障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 卒業戦線 エピローグ

<<   作成日時 : 2012/03/18 15:34   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 支援校高等部を卒業して、いろいろなことが変わった。それなのに、そういう実感がいまひとつ・・・なのはまだ本当の「新しい環境」ではないせいだろう。

 18歳になり学生ではなくなったので、移動支援の時間を増やしてもらえる。でも、増えたってその分を受ける余裕のある事業所はあるのか。なんとかならないこともない・・・らしいので一応数時間加算してもらう。必要になるのはわかっているし。

 今月いっぱいは、学童クラブに籍があるので規定日数分はそこで過ごせる。他の日は、日中一時支援とステーション利用と移動支援。ただでさえ春先は落ち込みがちになるのに、毎日過ごす場所と相手がコロコロ変わることで不安定にならないかと心配した。意外と順応している・・・ように見える・・・が、油断はできない。

 毎日片道20分の送迎がなくなったら、車のガソリン消費が激減した。ありがたいけど、あの送迎も今思うとちょっとしたドライブ気分で割と好きだったんだ。缶コーヒーをドリンクホルダーに置いて、カーステレオにipod繋いでお気に入りの曲を流しっぱなしにしたりラジオの人生相談に深く頷いたり。時々Kがシートをポンポン叩いてリズムをとっていた。

 今年に入ってから、社会人向けスーツ・自動車教習所・予備校(笑)、のダイレクトメールがK宛によく届く。スーツは近々買う予定だが、あと二つは・・・ねえ。
 こういうのは何かの名簿を元に、該当年に生まれたというだけで発送されるのだろう。幼児期のお受験塾などの勧誘の頃は悲しいとか情けないとかの感情も少しはあって、正直腹立たしかった。しかしさすがに今はぜーんぜん平気(笑)。
 「Kくーん、あなた宛にきれいな絵の葉書がきたよ」と渡すと、絵本と同じようにニコニコしながら眺めています。貴重な紙資源、無駄にはできません。

 今、毎日ではないけれど、昼間の学童クラブにKを送る時は2人で歩いて行く。学校を終えると、運動する機会がぐっと減るので太りだす子も多い。できる範囲で体を動かしてほしい。
 のんびりと、片道30分。その一部は、支援校小学部の頃のスクールバス乗り場までの道と同じ

 あの頃はまだ小さくて、手を繋いでもフラフラ危なっかしく歩いて、途中で嫌がって座り込むと抱え込んで。それが少しずつ大きくなって自分でしっかり歩けるようになっていった。
 そして今は同じ道を、手を繋ぐこともなく言葉をかけるだけで歩いたり止まったりしてくれる。そうでなくては困る。もう、抱えて連れていくことはできないのだから

 そして、送り届けたら私はまた歩いて帰る。その時にはポケットに入れたラジオかipodを聞きながら。これが実に気持ち良くて、なんとなく充実した疲労感があります。
 しかし、車と違って曲に合わせて歌えない、というのがちと寂しい。

 卒業式の日、帰り際の校門で進路担当の先生に「この学校のおかげで大きく成長できました。ありがとうございました。」と挨拶したら、「いや、お母さんの頑張りの成果だと思いますよ。」と言ってくれた。素直に、とても嬉しかった。
 それが、先生とかわした学校生活最後の会話。素敵なエールをありがとう。最高のエンディングだったから、いい気分で次の舞台に立てそうです。

 長い、長い春休み。でも、昔よりはずっとずっと、なんとかなりそうな気がするのは、Kが成長したから、励まし助けてくれる人がたくさんできたから。それがきっと、特別支援学校12年間の成果です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ご卒業おめでとうございますv(^-^)v!
最高のエンディング!なんて素敵です☆ぜひぜひあやかりたいです。先生のおっしゃる通り,Tomoko さんの努力の賜ですね!
息子にくる幼児教材…特にベ○○セはしつこいです(涙)。うちは最重度知的障害児ですから、とDMを断っても忘れたころにまた…(-_-;。イチイチ気にしないと思っても、自分が落ちてるとき↓に届くと余計に落ち込んだりして〜。でも今日もブログを拝見してまたまた月曜日から頑張れそうです。Kくんも新しい環境で楽しく過ごせますように♪
ケンママ
2012/03/18 18:21
読んでてあたたかい気持ちになりました。旅立ちの春、色々あるかもしれませんが、やはり「おめでとうございます」です。
うちの重度長男の通う療育園でも卒園式があったのですが、4月からも継続で通うにも関わらず、挨拶で感極まって泣いてしまい言葉になりませんでした…まだまだこれからな私達ですが、成長する力を信じてあげたいなぁと思います。
ふお
2012/03/18 19:33
おめでとうございます!

「お母さんの頑張りの成果だと思いますよ。」
私もいつかこの言葉を素直に聞ける日が来るような気がしました。

我が家にもよく「ちゃ○んじ」のDMが来ます。「うちの子を健常児だと思ってるのはここだけなんだな〜」となんだか笑ってしまいます。
とりとめ無くすみません。4月までの2週間、Kさんとお母さんが慣れた環境で平和に、楽しく過ごせますように。
koma
2012/03/19 19:10
ケンママ様
 ありがとうございます。幼児教育関係のDMは多いですね。あと、家庭教師とか。そういうのを手に取ると、本来はこういうものを真剣に検討するんだろうな、と考えてしまったものです。もしも、を考えたらきりがないんですけどねえ。
tomoko
2012/03/19 21:40
ふお様
 ありがとうございます。今はまだ大変と感じることが多いと思いますが、絶対に成長してくれます。無理だと思っていたことができるようになった、その時の感動を何度も味わえる日を楽しみに、毎日を過ごしてくださいね。
tomoko
2012/03/19 21:48
koma様
 ありがとうございます。今日も日中一時の施設で過ごしてもらい、その間にぼたもちを作りました!
 DMだけでなく電話勧誘もよくありましたが、「子供は重い障害で・・・」と言えば終了、なのでその方が楽でしたね。普通の子であれば気にならないことかもしれないけど、なんだかなあ、といつも思いました。
tomoko
2012/03/19 21:54
移動支援、年間300時間だったかなぁ〜頂いておりますが・・・何しろこの中学部の3年間で利用したのはたったの5時間(^^;)

本人の混乱がひどくて、使えないのです(>_<)
いつもいつも親とばかり・・・将来を考えれば、しっかり利用する事が本人の為なのも十分理解しているし、何とかならないモノかなぁ〜(><@)
はっちゃく
2012/03/19 23:13
はっちゃく様
 年間300時間!それは羨ましい。こちらでは中学生だと100時間くらいかな。
 うちも本人が混乱して使えないという時期はありましたが、辛いですよね。短時間でも利用を続けて、思春期の山を越えるのをひたすら待つ・・・という感じでした。ヘルパーさんの理解と協力が不可欠でしたが。まだ不安もあるし、いつか手を離さねばならない・・ということを考えると本当に悩みます。
tomoko
2012/03/20 20:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
卒業戦線 エピローグ 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる