障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 6年ですってよ

<<   作成日時 : 2011/12/15 11:24   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 また1年たってしまった。 
 このブログを始めた2005年12月、Kはまだ支援学校小学部にいた。そして今、高等部卒業を目の前に控えている。なんてこった。

 思い返すとこの6年のうち4〜5年くらいは正直かなりしんどかった。幼児期のわけわからん状態からは抜け出せたものの、思春期に突入してしまったから。
 はじめての痙攣発作、流血騒ぎの自傷、他者に預けることもままならない状態。

 昔言われたことがある。知的障害児を育てている親がいちばん心穏やかでいられるのは、子供が小学校低学年の時期である、と。
 親も療育や子育てに慣れてきて、本人も泣き喚きの幼児期よりは落ち着いてくる。親子共々、まあ平和な日々が続く・・・が、そんな平和はたいてい思春期の到来とともに崩れ去る。聞いた時は、そんなものか、とさほど気に留めなかった。

 確かにKが小学校3〜4年になったくらいの頃、少し楽になってまたアニメや特撮・漫画を見たりパソコンをいじったりする余裕ができた。・・・・が、それから間もなく。まさに地獄の思春期がやってきたわけです。

 その時がきて初めて、いやというほど理解した。
 まあ全部が全部そうなるぞ、というわけでもないし穏やかなまま成長する子もいます。でも、穏やかだった他の子が豹変する様も見てきました。先人の、経験に裏打ちされた話は本当にあなどれない。

 とか言いつつ、その後「高等部は厳しいよ」という助言もあまり真剣に受け止めずに痛い目にあってたりします。

 とにかく。そんなしんどい日々にも絶望することなくやってこられたのは、周囲の指導者や仲間の助けがあってこそ。
 それに加えて、ここでこっそりいろいろなことを書き留めたりリアルでは語れないオタ話を書いたりできたこと。そして、それに答えてくれた方々が意外とたくさんいてくださったこと。本当にありがとうございます。

 学校という場所で守られる生活も終わり、本当に大変なのはまだまだこれから。それに伴って書いておきたいこともできると思うので、懲りることなくもう少し続けるつもりです。Kは「障害児」ではなく「障害者」になりますが、なんか面倒なのでタイトルは「障害児」のままにしておきます。
 親にとって、子供はいくつになっても子供ですしね。 

参考過去記事
 障害児の思春期、大嵐 その1(幼児期のこと)
 障害児の思春期、大嵐 その2(高学年から)

 年末年始に向けて
画像

 新ゲッター1&2「それ、まだいいから。」

 新ゲッター3君、おもち大好き。そんな設定いつ誰が決めた。私です、ごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
六年間、お疲れ様です。tomokoさんの積み重ねの記録ですね。私はこのブログに出会ってすぐ、最初からすべて読ませていただきました。正直なところ、Kくんの大荒れ時期の記事は、息子の将来を思うと胸がつまるような思いで読みました…。でも、少しずつ積み重ねた毎日が成果として出ている様子、趣味や日常を楽しく過ごす様子の記事もあって、「心構えができてよかった。まあボチボチ頑張るか」と考えられるようになりました。本当に勉強になる&楽しいブログです(^^) これからも楽しみにしてます♪
ふお
2011/12/15 16:47
ふお様
 ありがとうございます、恐縮です(笑)。
 これからどうなるかなんて全くわからないけれど、これまで乗り越えてきたことを振り返ると、何があってもなんとかなるんじゃないか、と思えるようになりました。なるようにしかならない、ということも。本当に、ボチボチ、くらいに考えて力まずに子供を見守っていきたいですね。
tomoko
2011/12/16 12:07
6年ですかぁ〜♪
ブログを拝見しているだけでも色々ありましたね〜☆
来年からは社会に出ていかれるので〜またひと味違った厳しさやら嬉しさやらお伝え頂ける事を楽しみにしております(*^^)v
はっちゃく
2011/12/16 16:12
6年なんですね〜。
まさに、家族の歴史ですね。
少しずつ過去のページを読ませていただいています。笑って泣いて、共感し、癒されております。
今はまだ心穏やかに過ごしていますが、これから思春期なので少し怖いです。
でも先輩のお母さん方のお言葉は貴重です。
これからも発信し続けてくださいね。
もちもち
2011/12/17 13:43
はっちゃく様
 来年からどうなるのか、やはりそこがいちばん不安です。でも、今までいろいろあったから多分同じようにいろいろあるのだろうな、と思うと不思議とこわくはないですね。できれば平和にくだらないことを書いていきたいのですが・・・
tomoko
2011/12/17 20:42
もちもち様
 過去のものを今自分で読むと、正直すっごく恥ずかしいですね。でも、それがその当時の気分だったのかな、と思えました。思春期は、程度の差はありますがいろいろな変化があって本人もそれに一生懸命耐えているという感じです。どんな形であらわれても、できる限り受け止めてあげてください。
tomoko
2011/12/17 20:46
6年もの継続尊敬します。お疲れ様です。
私も息子が小学校低学年の時先輩方から思春期のお話を聞き、不安になり「自閉症 思春期」で検索し幸運にもtomokoさんのサイトへ巡り合えました。5年程前です。
現在中1の息子は思春期というよりバリバリの第二次性徴期で^^;、中身とちぐはぐのまま体は性的にも大人へ成長していくことに戸惑っています。
こちらのサイトでたくさん勉強させていただきました。オタ話も楽しみにしております!
もよこ
2011/12/18 20:08
もよこ様
 体の成長に伴うさまざまな違和感のストレスもあるのでしょうね。うちはいちばん荒れていた年に身長が10p以上伸びました。落ち着いた頃に伸びもぴたりと止まりました。オタ話もつい暴走しがちになりますが、オトナだから自重・・・でもまた冬休みに映画見に行きます!
tomoko
2011/12/19 12:19
お疲れ様です。
おたく話、とても楽しいです♪
これからも、超マニアな話、待ってます! 近所なら対談できるのに(^-^)

あっ、それから、いつまでも子って、孫って、そうなんですよね。
わたしは…99歳の婆ちゃんにとって、可愛い孫なんです。50だけど(^-^)
amypapa
2011/12/19 16:44
amypapa様
 おばあ様がご健在とはうらやましい。99歳とはまたおめでたいですね。50といってもきっと「孫は孫」だと思います。お元気なまま大台にのっていただきたいですね。 
tomoko
2011/12/20 11:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
6年ですってよ 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる