障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 幼な子のまま

<<   作成日時 : 2012/02/20 12:30   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 ついこの間まで子育てにてんてこまいしていたのに、気付いたら義務教育の期間は終わっていた。なんだか騙されていたような気分だ。

 長時間待ってドキドキしながら乗り込んだジェットコースターがあっという間にゴールについてしまったというか。いや、正確に言えばゴールなんて先の先なのだが、小さい子供を追いまわすという意味の子育ての時期はとっくに終わっている。
 
 昔のビデオや写真の中で、愛嬌たっぷりに歌ったり踊ったり、無防備に泣いたり笑ったりしている弟君の姿を眺める。現在の彼と、映像の中のこの子が同一人物と考えにくいのは何故だろう。基本的に童顔なので、顔立ちにさほど変化はないというのに(それはそれでどうかと)。
 少なくとももう絶対に「ママ、だっこしてー」とは言ってくれないだろう。言ってほしくもないが。 

 それに比べ、Kの方は明らかに顔立ちが少年→青年のそれに変化している。多少面長になったりして。それなのに、今現在のKは幼児の頃の彼とほぼ重ねて見ることができる。

 そりゃ、アンパンマンとNHKの幼児番組と童謡DVDが大好き・・・・で十数年。中身が変わってないのだから、容れ物だって基本的には変わらないのだろうな。「抱っこ」どころか「ママ」と呼んでもくれない、それが続いているだけ。

 申し訳ないような、身も蓋もない言い方をするなら知的な成長ってやはり顔、というか表情にあらわれる。目の輝きとか。

 懺悔します。
 Kが支援学校1年生になりスクールバス乗り場まで送る時、すれ違う地元の小学1年生を見て「この子達よりうちの子の方がずっとお利口そうな顔立ちなのに・・・」などとと妬み・ひがみ根性全開な思いを巡らせたことがあります。

 その子達は今頃立派な18歳となり、受験や就職、運転免許取得などの目標に向かって頑張っているのだろう。多分、Kよりずっと引き締まった知的な面差しで。

 幼いままの表情やしぐさを、純粋だのピュアだのと表現するのは正直いまひとつ抵抗がある。そう言われても、(多分)本人も私もそれを望んでいたわけじゃない。うまく伝わらないかもしれないが、そういうのとは違うと思う。
 
 天使とか言う人もいるが、これからオッサン化すればそんなこと誰も言ってはくれない(笑)。言われて嬉しいと思ったことはただの一度もないけど。(過去記事「障害児は天使・・・だとしたら」

 「お付き合いとはいえ、十何年も『おかあさんといっしょ』見続けてる家ってあまりないよね。」といいつつ、メーコブはやっぱ牛に見えるよね、とかザラメ煎餅は俺も好きだな、などと着ぐるみ劇場をそれなりに楽しく見ている私と弟君です。幼児向けのクイズに真剣になる高校生とその母に知的成長を論じる資格はあるのだろうか、というのはおいといて、と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
うちでは
「メーコブ→牛」
「ムテ吉→どんぐり」
「ミーニャ→猫」
で通っております。
時々ムテ吉が亀田三兄弟にも見えます。
ボウズ母
2012/02/20 13:07
いつもいつも楽しく読ませていただいております鬼嫁です。

そうなんです。
うちには双子がいて、1号と2号の差というとやっぱり「目」なんですよね。
目の表情?ってやっぱり凄く大きいです。

2号はいい知恵も悪い知恵も日々つけて行って、目で表情が分かるんですよね。「あ、コイツ嘘ついた。」とか。
でも、1号の目にそれはないんですよね。

そうです、ピュア、という言い方はとても綺麗な言い方ですが、それとはちょっと違うんだよな・・・といつも思っていました。

ちなみにうちでは(っていうか私が主体となって)「メーコブ」を「モーコブだな。牛だな。牛。こんなのヒツジじゃないから。」と悪態をついています・・・・
うっかり。
2012/02/20 13:14
お久しぶりです(^^)

幼児期真っ最中のわが家の兄妹、近所の同じ年頃の子供達をみるといろいろな思いが胸に迫ります…障害児の兄に対して、健常児の妹に対して、様々な思いがあります。一日一日を積み重ねていくなか「私達、結構頑張ったよなぁ」といつか思える日が来るといいなぁ…なんて思います。

おかあさんといっしょの人形劇は、これから何作みることになるんだろうなぁ…。
ふお
2012/02/20 16:53
1歳くらい過ぎたあたりから子供の知的成長に不安を感じて、地域の相談所や保育士さんなどに「うちのこどうでしょうか?何か違いますか?おかしいですか」と聞きまくっていた。その時よく言われたのが「ケンチャンは大丈夫よ、そのうち真似するようになるししゃべり始めるよ。だって目を見ればわかるよ。そういう子は目が違うから」という言葉。それを聞くたびに安心したっけな〜(^0^)。
でもなんのことはない立派な最重度知的障害児でしたが…(^^;。
「いないいないばぁ」も見続けるんだろうな〜。
ケンママ
2012/02/21 00:03
ボウズ母様
 >ムテ吉が亀田三兄弟
 ああ、そういえばあの髪形が・・なんて言ってたら、ご結婚されるそうで。なんてタイムリー。あと、今年あたり長老を紅白に出場させてほしいですね。 
tomoko
2012/02/21 12:34
うっかり。様
 そう、目が語ってくれるんですよ、普通の子は。喜んでるな、とか反抗してるな、とか。何が見えるのか、今どんな気持ちなのか読めない目をしている子供に何をどう教えたらいいのか、すごく迷ったのをおぼえています。
 メーコブ問題は、割と幼児の家庭で話題になるようですね。「ぼく、もうムリ〜」という決め(?)ゼリフがすごくツボです。
tomoko
2012/02/21 12:40
ふお様
 まだ子供が小さい頃って、同じくらいの年頃の子がすごく気になりました。「はじめてのおつかい」とか絶対見られませんでしたね。今はもう同世代は発達比べなんて問題外の大人だし、昔のことを思えばよくここまでにした、と納得できるようになりました。少しずつでも成長はしてくれている、とわかったから。
 「いないいないばあ」と「えいごであそぼ」も好きですね。おかげで、親の方があのへんの歌はたいてい歌えるようになってしまいました・・・
tomoko
2012/02/21 12:47
ケンママ様
 うちも、3歳児検診の時「この子は目がしっかりしてる、大丈夫よ!」と当時の保健婦さんに言われました。なんだったんだあれ、と思うとともに、子供の成長の判断というのは難しいのだな、と感じました。プロが言うんだから気休めじゃないかも、とちょっと期待したのですが。でも、親から見て表情が乏しいな、とは思ったので診断がおりても「あ、やっぱり」としか思えなかったです。
tomoko
2012/02/21 12:52
メーコブはもちろん、もうちょっとメジャーな動物がモデルでもいいんじゃない?と思わずにはいられません。
我が家は月刊「おかあさんといっしょ」の購読暦12年なので、お兄さんお姉さんの裏話(付属の雑誌が付いてくる)も詳しくなりました。そんな息子ですが、テレビの方はあまり見なくなりました。
完全に二次元好き・・。親に似たのか??
gege
URL
2012/02/22 11:22
gege様
 月刊「おかあさんといっしょ」、昔はよく買いました。うちは逆に絵本の写真より映像に反応するので、DVD中心になりましたが。お兄さんお姉さんやキャラが変わっても熱心に見ています。
 昔はメジャーな動物が多かったけど、ここしばらくはスプーとかネタ元がわからない派手なキャラが続きましたね。久々に落ち着いた色合いでまとまっていて、ちょっとほっとしています。
tomoko
2012/02/22 12:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幼な子のまま 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる