それでも何度かは応じてやるが、さすがに最後は「いいかげんにしなさい!」ということになる。

 以前、一般就労ができるレベルなのに服の縫い目を破く癖が直らない、家族が困っている、という人の話を聞いた。本人も「ごめんなさい」と言って落ち込むのに、また繰り返してしまうそうだ。

 こだわりというのは、そういうものなのか。理解しなければ、とわかっていても脱力感は半端ない「ざるで水をすくっている感じ」というか。

 Kのそういった要求は彼なりのコミュニケーションだとわかっているしそれが嬉しい、と以前ここで書いた。でも、忙しい時などは正直しんどい。我ながら身勝手な親だと思う。

 わかっちゃいるけどやめられない。いや、そもそもKの場合「わかっている」のだろうか。そこからあやしい。でも、そういうことにできる範囲で付き合いつつ、やりとりを重ねること。明日もまた、いろいろなことを繰り返しているのだろう。
でも、ざるにだってわずかな水滴はひっかかっているよね、と思うことにしています。だって、「いけません」と言われたらとりあえずやめるようにはなったのだから。一分もたないけれど。

 今Kのおもちゃ棚にはアンパンマンとゴーバスターズとディズニーの絵本がある。損傷の激しいのはやはりアンパンマン。クリスマスプレゼントは、「おかあさんといっしょ」最新DVDです。気持ちだけは幼児の母。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ふふっ(^^)
他人から見ると、そのやりとり微笑ましいんですけどねー
忙しい時にやられるとしんどいですよね(^^;

うちは今、懇々と言い聞かせてるのは
オムツ替え時の蹴っ飛ばし、です
狙い定めたようにおなかにメガヒットするので
オムツ替えてる時はキックなしよー
わかったー?
というとハーイと手を上げる
数秒後、見事なかかと落としをお見舞いされる
の、繰り返しであります(笑)

オムツ替えは私だけの仕事ではなく
先生や福祉施設の職員さんもすることなので
何度も何度も言い聞かせて
キックなしのオムツ替えの日を迎えたいと思います
リンコ
2012/12/17 17:32
リンコ様
 相手が小さい子なら微笑ましいし、こちらもかわいいな、と思えるのでしょうが9歳男子はちょっと・・・です。
 注意されて「ハーイ」と手をあげ、また・・・というのが楽しいのかもしれませんね。「本当にいけないことは気合で言い聞かせて」と言われたことがありますが、私にはいまひとつ気合が足りないようです。
tomoko
2012/12/18 12:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
わかっちゃいるけど 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる