障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS その他大勢

<<   作成日時 : 2012/07/11 11:04   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 先日、Kが通う施設のレクリエーション行事があった。希望者が保護者と一緒にさまざまなお楽しみプログラムに参加する。景品やお弁当、おやつもあり。他の利用者やその家族、職員さんとも親睦を深めることができました。

 レクリエーションに参加する時はすべて担当の職員さんが一緒に動いてくれるので、親はついてまわる必要もない。我が子がゲームやダンスを楽しんで(?)いる様子を、椅子に座って眺めていればいいのだ。ありがたいではないか。

 しかし、生活介護施設なので誰もが「普通に」参加できているわけではない。意味もなく歩きまわる人、奇声をあげる人、こだわりがあって他の人と一緒に指示に従うのが難しい人、妙なしぐさを繰り返す人。楽しみ方(?)もさまざまだ。

 後方から、異様なうなり声が聞こえる。驚いて振り返ると、大柄な男性が声をあげている。
 しかし。
 私以外の、周辺にいた他の家族は振り返らない。それどころか、声に気付いた素振りもない。皆、前方の出し物に注目して声援を送っているだけ。絶対に、いちばん大きく聞こえている声なのに。

 そこで気付いた。皆、この声が誰のどういう状態のものかわかっているのだ。
 今年入った新参者家族の私だけが、初めて聞いた


 その日の朝、数年前に同じ支援校を卒業した利用者のお母さんが「この行事は毎年来ているの。のんびり気楽に過ごせるから。」と言っていた。こういうことなのだな。

 いつも気にしている変わったしぐさや行動も、ここではほとんど注目されない。絶対なれないと思っていた「その他大勢」になれる
 まだそこにいたいのに出て行かねばならないとか、無駄とわかっていても周囲の目を気にして叱りつけ、かえってパニックを誘発とかの「あるある体験」と無縁でいられる。

 支援学校の行事だと入学・卒業の出入りで毎年大幅にメンバーが変わるので、目立つ行動はそれなりに注目を集めてしまうのですね。

 Kも最後まで無事に参加、お菓子や景品をもらって満足そうだった。さて、次は夏祭りを楽しみにしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん楽しそう♪
うちも今月「家族交流会」と言う行事があります。
息子が通う法人の「生活介護」は、息子のように沢山の介助を必要とする利用者さんが居ず
微妙に申し訳ない気持ちになる私です。
話は変わりますが…
新しくアメブロを始めました♪
良ければ遊びに来てください。
こるね
2012/07/11 21:27
「あるある体験」
私もたーーーーーっくさんありますよーーー!!
「あーだこーだごたくを並べても本人は理解できないのに」と、頭では理解しつつも感情がついていかなかったり(^^;
Kくん、楽しい1日を過ごしたようで私も嬉しいです♪
子どもたちの笑顔が、親にとっては何よりのご褒美ですものね^^
奈々子
2012/07/12 09:53
こるね様
 交流行事は参加してみると楽しいですよね。うちもまだまだ手を煩わせてばかりで毎日恐縮しています。アメブロの方も拝見してますよ♪
tomoko
2012/07/12 11:00
奈々子様
 言ってもわからないけど言わずにいるわけにもいかなくて・・・という場面はありますね。ずっと育てていてわかりきっているのに同じことを繰り返してしまう。親子ともに楽しく過ごせる場所というのは本当にありがたいです。
tomoko
2012/07/12 11:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
その他大勢 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる