障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 7年たっても

<<   作成日時 : 2012/12/04 12:02   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 このブログを開設したのは、忘れもしない2005年の12月。そう、ちょうど7年前。
 初めて記事をUPした時、まさか7年後も同じようなことをぐちぐちと書いているなんて思わなかった。

 「こういう子」を育てていかねばならない、そんな生活の愚痴や疑問を不特定多数に聞いてもらう場が作りたかった。あ、ついでにオタ話も。
 こそっと始めてみたら、しょうもない垂れ流し語りに対してコメントまで頂ける。ありがたいことです。
 
 ネットの海の深さ、恐ろしさは伝え聞いていたので言葉を選び慎重に、でも伝えたいことは確実に。それを心掛けつつぼそぼそ綴って気が付けば丸7年。「養護学校小学部6年生の障害児」だったKは、「19歳の通所施設利用者」になりました。

 7年前。思春期を迎えて自傷が激しくなった。初めてのけいれん発作、パニック、ストレスからと思われる血尿。
 次から次へ、もうどうしていいかわからなくなりかけていた。そんな時によくもまあチンタラ書き込みなんぞしていたものだ。いや、そんな時だから、だったんだろうな

 最近は「安定した」という内容の記事が多くなった。でも、今だって「やってられないわ」「どうすればいいの」と思うことは毎日ある。あっちにもこっちにもたくさんたくさん気を使い、疲れる。でも、ほぼ24時間その状態というわけでもなくなってきただけで「なんて楽になったの」と喜んでいます。

 「だって、10時に寝ると6時まで起きないのよ!夜中に突然泣きわめいたりしないのよ!すごいでしょ!!」と7年前の自分に自慢したい。

 実はこのブログタイトルは下書きの時の仮題だった。もう少しこじゃれたものを考えていたのに、タイトルの修正だけ忘れてしまい結局そのまま。直すこともできたけれどそれすら面倒、まあいいか、・・・・で、7年。そういうズボラな性分なので本人が18歳を過ぎても「障害児」はそのままですが、もうしばらくズボラなまま継続する予定です。 

 それにしても、寒い。
画像

 全員「誰か、お茶いれてきてよ」

 炬燵に足を入れたが最後、二度と出たくない。ここで暮らしたいとさえ思える。そんな季節。
・・・・てか、この時期この子達は炬燵画像が多い。小道具としての完成度高いからつい使いたくなります。

 Kの睡眠も安定しているし、奮発して笠井潔先生や島田荘司先生の「分厚くて考える系」作品のハードカバー本を買って炬燵でじっくり読むぞ、と本屋に行ったら「聖おにいさん」「大奥」「こち亀」「ロック・リーSD」の新刊が・・・・

 笠井先生、矢吹駆シリーズの最新作を読むのはもう少し先になります。申し訳ありません。
 7年前は、細切れの時間に京極作品とかを集中して読むことが気分転換だった。今は、ギャグ作品で笑える。幸せなことだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うまく言えませんが
tomoko様のブログは私にとって貴重です。
読ませていただき感謝です。
これからも楽しみに、参考にしたいと思ってます。
来年、息子は高2
早いなぁ。しみじみ〜(笑)











2012/12/04 22:21
桃様
 ありがとうございます。高校生になると進路関係の情報や実習、職場体験など嫌でも将来のことを考えなければならず、慌ただしいことばかり思い出されます。あと少しだけど、息子さんが充実した学生生活を送れるといいですね。
tomoko
2012/12/05 12:08
早いものですよねぇ
私がこちらに初めてお邪魔した頃
小1だった娘が来年には中学生(^^;

昨日は学校で障害者年金の勉強してきました
二十歳なんてずっと先…
なんて思ってられないようですね

私も数年前の自分に色々教えてあげたいこと
たくさんあります
大丈夫!って励ましてあげたいです(笑)
そんでもって十年後の自分からも
大丈夫!って言葉もらいたい(^^;
リンコ
2012/12/05 17:37
tomokoさん、7周年おめでとうございます

私の子供は重度ですがおとなしいタイプ。ママ友には「いいね」と言われてしまう為、悩みや愚痴をこぼす事ができないんです。悩んで入った「手をつなぐ親の会」でも、「うちの子に比べたらいいじゃない」って。私の悩みは贅沢?そんな悶々とした気持ちで退会してしまいました。あの頃は鬱っぽかったし苦しかった記憶しかないです。

成人しましたがこれからも悩みが無くなる事はないでしょう。でも、前とは違う。子供が確実に成長してる、そして私が確実に強くなり、上手に諦めたり誤魔化す事が出来るようになったから。

私たちに必要な言葉は「ま、いっか」なんだと思います。

ところで、この炬燵はミニチュアですよね?みかんがとってもリアルで、まさか等身大?tomokoさんのユーモアに救われます


のん
2012/12/06 09:08
リンコ様
 ああ、そういえば来年二十歳だわ(笑)。年度が変わったらいろいろ手続きの準備をしなければ。あっという間ですね、本当に。
 昔はこんな子を成人するまで育てられるのかと思っていたけど、なんとなくごろごろ転がりながら20年・・・という感じです。努力というより時間、のような気がします。それならば10年先もなんとかなっているかもしれない、と思っていいのかな。
tomoko
2012/12/06 11:54
のん様
 うちも小さい頃はおとなしかったので「いいね」と言われていましたが、思春期の荒れっぷりが半端なく一気に同情を集めてしまいました。障害は人それぞれだし環境や性格でも受け入れ方が違うから、親同士の理解も難しいですね。うちは反応の薄い子だったので、あれこれ興味を持って動く多動の子が羨ましいと思った時期がありました。ないものねだりというか、皆自分が苦労している自分の子がいちばん大変、と思ってしまう。
 「ま、いっか」、それにつきますね。今思うとずっとそれで過ごしてきたし、それでよかったと思えます。
 炬燵もみかんも、少し前にはやった食玩のシリーズです。よくできているんです、これが。ちなみにこのフィギュアは直立で15pくらい。左上のアルバムに、これまで撮ったものが保存してあるのでよろしければ見てやってください。
tomoko
2012/12/06 12:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
7年たっても 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる