障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べたい時が旨い時

<<   作成日時 : 2012/10/03 11:23   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 どの育児書にも、「指差し」というのは発達の大切な過程である、と書かれている。

 Kはその「指差し」をしない。クレーンで他人の手を誘導したりはするが、指し示して意思表示することはできない。乳幼児の頃はそれをしてくれる日を心待ちにしていたのに。いまだにその気配すらない。
 他人の手をとって示すより自分の手を使った方がはやいのに、と母をやきもきさせたまま今に至っています。

 自分で手に取って選べる買い物は本人の選択を尊重できる。しかし、外食時などメニューの写真やショーケースの中にあるものを指し示さねばならない場合はお手上げ。
 一応尋ねてはみるが、確定的な反応はない。だから、多分これなら大丈夫、というものを選んでやるのだがこれをはずすと面倒なことになる。(たとえばこんなこと
 あとは、私が選んだものの方を欲しがったり、ほとんど手を付けなかったり。それでも、そういうことを想定して自分は少量のものを注文するとか状況に応じた工夫で切り抜けている。

 ただひとつだけ、難しいものがある。アイスクリームだ。

 外出して美味しそうなアイスクリームやジェラートのお店の前を通ると、無性に食べたくなることがある。しかし、
 Kはアイスクリームの類をあまり好まない。そう、あくまで「あまり好まない」だけだ。嫌いなわけじゃない。時にはしっかり食べたがる。

 食べている途中で「残した分はお持ち帰り」にするわけにはいかない。でも、ああいうものを2人分も食べられるほど私のお腹は若くない。
 ならば、ひとり分を頼んで現物を見て欲しがったらもうひとつ・・・ということにすればいい。しかし、行列ができる評判のお店の・・・とかだったりするとそう簡単にはいかない。

 いざとなったら両方食べてやる。または、ひと口味わうだけで我慢する。どちらかの決意を固めて注文。
 それが、私達親子の「人気店の冷たいスイーツを楽しむ」ということなのだ。相当の覚悟を必要とするギャンブルでもある。
 
 それでもまあ、アイスごときでこれほど悩めるようになったか、と思うと感慨深いものがあります。てか、最初からお持ち帰りにしてもらって他の家族と一緒にお家でゆっくり食べる、という選択肢はないのかってばよ
 今回のタイトルの、このフレーズが頭に浮かぶのは40歳以上でしょうか。

 ああ、発達と「指差し」に関してという話が完璧にロストしたわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
悩んでまで食べたいtomoko様に共感です。私も夫に食費高いと言われるけど、食べたいものを作るスタンスは変えません。
食べることは生きること。そう信じてます。
はーこ
2012/10/03 16:57
はーこ様
 これから家計を引き締めるにはまず食費から、とわかってはいるのですが、つい・・ということはありますね。気をつけたいです。
tomoko
2012/10/04 13:03
食べたいものが解りづらいのは困りますよね、以前同じような話を聞いたことがあります。そのお母さんは必ず数人前を注文していたらしく、「よくお金が続くなあ」とびっくりした記憶があります。
うちでは「クレーン指さし」ってのを小さいころはやっていました。うちもクレーンはやったので、私の指を使って腕をつかませて指さしさせていましたねえ。懐かしいです。

外食でまず食べものを残すことがない・・といううちのメタボ息子、うっかりすれば私がもてあましたものまで喰ってくれそうな勢いです(^^;)これだから痩せないんだろうなあ。
ちえのすけ
2012/10/04 14:17
お久しぶりです。このCM わかりますよ〜、カレーですね。懐かしい!
ゆびさし・・・勿論うちもしません
。憧れであり、遥かなものです。ゆびさししないと言葉もでないと心理の先生に言われてます(^^;;
ケンママ
2012/10/05 08:43
ちえのすけ様
 必ず数人前、をやっていたら我が家の家計は立ち行かないです・・・すごい。
 残すというよりほとんど手をつけない、もしくは全部たいらげる、両極端なのでいつも迷います。好みの把握はしていても、気まぐれっていうのがあって。いちばん悔しいのは、自分の分には見向きもせずに私が頼んだものを欲しがる時です(笑)。
tomoko
2012/10/05 11:39
ケンママ様
 お久しぶりです。あ、ご存知ですか。レトルトカレーでしたよね。作る手間が省けてすぐ食べられる、ということをアピールしていました。
 指差しはしてくれないけれど、最近は時々自分で腕をすっと目的物の方に伸ばすことがあります。進歩といえるのならいいのですが、幽霊のようでちょっと怖いです。
tomoko
2012/10/05 11:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
食べたい時が旨い時 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる