障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 106項目

<<   作成日時 : 2011/07/12 15:30   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 前回の続き。

 で、「聞き取り調査」。質問や回答の用紙はすべて担当者の手元にあり、覗くことはできても親や本人が自分で記入することはない。文字通り、聞き取ってくれる。
 そして先輩お母様方にアドバイスされたように質問のひとつひとつの意味を頭の中で咀嚼しつつ答えていると、時々「あれ?」と思う項目にあたる。

 たとえば「他者に対する暴言があるか」という質問。

 私   「うーん、まず言葉自体ありませんからねえ。それ以前の問題ですね。」
 担当者「では、『ない』ですね。」


 ちょっと待って。この子は、「精神的に安定しているから暴言がない」のではなく、「言葉が喋れない」なんですよ。安定なんかしてない、次元がそもそも違う。

 また、「外出した時、帰宅できなくなってしまうことがあるか」という質問。

 私   「・・・まず、ひとりで外出させるということがありえないですから。」
 担当者「・・・これも、『ない』、と・・・」


 だから、ちゃんと帰宅できるという意味の「ない」とは違いますよね、それ?

 「ない」のひと言で片付けられちゃったら、「ひとりで外出して無事に帰れる」人と「ひとりでは外出しない(できない)、仮に連れ出して放置したら迷子かホームレス」という人が同レベル、ってことにならないですか。

 おそるおそる、その辺を突っ込んでみる。

 私   「あのう・・・・最初から言葉がない、とか、まずひとりで外出しない、という前提の場合、この『ない』という表現はどういった受け取り方に・・・・(最後の方、声が小さくなる)」
 担当者「ああ、そうですね。そこは『特記事項』ということで、障害の特性のため、としておきます。」


 そういえば、考慮してほしいことは「特記事項」として・・・云々、という文言を、支援法と認定の説明か何かの書類で見た記憶が。 

 ・・・・そうか、こういうことか。ある意味愕然としつつ、先輩のアドバイスと事前学習の効果に感謝した。
 こんなダンジョンをいくつも突破しなくちゃいけないなんて、予想していなかったもの。

 そうとわかった後は、そんなあれこれを意識しつつじっくり考えて回答した・・・つもり。
 ああ、また長くなっちゃったのでやはりもう一回分引っ張らせてください。 

 あと、質問の具体的な内容はここであげたものと少し違うかもしれません。うろ覚えなもので。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「ない」の意味、確かにフォローしないと、えっらく障害程度が軽く出てしまうことになるんですねえ・・・言葉がないということは暴言以前の問題ですものねえ・・・
それぞれに違う障がい特性を、106項目で決める・・なんだかすっごい難しいミッションに思えてきてぞっとしました(^^;)
ちえのすけ
2011/07/12 19:25
ちえのすけ様
 難しいです。そして何より脅威なのは、質問の多くが深く考えなくても答えることができてしまうこと。簡潔にわかりやすく、という配慮なのかもしれませんが現実はそんなに簡単じゃないんですよね。
tomoko
2011/07/13 12:48
我が子も来年18歳。
とても参考になります。
106項目なんて答えていたら、途中で面倒くさくなって適当な方向へいってしまいそう・・・。
次回のご報告もお待ちしております^^
hiroco
URL
2011/07/14 01:52
hiroco様
 はい、確かに途中で嫌になりました(笑)。子供本人も同行して、おとなしくはしていなかったし。次回はそのあたりのことを書く予定です。
tomoko
2011/07/14 12:22
参考になりました。自立支援法サービス受給時の聞き取りより、ぐっと詳しいですね。障害者年金受給にも関係があるのかな?また、療育手帳の更新のように数年おきに見直されるんでしょうか
かめちゃん
2011/07/14 13:06
かめちゃん様
 支援法の時は、こちらは書類を提出して簡単に説明するだけでしたね。年金の手続きの時にまた見直しがありますが、それ以前に認定結果に納得がいかない場合は再判定してもらえるらしいです。でも、実際にそれをやった人の話を聞くと結構大変みたいですね。
tomoko
2011/07/15 10:48
教えていただき、ありがとうございました。できないことをあれこれ尋ねられるのって、目的は理解できても、親子共に、疲れますね^_^;
かめちゃん
2011/07/19 08:07
かめちゃん様
 親もつい見栄とか意地で「少しはできるんですが・・・」とか「練習はしています」みたいに答えてしまうのですが、できないことはできない、とストレートに伝える方がわかりやすいし誤解もされないようです。難しいですね。
tomoko
2011/07/19 20:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
106項目 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる